ポカリスエット アイススラリー レビュー:凍らせて飲むポカリ

大塚製薬の凍らせて飲むポカリ「ポカリスエット アイススラリー」を紹介する。塩分・ミネラルも補給できて熱中症対策におすすめ。

大塚製薬 ポカリスエット アイススラリー 100g ×6袋

この記事の著者

マラソンブロガー、とも(tomo)。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

凍らせて飲むポカリ

今回紹介する「ポカリスエット アイススラリー」のコンセプトは「凍らせて飲むポカリ」。

普通のポカリスエットを凍らせるとカチカチになった溶けるまで飲めない。一方でアイススラリーは凍らせても結晶が小さく流動性が高いためカチカチにならない。

一見すると「アイスラリー」に読み間違えてしまいそうだが、正式名称は「アイススラリー(ice slurry)」。英語で「氷(ice)」の「懸濁液(slurry)」を意味する。

アイススラリーの最大の特徴は、個体粒子が液体に分散した流動体の状態であるため、体内に浸透しやすいため常の氷に比べ冷却効果が高いこと。暑い季節は体温を下げるのに効果的なので、熱中症予防におすすめだ。

塩分・ミネラル補給ができる

ポカリスエット アイススラリー」の1袋(100g)の栄養成分と原材料は以下のとおり。

栄養成分エネルギー 98kcal、タンパク質 1.8g、脂質 0g、炭水化物 26.8g(糖質21.3g 食物繊維 5.5g)、食塩相当量 0.11g、カリウム 18mg、カルシウム 1.8mg、マグネシウム 0.5mg
原材料パラチノース(ドイツ製造)、デキストリン、還元難消化性デキスト リン、食塩/調味料(アミノ酸)、香料、酸味料、増粘多糖類、塩化K、乳酸Ca、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)、紅花色素、甘味料(ステビア、ラカンカ)

食塩のほか、汗で失われてしまうカリウムやマグネシウムなどのミネラルも補給できる。

ポカリスエット アイススラリーの評価

ここからは実際に「ポカリスエット アイススラリー」を飲んでみて気づいた点をまとめていく。

意外と速く溶けてしまう

週末のロングランに2袋を持って行った。気温は30度と、猛暑ではありませんが、走っているとそれなりに暑い。

冷凍庫から出して10分後には液体になり、20後には生温くなっていた。体に密着したパンツのポケットに入れていたので、ウエストポーチやバッグに入れたらもう少し長持ちしたかもしれない。

ポカリと異なる味

溶けた状態で飲んでみると、普通のポカリスエットとは味が異なります。甘さが控えめで、さらりとした飲み心地が特徴。

飲み残しができない

一度開封したら、全部飲みきる必要があります。写真のように、開け口を握れって走れば小分けで飲むこともできるが結構面倒くさい。

塩分補給だけでも便利

長時間走って冷却機能が失われてしまっても、汗で失われた塩分を補給できるのは便利。ポカリスエットはポケットに入れて持ち運ぶのは難しいので、代わりにアイススラリーを忍ばせておくのはあり。

大塚製薬 ポカリスエット アイススラリー 100g ×6袋