徹底レビュー|C3fitクォーターソックス:安定感抜群のランニングソックス

アーチサポート クォーターソックス(Arch Support Quarter Socks)はその名の通り、足裏のアーチを支える機能を持ったクォーター丈のランニングソックス。冬でも暖かいのは意外だった。

#ソックス

とも

C3fit アーチサポート クォーターソックス」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

安定感抜群のランニングソックス

C3fitクオーターソックス」の主な特徴は以下のとおり。

  • くるぶしが隠れるクォーター丈のソックス
  • 足裏のアーチをサポートするテーピング構造
  • つま先とかかと部分はクッション性の高いパイル構造
  • 定価は税込1980円

最大の特徴は、足裏を包み込むように「X字」に縫製されたテーピング構造。

足裏には内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つのアーチがあり、これらがバネのような役割を果たして着地の際の衝撃を和らげてくれる。

しかし長時間ランニングを続けているとアーチが少しずつ崩れ、バネの機能が弱まってくる。そこで「C3fitクオーターソックス」を履くと、テーピング構造が3つのアーチを支えて崩れが軽減される。

足裏にテーピングを施せば同じ効果が得られるが、毎回テープを貼るのは手間取るし、自分でやるのは案外難しい。

デザインとスペック

それでは「C3fitクオーターソックス」を詳しく見ていこう。

左右対称の作りだが、片方にだけ「GOLDWIN」のロゴが入っている。GOLDWIN(ゴールドウィン)は、C3fitやTHE NORTH FACEなどのブランドを擁する日本のスポーツメーカー。

足裏の様子。足裏を包み込むように「X字」に縫製されたテーピング構造を持つ。これにより3つのアーチが理想的な形に保たれる。

上部はメッシュ構造にすることで通気性を高め、靴下の中の蒸れを軽減してくれる。

つま先とかかと部分は、クッション性に優れたパイル構造を採用している。

サイズ感

C3fitクオーターソックス」のサイズ展開は、ユニセックスの3サイズ。

  • Sサイズ 22-24cm
  • Mサイズ 24-26cm
  • Lサイズ 26-28cm

僕のランニングシューズのサイズは 25.5cm〜26.0cmだが、今回はMサイズでぴったりだった。

テーピング構造ににより適度な着圧があるので、少し大きめのサイズでもフィットすると思う。

クォーターソックスの評価

最後に「C3fitクオーターソックス」を実際に履いてみて気づいた点をまとめていく。

左右対称でもピタリとフィット

高機能ランニングソックスの多くは、フィット感を高めるために左右非対称で作られている。「C3fitクオーターソックス」は左右対称だが、履いてみると1mmの隙すらないほどピタリとフィットする。

少しでもマチがあると長時間のランニングでは靴擦れや黒爪の原因になったりするので、このフィット感なら安心して使える。

抜群の安定感

やはり安定感の高さが「C3fitクオーターソックス」の魅力だと思う。足裏を包み込むテーピング構造と、つま先とかかとのパイル構造が、どんな路面でも安定した走りをサポートしてくれる。

クォーター丈

丈はくるぶしが隠れるクォーター丈。これくらいの長さなら、普段着でもコーディネートしやすく、職場にも履いていける。テーピング機能はランニングだけでなく、通勤時間も快適にしてくれる。

冬でも暖かい

テーピング構造は繊維の密度が高く、冷たい空気が入り込まない。しかも、つま先とかかとはパイル材で守られいるので、「C3fitクオーターソックス」は真冬でも暖かい。防寒対策はしたいけれど、機能性は妥協したくない人におすすめの1足だ。

#ソックス

とも

C3fit アーチサポート クォーターソックス」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

紙由来の「紙糸」で作られたランニングソックス「Paper Fiber Arch Support Short Socks(ペーパー・ファイバー・アーチ・サポート・ショート・ソックス)」を使ってみたので紹介する。商品名が長すぎて分かりづらいのが欠点だが、履き心地は素晴らしい。続きを読む

C3fit ペーパー ファイバー アーチ サポート ショート ソックス」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。