自費レビュー|ジップロック:旅ランの収納問題を解決

荷物

旅ランの荷物は「ジップロック」に入れて保管すると濡らさずにコンパクトに収納できる。氷水や汚れ物の保管にも便利。実際に4泊5日の旅ランで「ジップロック」使ってみた感想と意外な活用法を紹介する。

とも

以前、高価な衣類圧縮袋買ったのに、3回使ってダメになりました。普通にジップロックの方が優秀なのでは。

購入ガイド

ジップロック イージージッパー」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

ジップロックとは?

ジップロック(Ziplock)は「サランラップ」でお馴染みの旭化成ホームプロダクツの人気商品。生鮮食品などを密閉して保管できる便利なキッチン用品だ。

最近はいろんな種類が発売されているが「袋タイプ」と「タッパーウェアタイプ」の2種類に分かれる。

タイプ商品名主な特徴
袋タイプフリーザーバッグ厚手の素材で食材を酸化や乾燥から守る
イージージッパーつまみを動かすだけで、誰でもラクラク開け閉め
ストックバッグ食材の漬け込みや下ごしらえにも便利
お手軽バッグちょこっと保存に便利な小さなサイズ。小物整理や持ち運びにもどんどん使える
タッパーウェアタイプコンテナー重ねてすっきりスマートデザイン。ワンプレスロックでパチンと閉まる
スクリューロックフタを回してしっかり密閉。汁もの・粉ものにも便利

食品以外にも使える

これまでジップロックは食品を保管する入れ物と思い込んでいたが、実はそれ以外の物の保管にも活用できる。

個人的に「これは便利!」と感じたのは衣類の保管。袋タイプは空気を抜いて密閉できるため、いわゆる「圧縮袋」としても使える。

密閉すれば液漏れの心配もないため、氷や水、汗でびしょ濡れの汚れ物などを保管することもできる。

開閉しやすいジッパー式

2022年8月に兵庫県の淡路島を走って1周してきた。サイクリストの間で有名な「アワイチ」というやつだ。

僕の場合、荷物をリュックに背負い4泊5日の日程で淡路島の外周150kmをランニングで移動する。

水や食料は現地で調達し、ランニングウェアは宿泊先の宿で洗濯するが、5日間走るために以下の荷物が必要だった。

これらを保管するために「ジップロック イージージッパー」のMサイズ(12枚入り)とLサイズ(8枚入り)をそれぞれ1箱ずつ購入した。

特徴は以下のとおり。

  • スライド式ジッパーで開閉しやすい
  • 鋭利なものを入れても破れにくいフィルムを使用
  • 密閉して液漏れや酸化から守る
  • ペンで書き込めるラベル付き

他の袋タイプとの違いは、ジッパー式なので開閉がしやすいこと。今回はどの荷物も毎日最低1回は開け閉めしたが、さっと中身を取り出すことができた。

4泊5日の旅ランで大活躍!

ここからは実際に「ジップロック イージージッパー」を旅ランで使ってみて便利に感じたポイントを紹介する。

衣類の圧縮袋として使える

洋服をコンパクトに収納できる圧縮袋という便利な物があるが、正規品だと結構値段がする。そこで思いついたのは、ジップロックで代用すること。

Lサイズの袋にランニングウェアを入れて、ギュッと押して空気を抜き、ジッパーを閉めると圧縮されたままの状態で保管できる。

これをクルクル巻いて棒状にしてリュックに詰めると、コンパクトに収納できるし、取り出すのもラク。

汗や雨に濡れても中身は問題ないことは言うまでもない。

汚れ物の保管も安心

今回は気温30℃を超す真夏日だったため、1時間も走ればシャツが汗でずぶ濡れになる。途中でシャツを着替えると汚れ物の行き場に困るのだが「汚れ物用」の袋をひとつ作ることで解決した。

小物入れとしても便利

モバイルバッテリーなどの電子機器、コンタクトレンズや常備薬などの衛生用品は、それぞれMサイズの袋に入れて保管した。リュックにバラして入れるよりも、用途別にまとめて保管しておくと取り出しがスムーズになる。

氷や水も運べる

氷を入れて保冷剤としても活用した。これは想定外だったが、炎天下でのランニングでは非常に重宝した。

道中のコンビニやスーパーでドリンク用の氷(パーティアイス)を買い、Lサイズの袋に入れる。これで即席の保冷剤が完成だ。

これをリュックの背面ポケットに保管すると、ちょうどメッシュを介して背中に冷気が伝わってきて快適だった。

さらに氷が溶けても、飲料水として再利用できる点も忘れてはならない。もともと飲食用の氷を食品を保管する袋に入れているわけなので、衛生面でも全く問題がない。

アワイチにはコンビニやスーパーどころか自販機すらない区間が多い。そういう時にジップロックに氷水を入れておくと、飲料水のストックにもなる。

耐久性もバッチリ

リュックを背負って走り続けるため、荷物の袋は長期間に渡り圧力や摩擦にさらされる。「ジップロック イージージッパー」には強度が向上したフィルムが使われているので、5日間同じ袋を使い続けても破損する心配は一度もなかった。

まとめ

以上、旅ランにおけるジップロックの活用法を紹介した。とにかく万能でいろんな使い方ができるので多めに持っていって損はない。

僕は予備を5枚持って行ったが、汚れ物袋や氷袋として活用することで、道中のハプニングやピンチを乗り越えることができた。

ちなみに今回使用したリュックは、サロモンの「SENSE PRO 5」。容量は5Lと少ないが、ベストのように羽織れて荷物が揺れない。荷物が多めの人は10Lタイプも選べる。

とも

以前、高価な衣類圧縮袋買ったのに、3回使ってダメになりました。普通にジップロックの方が優秀なのでは。

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

ジップロック イージージッパー」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

2021年2月に発売されたSENSE PRO 5(センスプロ5)は、サロモンの高機能バックパックの最新モデル。容量は5Lと10Lの2種類、サイズは男女それぞれ5段階から選べる。実際にSENSE PRO 5を2泊3日の旅ランで使ってみたので、収納の使い勝手や気づいた点などを紹介する。

サロモン センスプロ 5」の最新価格を今すぐチェック!

#荷物

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。