【Insta360 GO 2】 徹底レビュー。小型アクションカメラの完成形

ランニングウェア・グッズ

「Insta360 GO 2」は、親指サイズの超高性能アクションカメラ。ワンプッシュで2560×1440 50fpsの高画質動画が撮影でき、重さはたったの27g。

軽いのでランニングキャップに装着しても違和感がない。ランニング中に「あー、今のこの景色を撮りたい!」と思えば、ボタンをピッと押すだけで動画や写真が撮れる。ランニングに集中したいけど、シャッターチャンスも見逃したくない、そんなワガママに応えてくれる。

前モデル「Insta360 GO」の欠点だった動画のクオリティと電池の持ち時間は改良され、充電ケースの機能拡充など進化した点も多い。最新モデル「Insta360 GO 2」は、GoProやソニーとは一線を画す、小型アクションカメラのひとつの完成形と言って良い。

この記事の目次

主な特徴

「Insta360 GO 2」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、ボタンひとつで高画質動画・写真が撮影できること。

1回に撮影する動画の長さを決めておけば、ワンプッシュで電源オン→撮影開始→撮影終了→電源オフの操作が完結する。シャッターチャンスが来たら、何も考えずにピッとボタンを押すだけ。

専用アプリを使えば、例えばワンプッシュで2560×1440 50fpsを1分間撮影、ツープッシュで2560×2560の写真を撮影、といった細かいカスタマイズも可能だ。

仕様・比較

「Insta360 GO 2」の基本スペックは以下のとおり。前モデルの「Insta360 GO」と比較すると、ワンサイズ大きくなり、全面的にスペックアップしていることが分かる。

Insta360 GO 2 Insta360 GO
発売 2021年3月 2019年9月
サイズ(mm) 52.9 x 23.6 x 20.7 49.4 x 21.4 x 14.8
重さ 27g 19g
Bluetooth BLE 5.0 BLE 4.0
外部接続 USB Type-C microUSB/Lightning
ストレージ容量 32GB 8GB

動画撮影

「Insta360 GO 2」には、6つの動画モードがある。

以下は動画撮影のスペック。「Insta360 GO 2」では、標準動画の最大フレームレートが25fps→50fpsに向上し、1回に撮影できる動画の長さが60秒→15分に伸びている。また、MP4形式で直接記録することでエクスポート時のファイル圧縮が不要になった。

Insta360 GO 2 Insta360 GO
動画ファイル mp4 insv(撮影)→mp4(エクスポート)
最長クリップ尺 プロ動画モード:10分
動画モード:15分
FPVモード:30分
標準:60秒
FPVモード:5分
インターバル撮影:30秒
スローモーション:30秒
動画モードと最高解像度 プロ動画モード:2560×1440@50fps
動画モード:2560×1440@50fps
HDR:2560×1440@25fps
タイムラプス:2560×1440@30fps
タイムシフト:2560×1440@30fps
スローモーション:1920×1080@120fps
標準:2720×2720@25fps(撮影時)→1080@25fps(エクスポート)
インターバル撮影:2720×2720@25fps(撮影時)→1080@25fps(エクスポート)
タイムラプス:3040×3040@30fps(撮影時)→1080@30fps(エクスポート)
ハイパーラプス:2720×2720@30fps(撮影時)→1080@30fps(エクスポート)
スローモーション:1600×900@100fps(撮影時)→1600×900@25fps(エクスポート)

写真撮影

以下は写真撮影のスペック。動画と同じく、エクスポートによる圧縮・劣化が不要になったのが良い。

Insta360 GO 2 Insta360 GO
写真モード 標準写真、インターバル写真、スターラプス、ナイトショット 標準
写真の解像度 2560×1440、2560×2560、1440×2560、2938×1088(Film Panorama) 3040×3040(撮影時)→2560×2560(エクスポート)、2560×1440(エクスポート)、1440×2560(エクスポート)

駆動・充電時間

「Insta360 GO 2」はカメラ本体がフル充電の状態で最長30分間使用できるとのこと。しかし実際に使ってみた感じでは、「ベーシック手ブレ補正動画」モードで20分程度が限界だった。

Insta360 GO 2 Insta360 GO
駆動時間(本体) 30分(ベーシック手ブレ補正動画)
20分(FlowState手ブレ補正動画)
非公開
駆動時間(ケース装着時) 150分(ベーシック手ブレ補正動画)
110分(FlowState手ブレ補正動画)
60分
充電時間(本体) 23分で80%、35分で100% 30分
充電時間(ケース) 47分で80%、65分で100% 90分

充電ケース

「Insta360 GO 2」は付属の充電ケースも進化している。遠隔操作の機能が追加されただけでなく、物理的な構造も見直されて握り棒や三脚としても機能する。後ほど詳しく紹介する。

左が前モデルの「Insta360 GO 」、右が「Insta360 GO 2」。

外観

それでは、「Insta360 GO 2」を詳しくみていこう。

同梱物

まずは同梱物から。付属品が充実しており、後から買い足す必要がない。

カメラ本体

カメラ本体は、前モデルからひと回りサイズアップしているが、アクションカメラのカテゴリでは最小級であることに変わりはない。レンズの横の小さな穴はLEDのインジケーター。

裏側には充電用の端子と磁石を配置。

カメラ本体の重さは実測値で27g。前モデルから8g重くなっているが、誤差の範囲と言って良い。

充電ケース

付属する充電ケースは、カメラ本体の保護と充電に使用する。

外側にはUSB Type-C充電端子と標準1/4ボルト用の穴がある。

パカっと開けると、カメラ本体が収納できるスペースがある。近づけると磁石でピタッと張り付く。

ケースの内側にはボタンと小さな液晶ディスプレイがあり、カメラ本体の簡易的な遠隔操作も可能だ。

充電ケースは、三脚としても使える。

充電ケース装着時の重さは実測値で91g。

ピポットスタンド

他にも、付属のピボットスタンドに装着して撮影する方法もある。こちらなら自由に角度調整ができるし、ヘルメットなどにマウントすることも可能だ。


簡易クリップ

ランニングキャップなどに装着して撮影したい時は、簡易クリップを使うと便利だ。こちらもカメラ本体と磁石でピタッと張り付く。

カメラのアングルが調整できる。

そのおかげで、キャップのつばにも装着できるようになった。前モデルはアングルが固定だったため、キャップを後ろ向きにかぶる必要があった。

簡易クリップ装着時の重さは実測値で42g。

磁気ストラップ

磁気ストラップはネックレスのように着用して、円盤にカメラ本体を装着する。磁気が強力なので、洋服を挟んで着用しても落とす心配はない。


操作方法

「Insta360 GO」は、カメラ本体と充電ケースを組み合わせて使う。ここでは、動画・写真撮影の基本的な流れを紹介する。

  1. カメラの初期設定
  2. 動画・写真の撮影
  3. ファイルの取り込み

1. カメラの初期設定

まずはカメラ本体を「Insta360」アプリに連携する必要がある。Bluetooth接続で連携が開始すると、アプリからカメラ本体の設定が可能となる。

設定では動画撮影の解像度や画角、アスペクト比を選択したり、カメラのボタン操作をカスタマイズしたりできる。

2. 動画・写真の撮影

次にカメラ本体で撮影する。カメラ本体には、ボタンがひとつしかない。ボタンの押し方を変えて操作するので、慣れるまでには時間がかかる。以下はデフォルトの操作方法だが、これは専用アプリで自分好みにカスタマイズできる。

電源オフの状態 電源オンの状態
1回押す(ワンプッシュ) 起動→標準動画撮影→電源オフ プロ動画撮影→スタンバイ→2分後に電源オフ
2回押す(ツープッシュ) 起動→写真撮影→電源オフ ハイパーラプス→スタンバイ→2分後に電源オフ
1秒間押す 電源オン
2秒間押す 電源オフ

僕は覚えやすいように、電源オフの状態でしか使用せず、ボタン操作は以下のように設定している。これならシンプルに、ワンプッシュで動画撮影、ツープッシュで写真撮影、と覚えれば良い。

なお、他にも充電ケースやアプリから遠隔操作で撮影することも可能だ。

3. ファイルの取り込み

撮影した動画・写真ファルをスマートフォンに取り込むには、カメラ本体とアプリを連携する必要がある。Bluetooth接続で連携が開始すると、カメラのアルバムにアクセスできる。取り込みたいファイルを選択し、画像サイズや圧縮の有無などを指定してスマートフォンにエクスポートする。

1分間の動画ファイルをエクスポートするのに20〜30秒かかった。

撮影サンプル

動画

以下はベーシック手ブレ補正モード(動画モード)、2560×1440@50fpsで撮影。ちなみにペースは4:30/km前後。このクオリティなら、フル充電で1分間動画を20本程度撮影できる。

看板の文字もちゃんと読める。

逆光でもきれいに撮影できる。

縦長でも撮影可能。

写真

以下は標準写真モード、2560×1440で撮影。参考までに圧縮前のファイルも載せておく(ファイル1ファイル2)。


評価

ここからは、実際にランニング動画の撮影で「Insta360 GO 2」を使ってみて気づいたことをまとめていく。

ランニングの妨げにならない

まず、軽さという点において「Insta360 GO 2」は負担が少ない。以前は、GoProやソニーのアクションカメラをランニングキャップに装着していたが、長時間使用しているとカメラの重さで首が痛くなる。「Insta36 GO 2」は、装着しているのを忘れほど軽い。

操作の手軽さという点においても、「Insta360 GO 2」は、他のアクションカメラとは一線を画する。カメラ本体から動画撮影に不要な機能を削ぎ落としたことで、機能も操作も「撮る」ことだけにフォーカスしている。

スマートフォンとの接続が早い

「Insta360 GO 2」は、スマートフォンとスムーズに連携できる。カメラの設定変更や撮影した動画の確認は専用アプリを通して行う必要があるが、アプリを起動してから10秒ほどで安定して連携できる。前モデル「Insta360 GO」は接続に失敗してイライラすることが多かったので、問題が解消されてよかった。

手ぶれ補正が秀逸

ランニングしながら撮影すると、上下動が加わるため動画がどうしてもブレてしまう。そこで「手ぶれ補正」の出番だが、「Insta360 GO 2」の手ぶれ補正は「GoPro Hero 9」並みにヌルヌルした滑らかな動画が撮れる。

画質がきれい

今やアクションカメラでは高画質が当たり前だが、「Insta360 GO 2」は圧倒的な軽量性と高画質を両立している。前モデル「Insta360 GO」はエクスポート時に動画・写真を圧縮していたため、スマートフォンに取り込む際に劣化が生じていた。「Insta360 GO 2」は動画をMP4形式で直接記録できる。

電池の持ちは未だに不満

公式サイトには、標準動画(ベーシック手ブレ補正動画)なら30分間使用できると書いてあるが、実際には1分間の動画なら20本までが限界だ。前モデル「Insta360 GO」は10本程度が限界だったので、ずいぶん改善されている。それでも欲を言えば、フルマラソンや長丁場の旅ランでは、40〜50本は撮りたい。

Insta360 GO 2は、公式サイトや取扱店舗、その他ネット通販で販売している。僕が購入した時は国内ネット通販の在庫が欠品しており、公式サイトから直接注文した。今は楽天市場だと在庫が豊富にあるようだ。

Insta360 GO 2