自費レビュー|三笠 スポーツソックス:コスパ最強な足袋

ソックス

創業1962年の老舗靴下メーカーが作ったランニング用の足袋ソックス。国産メイド・イン・ジャパンがユニクロの靴下並みの値段で手に入る。

購入ガイド

三笠 スポーツソックス 足袋」の最新価格を今すぐチェック!

この記事の目次

購入の決め手

三笠の「JAPANスポーツソックス」の主な特徴は以下のとおり。

  • 創業1962年の老舗靴下メーカーによる日本製ソックス
  • 左右専用設計・足裏に滑り止め付き
  • 足袋・5本指・先丸タイプが選べる
  • 定価は税込300円〜

魅力:コスパ最強

日本製のスポーツソックスが1足300円〜とユニクロの並みの安さ。Amazonでも送料込みで500円〜。

欠点:クッション性が弱い

厚手の生地が好みのランナーとしてはクッション性に物足りなさを感じる。厚底シューズと組み合わせて使うなら問題ない。

デザインとスペック

それでは「JAPANスポーツソックス」を詳しく見ていこう。

抗菌防臭加工

三菱ケミカルのアクリル繊維「ニューターフェルパークリン」を使用。繊維上の細菌の増殖を抑え、防水効果が期待できる。

左右専用設計

足にピタリとフィットするように左足・右足専用設計。

アーチサポート

土踏まずの部分はサーポート編みを採用しフィット感を高めている。

滑り止め加工

足裏にはシリコンの滑り止めを配置し、靴の中での滑りを防いでくれる。

実体験レビュー

ここからは「JAPANスポーツソックス」を実際に使ってみた感想をまとめる。

フィット感抜群

安かろう悪かろうなんじゃないかと疑っていたが、実際に履いてみたら足の形にピタリとフィットする。

サポート編みが土踏まずのカーブに沿って優しく包み込んでくれる。足先部分がメッシュなので通気性も良い。

指まわりも快適

今回は足袋タイプを選んだが、親指が隙間なくフィットして靴擦れの心配がない。

滑り止めが安定する

足裏の前足部とカカトに配置された滑り止め加工のおかげで靴と足が一体化し、足の滑りを最小限に抑えてくれる。

クッション性が弱い

全体的に生地が薄いため、クッション性は期待できない。厚手の生地が好みのランナーは物足りなさを感じるかもしれない。

レースにも使える

10kmレースの実戦で使ってみたが、スムーズに走れた。完走タイムは37分42秒。

特に足裏のグリップが力強く感じた。厚底シューズの「ナイキ ズームフライ」を履いたのでクッション性も特に問題なかった。

結論:とりあえず買って損なし

日本には高い縫製技術を持つ老舗の靴下メーカーがある。ランニングソックスのカテゴリだけでもタビオや武田レッグウェア(RxL)、コーマ(FOOTMAX)がパッと思いつく。

JAPANスポーツソックス」を作っている三笠も技術力では上の3社に引けをとらない。

しかも日本製の本格的なスポーツソックスをユニクロの靴下並みの価格で提供しているのは、すごい!としか言いようがない。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

三笠 スポーツソックス 足袋」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#ソックス

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。