【レビュー】レック 省スペース 靴スタンドで、ランニングシューズの収納問題を解決!

>

マラソンブロガーのともです。

ランニングシューズが多過ぎて下駄箱に収納しきれず、困った…。そんな悩みを解決してくれたのが、アイデア商品でお馴染みのレックが作った靴スタンド。下駄箱の収納率が33%も向上しました!

この記事では、下駄箱の収納率を改善する「レック 省スペース 靴スタンド」を紹介します。

省スペース 靴スタンドを選ぶ理由

僕は物欲の少ない人間だと自覚していますが、ランニングシューズだけは例外です。これまでに購入したランニングシューズのコレクションはこちら

一番困っているのは、ランニングシューズの収納スペース。玄関のシューズボックスはすでに満席状態。以下の写真のように、フロアにも溢れかえっている状態です…。

当然、妻はハッピーではなく「どうにかして!」と、いつも言われています。

今回紹介する「レック 省スペース 靴スタンド」の特徴は以下のとおり。

  • 約半分のスペースに1足分が収納できる
  • 上の靴がズレ落ちないストッパー付き
  • 手前に取り出しやすい持ち手穴付き
  • 男女靴兼用サイズ

これを使って、ランニングシューズの収納問題を解決してみます。

外観と仕様

それでは、「レック 省スペース 靴スタンド」を詳しく見ていきましょう!

こちらが1パック(6個入り)のパッケージ。

まず、シューズを収納する前に、ちょっとした作業が必要です。表の部分に付いてるプラスチックのパーツをパカッと外します。プラモデルのパーツを取り出すのと同じ要領です。

プラスチックのパーツを隙間に押し込みます。上の靴がズレ落ちないようにするための、ストッパーの役割を果たします。

シューズを収納してみます。以下は、「Hoka One One Clifton 6」。

僕が持っているシューズの中でもボリューム感がありますが、余裕で収納できました。ちなみにサイズは25.5cmです。

こんな感じでランニングシューズを収納していきます!

使ってみた感想

実際に「レック 省スペース 靴スタンド」を使ってみた感想です。

今回は試しに6足分のランニングシューズを整理してみました。収納率が上がるだけでなく、シューズが取り出しやすくなるメリットもあります。気に入ったので、早速2パック(12個)を追加で注文しました。

それでは、ビフォー・アフターをご覧ください!

ビフォー

1段につき2足平置きし、3段で6足分のランニングシューズを収納しています。

アフター

1段につき4足収納できました。ただし、平置きよりも高さがあるので、3段のスペースを2段に変更。それでも、全部で8足分のランニングシューズが収納できるようになりま
した。

単純計算で収納率が33%アップしました!

紹介動画もあわせてどうぞ!

よくある質問

どこで買えますか?

Amazonなどのネット通販で購入することができます。

まとめ

以上、下駄箱の収納率を改善する「レック 省スペース 靴スタンド」を紹介しました。

ランニングシューズが多過ぎて下駄箱に収納しきれず、困った…。そんな悩みを解決してくれたのが、アイデア商品でお馴染みのレックが作った靴スタンド。下駄箱の収納率が33%も向上しました!