【レビュー】C3fit ペーパーファイバー ソックスは、アーチのサポートが秀逸

この記事では、C3fit(シースリーフィット)のランニングソックス「ペーパー ファイバー アーチ サポート ショート ソックス」の特徴・使い方・評価を解説します。

「紙糸」という日本古来の素材を使って生まれた新感覚のランニングソックス。コンプレッションタイツの技術を応用した、アーチのサポートが秀逸です。

足首がぐらつくランナーにおすすめのランニングソックスです!

ペーパー ファイバー ソックスを選ぶ理由

今回紹介する「ペーパー ファイバー ソックス」の特徴は以下のとおり。

C3fit(シースリーフィット)は、ゴールドウィン社に属する日本発のブランド。アウトドアのブランドで絶大な人気を誇るThe North Face(ノースフェイス)と同じ会社です。「C3」は、Compression、Conditioning、Comfortの頭文字なんです。ご存知でしたか?

C3fitは、コンプレッションタイツを始め、アスリートをサポートする優れたウェアを開発・販売しています。

先日、神奈川県川崎市にある「ラゾーナ川崎プラザ」に行く用事があり、ショッピングモール内にあるThe North Faceの直営店に寄ってきました。

そこで見つけたのが、C3fitの「ペーパーファイバー ソックス」です。コンプレッションウェアで培った技術をランニングソックスにも応用した新しい商品。しかも、素材は「紙」でできているとのこと。

定価は2,180円(税込)。試しに買ってみようとレジに持っていたら、一緒にいた叔父が買ってくれました!

外観と仕様

それでは、「ペーパー ファイバー ソックス」を詳しく見ていきましょう!

正式名称は、ペーパー・ファイバー・アーチ・サポート・ショート・ソックスです。カタカナだと尚更わかりづらいですよね。

ひとつずつ、分解していきましょう。

ペーパー(紙)、ファイバー(繊維)、アーチ(足のアーチ)、ショート(短い)、ソックス(靴下)。「紙素材の繊維で出来た、足のアーチをサポートする短い靴下」かなと思ったら、正にその通りでした。実際、

素材には、紙を細く裁断して撚りをかけて糸にした「紙糸」が使われているそうです。紙糸という特殊な素材を使ったことで、次の特徴が生まれました。

  • 破れにくく、ドライ感が続く。
  • テーピング効果で足裏をサポート
  • 非常に軽く、優れた吸湿性
  • 独特のざらっとした素材感、肌離れが良く、ドライ感が持続
  • 通常のスポーツソックスと比べて、約5倍の摩耗強度を持つ

パッケージにも「土踏まず部分にはサポートゴムを使用しアーチをサポート」が強調されています。実際に履いてみると、やはりテーピング効果が一番実感が湧きます。

下の写真を見ても一目瞭然です。つま先と、かかとの部分は伸縮性のあるザラッとした素材。土踏まずとくるぶし部分は、程よい締め付け感のあるゴム素材を使用しています。

履いてみた感想

実際に「ペーパー ファイバー ソックス」を履いてみた感想です。

サイズは「M」を購入。24cm-26cmをカバーします。25.5cmのぼくの足にはピッタリです。

ファーストインプレッションは次のとおり。

  • 土踏まずの締め付け感が気持ち良い
  • 足指部分の伸縮性が高く、指をのびのび広げられる
  • シューズの中敷によっては、グリップ力が足りない

テーピング効果は絶妙ですね。土踏まずのアーチがスッポリ包まれているような感じがします。

実際に履いてみて良かったと感じたのは指先部分の快適性。とにかく横方向にグワーンと伸びるんです。

ほら、こんな感じ!

最後に、デメリットもひとつ挙げておきましょう。紙糸の特質かもしれませんが、綿やウールの素材に比べると滑りやすいです。少しタイトなランニングシューズを履かないと、若干ですがシューズの中でズレます。

よくある質問

どこで買えますか?

Amazonなどのネット通販で購入することができます。

まとめ

以上、C3fit(シースリーフィット)のランニングソックス「ペーパー ファイバー アーチ サポート ショート ソックス」の特徴・使い方・評価を解説しました。

足首がぐらつくランナーにおすすめのランニングソックスです!

C3fit ペーパー ファイバー アーチ サポート ショート ソックス

他にも「ランニングソックス」に関連する記事がおすすめです!