tomo.run

【飲む氷 アイススラリー レビュー】夏ランの熱中症予防に有効

【飲む氷 アイススラリー レビュー】夏ランの熱中症予防に有効

今回紹介するのは「飲む氷 アイススラリー」という熱中症予防のドリンクです。食感はまるでシャーベット。深部体温を効果的に下げ、水分補給もできて一石二鳥。これ1袋で最長1時間は快適に走れます。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

アイススラリーとは?

アイススラリー(ice slurry)は、粒子が細かく分散した液状の氷です。通常の氷はガチガチの個体ですが、アイススラリーはシャーベットのような状態。「飲む氷」とも言われています。

アイススラリーは深部体温を下げる効果があり、熱中症予防に有効です。自分も長年、暑い季節はランニング前とランニング中にアイススラリーを摂るようにしています。

市販されているアイススラリーで有名なのは「ポカリスエット アイススラリー」と「リポビタン アイススラリー」。どちらも国民的ドリンクのアイススラリー版です。

今回紹介する「飲む氷 アイススラリー」は、群馬県に本社を置く赤城フーズという会社が作っています。社名を聞いた時に『ガリガリ君』の会社?と思いましたが、『ガリガリ君』を作っているのは埼玉県に本社を置く赤城乳業株式会社でした。

主な特徴

赤城フーズの「飲む氷 アイススラリー」の特徴は次のとおり。

  • 1袋100g、104kcal
  • 賞味期限は製造日より1年
  • フレーバーは「梅」と「ソルティーレモン」
  • 冷凍庫で4時間以上凍らせてから飲む
  • 小売価格は216円

「飲む氷 アイススラリー」は冷凍庫で4時間以上凍らせてから使います。冷凍庫から出した直後はカチカチの状態ですが、常温で10〜20分置いておくとシャーベット状になります。後は開封して、中身を手で押し出して飲むだけ。

参考までに原材料と栄養成分を載せておきます。

原材料マルトデキストリン(国内製造)、果糖ぶどう糖液糖、うめ濃縮果汁、食塩/トレハロース、酸味料、塩化K、増粘多糖類、乳酸Ca、塩化Mg、香料
栄養成分エネルギー:104kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、炭水化物26g、食塩相当量:0.11g、カリウム:260mg、カルシウム:8mg、マグネシウム:6mg、クエン酸:540mg

フレーバーは「梅」と「ソルティーレモン」の2種類あります。ちなみに公式サイトによると赤城フーズの祖業は「カリカリ梅」なので「梅」フレーバーがおすすめです。

シャーベットのような食感

「飲む氷 アイススラリー」は飲むタイミングが重要です。氷が溶ける前だと中身を上手く押し出せず、溶けた後だとただの梅ジュースになります。目安としては冷凍庫から出して10〜20分後。手で揉める状態が理想です。

実際に飲んでみると程よい梅の酸味が効いており、後味はさっぱり。食感はシャーベットに近いですね。身体の中から体温を下げることができます。

保冷剤としても使える

アイススラリーは溶かして飲むため、冷凍庫から出して20〜30分間は保冷剤としても使えます。自分の場合、走り始める直前に冷蔵庫から出して、ウォームアップ中に手のひらを冷やしています。手のひらには体温調整を行う血管があるため、手のひらを冷やすことで深部体温を効果的に下げることができます。

夏ランの熱中症予防に最適

つまり「飲む氷 アイススラリー」は、最初に手のひらを冷やし、次に体内を冷やし、ダブルで冷却効果が期待できます。暑い夏でも、これ1袋で最長1時間は快適に走れます。

総合評価:普通に満足

赤城フーズの「飲む氷 アイススラリー」を購入して普通に満足しています。深部体温を効果的に下げ、水分補給もできて夏ランの熱中症予防に最適です。ひとつだけ不満ポイントを挙げると、開封したら飲み切らないといけない点ですね。

【飲む氷 アイススラリー レビュー】夏ランの熱中症予防に有効

この記事で紹介した「赤城フーズ 飲む氷 アイススラリー」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

関連記事

「リポビタン アイススラリー」ならキャップ付きなので、一気に飲み切る必要はありません。

大正製薬がアスリート向けに開発した「リポビタン for Sports」シリーズ。今回は、凍らせて飲む「リポビタン アイススラリー for Sports」を紹介します。 運動時に失われやすい塩分やクエン酸、ビタミンB1・B2・B6等が補給出来るだけでなく、冷却剤としても使えるので

大塚製薬の凍らせて飲むポカリ「ポカリスエット アイススラリー」を紹介します。 塩分・ミネラルも補給できて熱中症対策におすすめです。