tomo.run

C3fit「ペーパーファイバーアーチサポート ソックス」レビュー

C3fit「ペーパーファイバーアーチサポート ソックス」レビュー

紙由来の「紙糸」で作られたランニングソックス「Paper Fiber Arch Support Short Socks(ペーパー・ファイバー・アーチ・サポート・ショート・ソックス)」を使ってみたので紹介します。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

紙で作られたランニングソックス

先日、神奈川県川崎市にある「ラゾーナ川崎プラザ」に行く用事があり、ショッピングモール内にあるThe North Faceの直営店に寄ってきました。

そこでたまたま見つけたのが、C3fitの「Paper Fiber Arch Support Short Socks」というランニングソックス。コンプレッションウェアで培った技術をソックスに応用しているだけなく、素材が「紙」で出来ていることに興味を持ちました。

定価は2,180円(税込)。試しに買ってみようとレジに持っていたら、一緒にいた叔父が買ってくれました。

今回紹介する「Paper Fiber Arch Support Short Socks」は商品名が長すぎるのが欠点。というのは冗談で、まずはその名前の意味を紐解いていきましょう。

  • Paper → ペーパー(紙)
  • Fiber → ファイバー(繊維)
  • Arch → アーチ(足のアーチ)
  • Support → サポート
  • Short → ショート(短い)
  • Socks → ソックス(靴下)

まとめると「紙素材の繊維で出来た、足のアーチをサポートする短い靴下」です。

C3fit(シースリーフィット)は、ゴールドウィン社に属する日本発のブランドで、「C3」はCompression、Conditioning、Comfortの頭文字を意味します。

C3fitは、コンプレッションタイツを始め、アスリートをサポートする優れたウェアで知られています。

ちなみにアウトドアのブランドで絶大な人気を誇るThe North Face(ノースフェイス)も同じゴールドウィン社の所属です。

ゴム素材でをアーチをサポート

「Paper Fiber Arch Support Short Socks」の素材には、紙を細く裁断して撚りをかけて糸にした「紙糸」が使われています。

紙糸という特殊な素材を使ったことで、次の特徴が生まれたそうです。

  • 破れにくく、ドライ感が続く。
  • テーピング効果で足裏をサポート
  • 非常に軽く、優れた吸湿性
  • 独特のざらっとした素材感、肌離れが良く、ドライ感が持続
  • 通常のスポーツソックスと比べて、約5倍の摩耗強度を持つ

つま先と、かかとの部分は伸縮性のあるザラッとした素材。土踏まずとくるぶし部分は、程よい締め付け感のあるゴム素材を採用しています。

履いてみた感想

ここからは実際に「Paper Fiber Arch Support Short Socks」を履いてみた感想をまとめます。

今回はMサイズ(24cm-26cm)を購入。25.5cmの足にぴったりでした。

ファーストインプレッションは以下のとおり。

  • 土踏まずの締め付け感が気持ち良い
  • 足指部分の伸縮性が高く、指をのびのび広げられる
  • シューズの中敷によっては、グリップ力が足りない

土踏まず周りのテーピング効果は想定の範囲内でしたが、意外に良かったのが指先部分の快適性。横に伸びるので長時間のランニングでも快適です。

こんな感じで足指を「パー」の状態にできます。

デメリットを挙げるとしたら、綿やウールの素材に比べると滑りやすいこと。紙糸の特質かもしれないが、シューズをしっかり固定しておかないとランニング中にズレが生じます。

おまけ

C3fit「ペーパーファイバーアーチサポート ソックス」レビュー

この記事で紹介した「C3fit ペーパー ファイバー アーチ サポート ショート ソックス」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。