【Sony FDR-X3000R レビュー】リモコン可能な小型アクションカメラ

この記事では、SONY(ソニー)の小型アクションカメラ「FDR-X3000R」の特徴・使い方・評価を解説します。

手ブレ補正の滑らかな動画が撮影できて、手元のライブビューリモコンで操作できる優れもの。別売りのクリップを使えば、ランニングキャップへの取り付けも簡単です。

ランニング中の動画を撮影したいランナーにおすすめです!

FDR-X3000Rを選ぶ理由

今回紹介するの特徴は以下のとおり。

アクションカメラの購入を検討している方は、SONYか、GoProか、の二択で迷うことが多いと思います。

僕はSONYの「FDR-X3000R」とGoProの「Hero 7 Black」を両方持っていますが、結論から言うと「FDR-X3000R」の方がランニングに向いていると思います。

理由は3つあります。

空間光学手ぶれ補正が秀逸

FDR-X3000Rには、SONYの「空間光学手ブレ補正」技術が採用されています。ランニング中に発生するブレを補正して、滑らかな映像を記録してくれます。長年、ハンディカムで培った技術を持っているソニーだからこそできる技です。

空気抵抗を受けにくい形状

アクションカメラは主に頭部に装着すると思いますが、その際にGoProの「Hero 7 Black」は正面からの空気抵抗を受けやすいのがデメリットです。その点、「FDR-X3000R」は空気抵抗を受けにくく、さらにキャップに装着しても違和感がないのが良いですね。

リモコンでカメラ操作ができる

僕がSONYの「FDR-X3000R」を選んだ一番の理由はこれです。ライブビューリモコンを使えば、走行中に手元で動画・写真撮影や設定変更も可能。腕時計を触る感覚でカメラ操作ができるので、ランニングやレースの邪魔になりません。

外観と仕様

それでは、「FDR-X3000R」を詳しく見ていきましょう!

ライブビューリモコン有りと無しの二種類のモデルがあります。違いは、ライブビューリモコン有りの方は製品名の末尾に「R」が付いています。

  • ライブビューリモコン有り(FDR-X3000R):カメラ本体を触らずに、手元で操作したい方は、ライブビューリモコン有りのモデルがおすすめです。
  • ライブビューリモコン無し(FDR-X3000):カメラ本体で操作することにストレスを感じない方は、ライブビューリモコン無しのモデルがおすすめです。

今回僕が購入したのは、ライブビューリモコン有りの「FDR-X3000R」の方です。

パッケージはあまり日本っぽくないのが特徴です。

以下は、パッケージの中身。キャップに装着するためのクリップやmicroSDカードは別売りです。

ランニング動画の撮影に使用する実機は以下の二つ。左がライブビューリモコン、右がアクションカメラです。

まずはアクションカメラから詳しく見ていきましょう。開封した状態では、バッテリーもメモリーカードも入っていません。この状態での重さは、89g。軽いですね!

側面の蓋をカパっと開けてバッテリーを挿入します。

メモリーカード(microSD)は、底側の蓋を開けて挿入します。

すると重さは、114gになりました。これでも十分軽いですね。小型スマートフォンと同じくらいの重要です。

充電は、後ろ側の蓋を開けてUSBで直接充電できます。わざわざバッテリーを取り出す必要はありません。

ライブビューリモンは、そのまま使うこともできますが、付属のストラップに合体させれば、腕時計として装着することができます。

充電は、専用のクレードルに挿入して、USBで充電します。

アクションカメラとライブビューリモコンをペアリングすると、リモコンにカメラの映像が映し出されます。手元で映像を確認しながら撮影できるのはとても便利です。

リモコンでは、写真撮影・動画撮影の切り替えや、撮影設定の操作ができます。動画も写真も撮影したい、という方には最強のツールです。

僕の場合、マラソン大会や旅ランで走りながら撮影することが多いので、このライブビューリモコンは購入の最大の決め手となりました。

撮影するために最低限必要なものは、microDSカードです。パッケージには含まれていないので、別途購入する必要があります。

使ってみた感想

実際に「FDR-X3000R」を使ってみた感想です。

僕はマラソン大会でランニング中の動画を撮影するためにアクションカメラを購入しました。流石に手持ちは無理なので、純正のキャップクリップを購入し、ランニングキャップに装着しながら使用します。

別売りのキャップクリップを購入

今回は、アクションカメラをランニングキャップに装着するため、純正の「キャップクリップ AKA-CAP1」を追加で購入しました。

パッケージはこちら。

キャップクリップのネジを回して、アクションカメラの本体を固定します。

クリップの部分をランニングキャップに取り付け、頭部に装着します。ヒンジの部分は角度調整が可能。

ランニングキャップに取り付けるとこんな感じです!

見た目は多少違和感があると思いますが、アクションカメラを装着してストレスを感じることはありません。

肌に当たる部分には柔らかいクッションが付いているので、プラスチックが頭に当たって痛い、ということもありません。

一点だけ補足すると、クリップがメガネに当たるので、多少ながら押し付けられている感はあります。

ちなみにキャップクリップを取り付けた状態の重さは、168gでした。少し重くなりましたが、ランニングキャップに装着して頭が片方に傾く、というほどではありません。

マラソン大会で使ってみた

先日の「羽生さわやかマラソン2019」で使用してきたので、気づいた点などをまとめておきます。

ライブビューリモコンの電源を入れると、アクションカメラを検知して自動的に接続してくれます。接続には5〜20秒かかりました。一度だけ、接続できない時がありましたが、ライブビューリモコンの電源を入れ直したら問題が解決しました。

ランニングキャップが柔らかい素材で出来ているため仕方ないことですが、キャップの締まり具合が緩いとアクションカメラが動いてしまい、撮影がブレてしまいます。少しキツすぎるぐらいに締めておくと、カメラが固定されるようになります。

上下の動きが激しいフォームだと、滑らかな動画を撮るのは難しいです。綺麗な動画を撮りたければ、頭の高さを常に水平に保つような安定したランニングフォームが必要です。

逆にいうと、綺麗な動画を撮るために頭部を安定させると、自ずとランニングフォームが安定します。撮影もできて、フォームも改善できて、一石二鳥だなと思いました。

動画サンプル

YouTube用に編集してありますが、走行中の動画は無修正です(つまり、撮影した後にノイズや手ブレを動画編集ソフトで除去していません)。1080 30fpsで撮影しています。

撮影アングルの調整や逆光での撮影は改善の余地ありますが、初回の割には、動画のクオリティは悪くないと思いました。以下は、「羽生さわやかマラソン2019」にて撮影

慣れてくると、最小限の労力で撮影できるようになります。以下は、「ぎふ清流ハーフマラソン2019

写真サンプル

ライブビューリモコンで動画撮影→写真撮影に切り替え、写真も撮影してみました。アングルが傾いてしまっているのと、左下にキャップが写り込んでしまっているのは失敗ですが、走りながら撮影した画像にしては悪くないクオリティです。

よくある質問

どこで買えますか?

Amazonなどのネット通販で購入することができます。

まとめ

以上、SONY(ソニー)の小型アクションカメラ「FDR-X3000R」の特徴・使い方・評価を解説しました。

ランニング中の動画を撮影したいランナーにおすすめです!

SONY FDR-X3000R

他にも「動画」に関連する記事がおすすめです!