【ナックルライト】手に装着するランニングライト レビュー

この記事では、足元を明るく照らす携帯ライト「ナックルライト(Knuckle Lights)」の特徴・使い方・評価を解説します。

夜道を歩いたり走ったりするときに、両手に装着して、足元を明るく照らせるライトです。手の関節(=ナックル)に装着するので、両手は自由に使えます。

夜のお散歩、ランニングを安全に楽しみたい人におすすめです!

この記事の目次

手に装着するランニングライト

夜間のランニングを安全に楽しむために必要なランニングライト。これまで手持ちしたり、シューズやキャップに装着したりしてきたが、今回紹介する「ナックルライト」は手に装着するという新しいタイプのランニングライトだ。

誤解のないように強調しておくと「ナックルライト」は手で握るのものではない。手に装着して使うので、ライトを使用中でもハンズフリー。もちろん、スマートフォンや給水ボトルを取り出すこともできる。

単三電池を使用

それでは「ナックルライト」を詳しく見ていこう。

アメリカ製なのでパッケージや取扱説明書はすべて英語で書かれている。ただし使い方は簡単なので、日本語訳がなくても特に困らない。ちなみにナックルの英語である「knuckle」は、指関節という意味。指関節に装着するライトだから「ナックルライト」だ。

仕様は以下のとおり。

ナックルライトは左右で同時に使えるように2個入っている。その他、単三電池2本と取扱説明書(英語)が入っている。

付属の単三電池は下のキャップを開閉して入れる。電池はナックルライトのオリジナルデザイン。細かいところにこだわりを感じる。

ハンドベルトの部分はソフトシリコン製なので手に馴染む。写真のように、本体とハンドベルトの間に手を通す。手を開いてもライトは固定されたままだ。

手をグーにして走るとライトが前方を照らす仕組み。

ハンドベルトは、9段階で長さを調整できる。

片手に1個ずつ持つ、2個1組みのスタイル。片手だけでも十分明るいが、バランスが悪くなるので両手持ちがおすすめ。使わないときは、このようにマグネットでくっつくので、片方をなくす心配がない。

ナックルライトの評価

ここからは実際に「ナックルライト(Knuckle Lights)」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

腕振りの負担にならない軽さ

本体の重さは1個80g以下。長時間使用しても腕振りの負担にならない。

ハンズフリー

何度も言うように、手で握りしめるのではなく、手に装着するタイプなのでハンズフリー。ナックルライトを装着したままスマートフォンを操作したり、給水ボトルを取り出したりすることが可能。

ちなみに夜道で使っていたら、「そのライト、どういう仕組みなんですか?」と知らない人に声をかけられた。

足元〜2m先まで明るい

肝心の明るさは、夜道で使ってみると足元〜2m先ぐらいまで照らしてくれる。さすがに夜道でダッシュするのは危ないが、ジョギングペースなら進行方向に障害物がないかは分かる。

明るさは3段階で調整できる

以下は、3段階調光の様子を動画で撮影したもの。

ナックルライト Knuckle Lights