読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ITENレビュー:サイズ25.5cm、重さ184g

▶︎ #ランニングシューズ#アキレス

ITEN(イテン)は「走るリカバリーシューズ」をコンセプトにしたアキレスのランニングシューズ。衝撃吸収性に優れたMEDIFOAM(メディフォーム)素材をミッドソールに採用し、サブ3を目指すランナーをターゲット層にしている。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

この記事の目次

走るリカバリーシューズ

今回紹介する「ITEN」を作っているのはアキレス株式会社という日本のシューズメーカー。小学生向けのシューズ「瞬足」など、ユニークな切り口でのプロダクト開発に定評がある。

スピードも故障予防も妥協しないシューズ

マラソンのトレーニングでは、インターバル走やペース走など負荷の高い練習が求められる一方で、負荷をかけすぎる故障のリスクにさらされるというジレンマがある。

今回「ITEN」に注目した理由は「スピードを重視したいけれど故障予防やリカバリーも妥協したくない」、そんなワガママに答えてくれそうなシューズだからだ。

独自開発の素材「MEDIFOAM」

ITEN」の最大の武器が、アキレスが開発したMEDIFOAM(メディフォーム)という素材。Medical(医療の)とFoam(発泡体)を組み合わせた造語で、衝撃吸収性、反発弾性、耐久性に優れた特性を持つのが特徴だ。

同社の実験データによると、高さ10mから厚さ約30mmのMEDIFOAMシートに生卵を落としても、生卵は割れずに5m以上跳ね上がるとのこと。生卵が割れないくらい、足にも優しいということだ。

デザインとスペック

それでは「ITEN」を詳しく見ていこう。

まずは横(外側)から見た写真。ストライプの後ろにMEDIFOAMのロゴである「mf」が隠れている。

横(内側)から見た写真。ストライプの後ろに「medifoam」の文字が隠れている。

真上から見た写真。アキレス腱周りのサポートが充実している。

靴底。カカトとフォアフットにラバー素材が配置されている。

インナー。触った感じはペラペラだった。

僕が購入したメンズ25.5cmの重さは実測値で184gだった。

ITENの評価

実際に「ITEN」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

アキレス腱周りのサポートが充実

まず驚いたのは、アキレス腱周りのサポート。写真を見ると、アキレス腱の部分は高さが確保されているのが分かる。アキレス腱がしっかりとサポートされると、足全体のフィット感が高まり、シューズと足のズレを最小限に留めることができる。

着地は硬い

着地はかなり硬く感じる。しかも地面の感覚がまったく足に伝わってこない。これが、生卵を10mの高さから落としても、割れずに跳ね返すMEDIFOAMの実力なのか。

最適ペースは3:50/km〜4:30/km

あくまでも僕個人の感想だが、3:50/km〜4:30/kmが快適に走れるペースだった。3:50/kmよりもペースが速くなると反発力不足を感じた。

ロングインターバルの頼れる相棒

ロードでロングインターバル走(1000〜3000m)をやる時に「ITEN」を履いている。走った後のダメージが少ないのが良い。

この記事で紹介したモノ

MEDIFOAM ITEN

関連記事

ITEN 2レビュー:サイズ26.0cm、重さ188g

株主優待:アキレス「瞬足」などランニングシューズが最大5割引に

#アキレス

ピックアップ

東急スポーツオアシス リセットポール レビュー:絶妙な弾力性

自己紹介:マラソンブロガーの誕生秘話と主な活動内容

マラソン完走タイムと月間走行距離:目安はサブ4が150km、サブ3が250km

R1デイリー・ボトム レビュー:タイツより暖かく、フリースパンツより快適

AGILE 250レビュー:ランニング用ウエストポーチの決定版

2021年に買ったランニングアイテム10選:おすすめは「AfterShokz Aeropex」

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画