tomo.run

C3fit「クォーターソックス」レビュー:安定感抜群のランニングソックス

C3fit「クォーターソックス」レビュー:安定感抜群のランニングソックス

アーチサポート クォーターソックス(Arch Support Quarter Socks)はその名の通り、足裏のアーチを支える機能を持ったクォーター丈のランニングソックスです。

実際に履いてみたので詳しくレビューします。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

安定感抜群のランニングソックス

「C3fitクオーターソックス」の主な特徴は以下のとおりです。

  • くるぶしが隠れるクォーター丈のソックス
  • 足裏のアーチをサポートするテーピング構造
  • つま先とかかと部分はクッション性の高いパイル構造
  • 定価は税込1980円

最大の特徴は、足裏を包み込むように「X字」に縫製されたテーピング構造。

足裏には内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つのアーチがあり、これらがバネのような役割を果たして着地の際の衝撃を和らげてくれます。

しかし長時間ランニングを続けているとアーチが少しずつ崩れ、バネの機能が弱まってきます。そこで「C3fitクオーターソックス」を履くと、テーピング構造が3つのアーチを支えて崩れが軽減されます。

足裏にテーピングを施せば同じ効果が得られますが、毎回テープを貼るのは手間ですし、自分でやるのは案外難しいですよね。

デザインとスペック

それでは「C3fitクオーターソックス」を詳しく見ていきましょう。

左右対称の作りですが、片方にだけ「GOLDWIN」のロゴが入っています。GOLDWIN(ゴールドウィン)は、C3fitやTHE NORTH FACEなどのブランドを擁する日本のスポーツメーカーです。

足裏の様子。足裏を包み込むように「X字」に縫製されたテーピング構造。これにより3つのアーチが理想的な形に保たれます。

上部はメッシュ構造にすることで通気性を高め、靴下の中の蒸れを軽減してくれます。

つま先とかかと部分は、クッション性に優れたパイル構造を採用しています。

サイズ感

「C3fitクオーターソックス」のサイズ展開は、ユニセックスの3サイズ。

  • Sサイズ 22-24cm
  • Mサイズ 24-26cm
  • Lサイズ 26-28cm

「tomo」のランニングシューズのサイズは 25.5cm〜26.0cmですが、今回はMサイズでぴったりでした。

テーピング構造ににより適度な着圧があるので、少し大きめのサイズでもフィットすると思います。

履いてみた感想

最後に「C3fitクオーターソックス」を履いてみた感想をまとめます。

左右対称でもピタリとフィット

高機能ランニングソックスの多くは、フィット感を高めるために左右非対称で作られています。「C3fitクオーターソックス」は左右対称ですが履いてみると1mmの隙すらないほどピタリとフィットします。

少しでもマチがあると長時間のランニングでは靴擦れや黒爪の原因になったりするので、このフィット感なら安心して使えます。

抜群の安定感

やはり安定感の高さが「C3fitクオーターソックス」の魅力です。足裏を包み込むテーピング構造と、つま先とかかとのパイル構造が、どんな路面でも安定した走りをサポートしてくれます。

クォーター丈

丈はくるぶしが隠れるクォーター丈。これくらいの長さなら、普段着でもコーディネートしやすく、職場にも履いていけます。テーピング機能はランニングだけでなく、立ちっぱなしの通勤時間も快適です。

冬でも暖かい

テーピング構造は繊維の密度が高く、冷たい空気が入り込みません。しかも、つま先とかかとはパイル材で守られいるので「C3fitクオーターソックス」は真冬でも暖かく良いですね。

防寒対策はしたいけれど、機能性も妥協したくない人におすすめの1足です。

おまけ

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「C3fitクォーターソックス」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

C3fitクォーターソックス