読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

【徹底レビュー】レック 省スペース 靴スタンド。ランニングシューズの収納率が33%向上!

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

我が家の玄関のシューズボックス(下駄箱)は家族四人分の靴で埋め尽くされており、その半分以上は僕のランニングシューズ。

入り切らないランニングシューズは、玄関の床を占拠しはじめています。さすがに妻の堪忍袋の緒が切れそうなので、アイデア商品でおなじみのレック株式会社の「省スペース 靴スタンド」を購入し、改善を図りました。

すると、シューズボックスの収納率が33%も向上しました!その一部始終をお届けします。

シューズボックスの収納問題

僕は物欲の少ない人間だと自覚していますが、ランニングシューズだけは例外です。2018年はランニングシューズを14足購入し、今も月イチくらいのペースで増え続けています。

これまでに購入したランニングシューズのコレクションはこちら

一番困っているのは、ランニングシューズの収納スペースです。玄関のシューズボックスはすでに満室状態。以下の写真のように、フロアにも溢れかえっている状態です…。

当然、妻はハッピーではなく「どうにかしてくれ」と言われ続けています。

靴スタンドの特徴

というわけで、Amazonで「レック 省スペース 靴スタンド」を購入しました。僕が注文した時は、6個入りで999円(税込)でした。

こちらが届いた商品です。

特徴は以下のとおり。

  • 約半分のスペースに1足分が収納できる
  • 上の靴がズレ落ちないストッパー付き
  • 手前に取り出しやすい持ち手穴付き
  • 男女靴兼用サイズ

それでは、詳しく見ていきましょう。

靴スタンドの設置方法

まず、シューズを収納する前に、ちょっとした作業が必要です。

表の部分に付いてるプラスチックのパーツをパカッと外します。プラモデルのパーツを取り出すのと同じ要領です。

プラスチックのパーツを隙間に押し込みます。上の靴がズレ落ちないようにするための、ストッパーの役割を果たします。

シューズを収納してみます。以下はホカオネオネの「クリフトン6」。

僕が持っているシューズの中でもボリューム感がありますが、余裕で収納できました。ちなみにサイズは25.5cmです。

こんな感じでランニングシューズを収納していきます!

収納率が50%向上!

今回は試しに6足分のランニングシューズを整理してみました。

それでは、ビフォー・アフターをご覧ください!

ビフォー

1段につき2足平置きし、3段で6足分のランニングシューズを収納しています。

アフター

1段につき4足収納できました。ただし、平置きよりも高さがあるので、3段のスペースを2段に変更。それでも、全部で8足分のランニングシューズが収納できるようになりました。

単純計算で収納率が33%アップしました!

さいごに

収納率が上がるだけでなく、シューズが取り出しやすくなるメリットも!早速、2パック12個を追加注文しました。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run