読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

メディフォーム イテン【徹底レビュー】スピードも故障予防も妥協しないシューズ

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

「走るリカバリーシューズ」として有名なMedifoam(メディフォーム)のレース用ランニングシューズ、Iten(イテン)を購入しました。

メディフォームは「瞬足」など子ども向けシューズでお馴染みのアキレス株式会社が展開する、ランニングシューズのブランド。故障予防やリカバリーに特化したシューズ作りに定評があります。

今回購入した「Iten」は、サブ3やサブ3を狙うランナーが主なターゲットですが、4分/kmペースのスピード走やインターバル走を走るランナーにもおすすめです。

実際に練習で使用した感想をもとに「Iten」の特徴・履き心地・耐久性についてわかりやすく解説します。

Itenを選ぶ理由

スピードも故障予防も妥協しないシューズ

僕が「Iten」を購入した最大の理由は、スピード走やロングインターバル(1000m〜3000m)を走る際に、故障しにくいランニングシューズが欲しかったから。

長距離走なら、練習では故障予防にホカオネオネの超厚底シューズ「クリフトン5」や、アシックスの「メタライド」を履いていますが、あくまでもジョギングペースでの使用に留まります。

スピード重視の練習ではニューバランスの「Hanzo V2」やナイキの「ペガサスターボ」を履いていますが、脚にある程度のダメージは残ります。

そういう意味で、スピードを重視したいけれど、故障予防やリカバリーも妥協したくない、という僕の要求を満たしてくれるのが、Medifoamの「Iten」でした。

独自開発の素材「Medifoam」

ランニングシューズのマーケットにおいてアキレス株式会社の Medifoamはニッチな存在です。恐らくランナーの中でも知っている人の方が少ないのではないでしょうか。

ただし、故障予防やリカバリーに特化しており、シューズ作りのコンセプトが非常に明確です。リカバリーシューズといえば、Medifoamですから。

Medifoamはアキレス株式会社のランニングシューズのブランドであると同時に、シューズに使われている素材の名称でもあります。

Medical(医療の)とFoam(発泡体)を組み合わせた言葉で、衝撃吸収性、反発弾性、耐久性に優れた特性を持つ、アキレス自社開発のPU素材です。

実験データによると、高さ10mから厚さ約30mmの「Medifoam」シートに生卵を落としても、生卵は割れずに5m以上跳ね上がるそうです。

産学連携

僕は自分の娘に「瞬足」を履かせているので、アキレス株式会社のランニングシューズには、もともと興味がありました。

アキレスは順天堂大学と共同研究・開発しており、回購入した「Iten」も順天堂大学と共同で実証実験を行なっています。

「Iten」の存在を初めて知ったのは、東京マラソン2019 EXPO会場でMedifoamの出展ブースを見かけたのがきっかけでした。

動画ハイライト

外観・スペック

Medifoamのランニングシューズを購入するのは今回が初めて。アマゾンで注文して、翌日に届きました。ちょうど15%OFFセールを実施していたので、お得に購入できました。

外観

横(外側)から見た写真。ストライプの後ろにMedifoamのロゴ「mf」が隠れています。

横(内側)から見た写真。ストライプの後ろに「medifoam」の文字が隠れています。

真上から見た写真。アキレス腱周りのサポートが充実しています。

真下から見た写真。カカトとフォアフットにラバー素材が装着されています。

インナーの写真。触った感じはペラペラでした。

カラー・サイズ・重さ

以下は「Iten」のプレスリリース記事より。

カラーは、Tangerine(オレンジ)、Ocean(グリーン)、Blue(ブルー)の三色展開。

サイズは、TangerineとOceanが22.5cm〜29.0cm、Blueが25.0cm〜29.0cm。

重さは26.5cmの公式値は188gです。

僕が購入した25.5cmの実測値は184gでした。

Melosとの違い

「Iten」の発売と同時期に「Melos」というモデルも発売されています。

主な違いは、シューズの裏側の使用。「Melos」は樹脂スパイクが搭載されており、陸上競技場のトラックにも対応しています。

ラインアップは2タイプ6色。陸上競技場のトラックにも対応する樹脂スパイクを搭載した「MELOS」は片足177g(26.5cm時)、ランナーの聖地ケニアのイテンから名づけた「ITEN」はアウトソールがオールラバーで片足188g(26.5cm時)です。ーープレスリリース

陸上競技場のトラックで使うなら「Melos」、ロードで使うなら「Iten」という使い分けが良さそうですね。

履き心地・サイズ感

アキレス腱周りのサポートが充実

「Iten」を履いてまず驚いたのは、アキレス腱周りのサポート。構造的にも、アキレス腱の部分は高さが確保されているのがわかります。

アキレス腱がしっかりとサポートされると、足全体のフィット感が高まり、シューズと足のズレを最小限に留めることが出来ます。

着地は硬い

実際に走ってみると、着地はかなり硬く感じます。しかも、地面の感覚がまったく足に伝わってこないことに驚きます。これが、生卵を10mの高さから落としても、割れずに跳ね返す Medifoamの実力なのでしょうか。

この感覚は好みが別れると思います。人によっては気持ち悪いと感じる人もいるでしょう。それでも、着地の衝撃から守られている感じはします。

ある意味、ニューバランスの「Hanzo V2」とは真逆のタイプですね。「Hanzo V2」は、シューズを履いていても、地面の様子がダイレクトに伝わってきます。

最適ペースは4分/km前後

実際にペースを変えて「Iten」の走りを検証してみました。あくまでも僕個人の感想ですが、3’50/km〜4’30/kmが「Iten」を履いて快適に走れるペースです。

3’50/kmよりもペースが速くなると、反発力不足を感じました。リカバリーシューズの限界なのかもしれません。

サイズ感

僕は基本的に25.5cmを履いていますが、「Iten」も同じ25.5cmでぴったりでした。つま先の部分は見た目以上に幅があり、スペースに余裕を感じられます。

参考までに、僕が履いているランニングシューズのサイズは以下のとおりです。

耐久性レポート

ここでからは、「Iten」を履いて気づいたことを定期的に更新していきます。

購入ガイド

「Iten」は、全国のスポーツショップやアキレス公式オンラインストアアマゾンなどのネット通販で購入できます。

さいごに

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)です。マラソンがライフワークの36歳。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。夢は、福岡国際マラソン出場と、非エリート系プロランナーになること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎

読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run