ともらん

徹底レビュー|NODAL ロゴソックス:洒落た足袋ソックス

見た目の良さに惹かれて購入したら、見た目以上の履き心地だった。足袋型+裏底パイルクッションの組み合わせは、ランニングソックスとしてもポテンシャルが高い。

NODALの足袋型ソックスは公式サイトやネット通販サイトで販売している。僕はクーポンが使える「楽天市場」で購入した。

NODAL Logo Socks」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

この記事の目次

購入の決め手

ファッション誌をめくっていたら「NODAL」というブランドの靴下が目に留まった。正確には、足袋型の靴下だ。

作っているのは、1889年創業の足袋の老舗である玉井商店。長年培った足袋の縫製技術と最新のファッショントレンドを融合させ、お洒落な足袋を製造・販売している。

今回購入した「ロゴ ソックス(Logo Socks)」の主な特徴は以下のとおり。

  • 綿ベースの足袋型ロングソックス
  • 裏底はクッション性に優れたパイル加工
  • アキレス腱の部分に「NODAL」のロゴ入り
  • フリーサイズ(23cm-27cm)
  • 定価は税込1980円

魅力:古くて新しい

日本の伝統的な履き物である足袋と最新のファッショントレンドを上手に組み合わせたブランドコンセプトに惹かれた。

また、足指に力を入れやすい足袋はランニングにも適しているため、ランニングソックスとしてのポテンシャルにも期待していた。

欠点:フリーサイズ

ワンサイズで23cm〜27cmをカバーする。僕はたまたま中間の26cmなのでサイズ感はドンピシャだったが、標準からかけ離れている人はフィット感に難ありかもしれない。

デザインとスペック

それでは「ロゴ ソックス」を詳しく見ていこう。

左右専用設計

足袋型なので当たり前だが、左右それぞれ専用の作りになっている。裏底にはパイル加工を施し、クッション性を高めている。

神は細部に宿る

つま先の部分。上(写真左)と下(写真右)では縫い方が全然違う。実際に履くと分かるが、つま先の指の形に寄り添うような作りになっている。老舗足袋メーカーの技術力というやつか。

見えない部分もこだわる

ちょっと感動したのが、靴下の履き口の部分。外から見えない内側に配置された粋なカラーリングに、職人らしい細部へのこだわりが感じられる。

素材は綿ベース

素材は綿をベースにアクリル、ナイロン、ポリウレタンを使用している。抗菌防臭機能付き。

実体験レビュー

ここからは実際に「ロゴ ソックス」を履いてみた感想をまとめる。

フィット感に隙なし

足の形にピタッと張り付くようなフィット感が素晴らしい。パッと見た感じは直線的で窮屈そうなイメージだったが、実際に足を通してみると、極めて立体的な作りであることが分かる。

しかも部分によって生地が微妙に異なる。土踏まずは伸縮性に優れた素材でキュッと締めてくれるのでランニングでも快適だ。

クッション性は良好

裏底だけパイル材で厚さを補強し、クッション性を高めている。全体的に厚みがあると履き慣れたシューズのフィット感に影響を及ぼしてしまうため、靴底だけ厚いというのがポイントだ。

カカトのサポートも充実

カカト周りはホールド感にも優れており、丸一日履き続けても疲れにくい。これなら日常使いから、そのままランニングにも履いていける。

気分がアガるデザイン

そしてこのカッコよさは説明不要。手に取るだけで惹かれるし、履いているだけでテンションがアガる。

結論:カッコいい足袋ソックス

足袋ソックス自体は珍しいものではないが、素直にカッコいいと思える足袋ソックスは「ロゴ ソックス」が初めてだった。

ランニングウェア選びで「機能性」や「フィット感」が大事なのは言うまでもない。もうひとつ付け加えるとしたら「見た目」も大事だと個人的には思う。

ここで言う見た目とは、気分を上げてくれるカッコよさのことだ。そんな靴下を履いたら、走らずにはいられない。

NODALの足袋型ソックスは公式サイトやネット通販サイトで販売している。僕はクーポンが使える「楽天市場」で購入した。

NODAL Logo Socks」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「ソックス」に関する記事一覧