徹底レビュー|アミノバイタル アミノショット:エネルギーの赤、コンディショニングの青

運動に必要なアミノ酸を手軽に補給できる「アミノショット」。エネルギー補給用の赤のパックとコンディションニング用の青パックがあり、どちらを買えばいいのか迷うので違いをまとめてみた。

#エナジーゼリー

とも

アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

運動に必要なアミノ酸を補給

アミノショットは、味の素株式会社が「アミノバイタル」のブランドで展開する補給食。最大の特徴は、運動に必要なアミノ酸を手軽に補給できること。

アミノショットには、赤と青の2つの種類がある。

ひとつは、赤のパックの「アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー」。こちらはエネルギー補給を目的とし、エネルギー源となるアラニンやプロリンなどのアミノ酸を含んでいる。

もうひとつは、青のパックの「アミノバイタル アミノショット」。こちらはコンディションニングを目的とし、運動時に大切なBCAAやアルギニンなどのアミノ酸を含んでいる。

違いを分かりやすくするために、以下の表にまとめてみた。

アミノショット パーフェクトエネルギーアミノショット
目的エネルギー補給コンディショニング
飲むタイミング運動中運動中
重さ45g43g
グレープフルーツグレープフルーツ
アミノ酸アラニン:2.25g、プロリン:0.25gロイシン:0.66g、イソロイシン:0.53g、バリン:0.44g、アルギニン:0.75g、他アミノ酸:1.22g
栄養成分エネルギー:109kcal、たんぱく質:2.8g、脂質:0g、炭水化物:24.4g、食塩相当量:0.23gエネルギー:23kcal、たんぱく質:3.9g、脂質:0g、炭水化物:2.6g、食塩相当量:0.03g、ビタミンA:110~321µg、ビタミンB1:1.2mg、ビタミンB2:0.9mg、ビタミンB6:1.3mg、ナイアシン:5.3mg、パントテン酸:0.4~3.3mg、ビタミンD:0.7~3.9µg、ビタミンE:1.4mg

パッケージの形状は両者ともに同じ。先端を口でくわえて力を入れれば、片手でも開封できる。

エネルギーの赤

赤の「アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー」はエネルギー補給を目的としており、1本(45g)で109kcalのカロリーが補給できる。

中身は固形に近いゼリー状でギュッと押し出して飲む。味はさっぱりしたグレープフルーツ味で飲みやすい。

コンディショニングの青

青の「アミノバイタル アミノショット」は1本(43g)あたりのカロリーが23kcalと少なめで、代わりにロイシンやアルギニンなどのアミノ酸を配合している。

中身は液体に近いゼリーで口で吸い込みながら飲む。味は赤の「アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー」と同じグレープフルーツ味だが、苦味が強くて美味しいとは言えない。

#エナジーゼリー

とも

アミノバイタル アミノショット パーフェクトエネルギー」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

アミノバイタルのゼリードリンクは青・赤・金(GOLD)の3種類あり、それぞれ飲む目的とタイミングが異なる。青の「ゼリードリンク SUPER SPORTS」は運動前に、赤の「パーフェクトエネルギー」は運動中に、金の「GOLDゼリードリンク」は運動後に飲むと覚えておくと良い。続きを読む

アミノバイタル パーフェクトエネルギー」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。