徹底レビュー|ジェントス リボルバー:曲げられるランニングライト

夜間のランニングに使える強力なLEDライトが欲しかったので、ジェントスのリボルバー(RV-143D)を購入した。先端部分が直角にツイストでき、リボルバー(=回転式拳銃)のように握れるので、自然な腕ふりのまま前方〜地面を照らすことができる。重いのが唯一の欠点。

#ライト

とも

ジェントス リボルバーには、150ルーメン仕様の「RV-143D」と、80ルーメン仕様の小型軽量版「RV-131D」の2種類ある。

GENTOS LEDライト リボルバー」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

持ちやすいランニングライト

今回紹介する「ジェントス リボルバー(RV-143D)」の特徴は以下のとおり。

  • 照射方向がツイスト可能
  • 明るさは150ルーメン
  • 電源は単4電池3本
  • 点灯時間は約10時間
  • 最大照射距離は91m
  • 重さは170g(電池込)

最大の特徴は、ライトの先端部分がツイストできること。言葉で説明するよりも、まずは以下の写真を見てほしい。

先端部分に斜め45度の切れ込みがあり、くるっとひねると直角に曲がった状態になり、まるでリボルバー(回転式拳銃)のように持つことができる。

ここでランニング時の手の状態を思い浮かべてみよう。腕を前に出した状態で懐中電灯を握ると、照射方向が真上になり、進行方向を照らせない。

これがリボルバーの形であれば、照射方向は進行方向に向く。さらに腕を後ろに引くと足元が照らされる。つまりこの形は、人間工学的観点から見てもランニングライトに適しているのだ。

動画のほうがわかりやすいかもしれない。

なお後日、ジェントスの公式ツイッターアカウントから「固定して使うと考えていたので、目から鱗でした。」とのコメントをいただいた。

サイズの異なる2種類

ジェントス リボルバー」は、サイズの異なる2つのモデルがある。

品番RV-143DRV-131D
明るさ150ルーメン80ルーメン
使用電池単4形×3本単3形×1本
点灯時間約10時間約3時間
照射距離(最大)91m36m
サイズφ30.5×126.0mmφ22.0×113.5mm
重さ(電池込)170g80g

150ルーメン仕様の「RV-143D」の方がライトの性能が断然優れているが、その分重さも80ルーメン仕様の「RV-131D」の2倍以上ある。

ライトの性能か、軽さか、どちらを重視するかで自分に合ったものを選ぶと良い。今回僕が選んだのは150ルーメン仕様の「RV-143D」。もう少し詳しくみていこう。

デザインとスペック

こちらがパッケージ。プラスチックの部分が開けづらく、本体を取り出すのに手こずった。

リボルバー」の仕様書。光源はチップタイプの白色LEDを使用。明るさは最大150ルーメンで、点灯時間は約10時間持続する。

同梱物

ライト本体の他に同梱されているのは、取扱説明書、単四電池3本、着脱可能なストラップ。

ライト本体

リボルバーの形に曲がった状態で入っていた。

本体には強力なペンクリップが付いておりポケットや隙間に挟むことができる。

底面はマグネット付き。鉄製のものにピタッと貼り付けることもできる。

重さは実測値で166gだった。小型スマホ1台分と同じくらい。

電源は単四電池3本

本体の上部をクルクルまわして分解すると、電池入れが出てくる。ここに単四電池3本を収納する。ちなみに同梱の電池はテスト用なので長持ちしない。

底部分にはストラップホールがあり、同梱のストラップが装着できる。

夜ランで明るさを検証

実際に夜間のランニングで「ジェントス リボルバー」を使ってみた。

まずは足元を照らす。真っ暗闇でも地面の状態やランニングシューズがくっきりと見える。

こちらは真っ暗な公園で水飲み場を照らした様子。

以下はiPhoneのカメラのナイトモードをオフにして夜道にて撮影。

ライトを消した状態がこちら。

以下も同じく、iPhoneのカメラのナイトモードをオフにして公園にて撮影。

ライトを消した状態がこちら。

ジェントス リボルバーの評価

その他、実際に「ジェントス リボルバー」を使ってみて気づいた点をまとめる。

持ちやすい

リボルバーの形だと、自然な腕ふりで前方〜地面を照らすことができる。

これが棒の形の懐中電灯だと前方〜地面を照らすために手首を曲げる必要がある。

ストラップは付けた方が良い

ライト本体は1mの落下耐久性を持つが、ランニング中に落とした時の衝撃は大きい。なので落下防止用にストラップは付けておこう。

唯一の欠点は重さ

ランニングライトで166gは重い。小型スマホを手に握って走っているようなものだ。

ペンクリップが付いているので、ランニングパンツのウエスト部分に挟んでみたが、重さでライトが上下して使い物にならない。

ランニングキャップにも装着してみたが、首が痛くなるし、前方の視界が悪くなる。足元を照らせて良いアイデアだと思ったのに。。

166gは確かに重い。しかし人間工学的に自然な形で握っていられるので身体への負担は思ったより大きくない。

それでも166gは重い!という方には、80ルーメン仕様の軽量版「RV-131D」がおすすめだ。

#ライト

とも

ジェントス リボルバーには、150ルーメン仕様の「RV-143D」と、80ルーメン仕様の小型軽量版「RV-131D」の2種類ある。

GENTOS LEDライト リボルバー」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。