レース攻略|国境マラソンIN対馬2022:ハーフ 1時間34分29秒

2022年6月26日に長崎県対馬市で開催された「国境マラソンIN対馬」の様子を紹介する。

#長崎県

とも

この記事の目次

国境マラソンIN対馬とは?

「国境マラソンIN対馬」の特徴は以下のとおり。

  • 毎年6月に長崎県対馬市で開催
  • 種目はハーフ・10km
  • スタート・ゴールは三宇田海水浴場

最新の情報は公式サイトでチェックしよう。

対馬で開催

対馬(つしま)は、九州と朝鮮半島の間に位置する島。住所は福岡県でも佐賀県でもなく、長崎県対馬市。長崎空港と福岡空港から飛行機で、博多港から船でアクセスできる。

かつてこの島の東沖で日露戦争の「日本海海戦」が行われた。日本国外では「対馬沖海戦(Battle of Tsushima)の名称で知られており、対馬の名は海外でも有名だ。

アップダウンが激しい

対馬には平坦な土地が少ない。そんな対馬の北端をめぐる「国境マラソンIN対馬」のハーフマラソンは、アップダウンを繰り返す過酷なコース。獲得標高は実測値で273mだった。

スタートラインへ

今回は埼玉県の自宅から参加するため、レース前日に現地入りした。

レース前日

もともと以下の予定で現地入りする予定だった。

  • 9:40 羽田空港発
  • 12:15 長崎空港発
  • 12:35 対馬空港着
  • 16:00 観光後、ホテルにチェックイン

ところが長崎→対馬の便が悪天候のため欠航。乗継を福岡に変更し、福岡→対馬は夕方の最終便が充てがわれ、当初予定していた日程から大幅に変わってしまった。

  • 10:30 羽田空港発
  • 12:25 福岡空港着、唐津エリアを旅ラン
  • 18:25 福岡空港発
  • 19:10 対馬空港着、その後レンタカーで移動
  • 21:00 ホテルにチェックイン

福岡空港での待ち時間(5時間半)には、佐賀県唐津市旅ランをしてきた。

レース当日

当日の日程は以下のとおり。

  • 06:30 起床
  • 07:00 朝食
  • 08:15 会場到着
  • 09:45 ハーフの部スタート
  • 11:25 フィニッシュ
  • 15:10 対馬空港発

会場は三宇田海水浴場

今回はスタート・ゴール会場のある「三宇田海水浴場」から約2km離れた旅館に前泊した。旅館から会場まではジョギングする予定だったが、宿の方のご好意で車で送っていただいた。

選手受付

受付はレースの前日・当日に行い、参加キット式を受け取る。

参加キット

アスリートビブス(ナンバーカード)や参加賞。

参加記念Tシャツ

ネイビーカラーのTシャツ。

荷物預け場所

会場には無料の荷物預け場所がある。アスリートビブスと同じ番号のタグを付けて預けるスタイルだ。

レース攻略

ここからは「国境マラソンIN対馬」のハーフの部の様子を紹介する。

コースマップ

ハーフマラソンの部は、三宇田海水浴場から泉→豊→鰐浦→大浦→比田勝→西泊をめぐり、対馬の北部をぐるりと1周する。以下は会場にあったコースマップ。

スタート〜中間地点

アップダウンの激しいコースでスタート直後から坂を上っていく。

峠を越えると海辺に出る。

対馬は地理的に朝鮮半島に近く、韓国人観光客が多く訪れる。韓国からの参加者も多いのか、街中の標識やマラソン大会の看板は日韓二か国語表記のものが多かった。

6km地点。長閑な海辺の集落を駆け抜ける。

唯一の折り返し地点。坂を上って下るため、精神的にシンドい。

8kmあたりにある「国境トンネル」。トンネルの向こうは韓国、ではなく韓国に面した海辺が広がる。近くに「韓国展望台」もあった。

百済国の顕彰碑も立っている。

鰐浦の集落を駆け抜ける。独特な様式の木造建築が軒を連ねる。この辺りは住民の方々の声援も熱かった。

10km地点。急にスコールのような雨が降ってきた。

トンネルを抜けるとやっと中間地点。

中間地点〜ゴール

鰐浦から大浦に向かって西側の海岸線を走る。風は穏やかだが、日差しが強くなりペースがどんどん落ちてきた。

13km地点。コースのほとんどは交通規制がないため、普通に自動車が走っている。

14kmあたりから長い上り坂が続く。ハーフマラソン最大の難所で標高差約50mのアップダウンがある。

大浦から比田勝へ。

海上自衛隊の方に応援いただいた。参加者も海上自衛隊のユニフォームを着た方が多かった。

ラスト3km。西泊方面を経由して三宇田海水浴場を目指す。

高低差約30mの坂道を上ってゆく。

坂を上り切ると視界が開けて、美しい海岸線が一望できる。

途中、日露戦争の「日本海海戦記念碑」の横を通過する。

最後に坂を下り、三宇田海水浴場でゴール。

結果は1時間34分29秒

完走タイムはグロスで1時間34分29秒だった。今回はアップダウンの激しいコースなので目標タイムは設定せず、調子を見ながら走ることにした。平坦な場所だと4:10〜4:15/kmで走れるが、坂道だと4:30〜4:40/kmまでペースダウンしてしまう。

参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

ゴールの後で

ゴールの後はスポーツドリンクと記録証を受け取る。そして参加キットに入っていたお弁当引換券でご当地グルメの「上対馬とんちゃん弁当」をいただく。

三宇田海水浴場に設置されたテントで海を眺めながらお弁当をいただいた。

その後、会場の隣にある日帰り入浴施設「上対馬温泉渚の湯」で汗を流してきた。入湯料は600円。

レースの準備と装備品

今回は「信州安曇野ハーフマラソン2022」の3週間後のレースとなる。毎年6〜8月は気温が高くなるため、タイムは狙わず、熱中症に気をつけながら走るようにしている。

宿は「花海荘」

今回は、会場の三宇田海水浴場から約2kmほど離れた「花海荘」に宿泊した。フライトの欠航で到着時間が21時になってしまったにも関わらず別室で夕食を用意いただいたり、レース当日は車で会場へ送っていただいたり、至れり尽くせりだった。

シューズは「ハイペリオンエリート3」

ランニングシューズは2022年6月に発売されたばかりの「ハイペリオンエリート3」を着用した。走行安定性が極めて高く、特に下り坂では変にブレーキをかけずスムーズに走ることができた。

ランニングウォッチは「Forerunner 255S」

2022年6月に発売されたばかりの「Forerunner 255S」を初めてレースで着用。軽くてコンパクトだが、ディスプレイは見やすく、ペースを掴むのに役立った。

ランニングキャップは「ランオールメッシュキャップ」

レース当日は気温が高くなることを想定し、通気性に優れたザノースフェイスの「ランオールメッシュキャップ」を選んだ。キャップ全体にメッシュ素材を使用しており、汗をかいても無帽の時と同じくらい快適。

サングラスは「FERRY」

サングラスはAmazonで購入した「FERRY偏光レンズ」。2本入りで定価2,480円だがモノはしっかりしている。アウトドアシーン別に5種類のレンズが交換でき、今回はランニング・サイクリングに最適なブルー系のレンズを使用。冬はスキーでも重宝した。

#長崎県

とも

2022年6月に発売されたガーミンの新しいランニング時計「Forerunner 255S」を紹介する。なぜハイエンドモデルの「955」ではなく、通常サイズの「255」でもなく、コンパクトサイズの「255S」を選んだのかも併せて解説したい。続きを読む

ガーミン Forerunner 255」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。