2022年8月の走行距離と活動記録

月刊ともらん

走行距離は314km。淡路島1周の旅ランと「北海道マラソン2022」を走ったおかげで、楽しみながら距離を伸ばすことができた。

とも

9月も「ともらん」を宜しくお願いします!

目次と内容

走行距離は314km

久しぶりの300km超え!しかも1年で最も暑く、ランニングに不利とされる8月に。

最後に300km以上走ったのは2021年10月だった。以来、ずっと200km前後をウロウロしていた。

走行距離はそこまで重要視していないが、月間300kmは自分にとってひとつのマイルストーン。300kmを超えると「今月は頑張ったな」という実感が湧いてくる。

とはいえ、練習量を増やしたわけではなく、たまたまイベントが重なったことが大きい。

314kmのうち、約半分が8月7日〜11日に走った淡路島1周の旅ラン。そして月末には「北海道マラソン2022」でフルを完走している。

こうやって旅ランや大会をうまく活用すれば、楽しみながら距離を伸ばすことができるのか。これは発見だった。

淡路島1周

8月のハイライトは、兵庫県の淡路島を走って1周したこと。

今回は夏休みを2週間いただき、最初の5日間はひとりで淡路島を走り、残りは家族と合流して近畿地方をドライブする計画を立てていた。

しかし猛暑日が続く8月に、5日間かけてとはいえ、炎天下を150kmも走って大丈夫なのか?

新型コロナもまだ収束していないのに、熱中症で倒れて救急搬送なんかされたら淡路島の方たちに迷惑がかかる。

実は出発の2日前まで悩みに悩んだが、最後に自分の背中を押してくれたのは「人生は1度きり」という言葉だった。

走り始めると、想像していた以上に暑かった。なので熱中症予防として、氷をリュックに背負って身体を冷やし、経口補水液で水分と塩分を補給しながら走った。

そして、調子が良くても5km毎に小休憩と10km毎に30分休憩を取ることを徹底した。その結果、健康な状態で淡路島1周を走り切ることができた。

今回の旅で救いとなったのが、自販機で買うキンキンに冷えたコカ・コーラと、コンビニで買うガリガリ君。アイスは他にもいろんな種類を食べ比べたが、ガリガリ君が最強だという結論に至る。

近畿地方を走る

淡路島を1周した後、徳島空港で家族と合流して近畿地方のドライブ旅を楽しんできた。

もちろん、旅先でも走る。琵琶湖に滞在した時は「琵琶湖疏水」と呼ばれる用水路に沿って、滋賀県大津市から京都府京都市まで走ってきた。

その翌日は琵琶湖畔をゆるりとジョギングしてきた。妻と娘たちはレンタルサイクル。

午後は電車に乗って単身京都へ向かい、京都→比叡山→大津のトレイルランニングに挑戦。京都〜比叡山は、かつて修行僧が行き来していた登山ルート「雲母坂」を走って上る。

比叡山頂(大比叡)はあいにく工事中で通行止めとなっていたが、最澄ゆかりの延暦寺は観光することができた。

比叡山〜大津の登山ルートは途中で道に何度も迷い、危うく帰宅難民になるところだった。

買ってよかったもの

8月は月の半分以上を旅先で過ごしたため、ランニングアイテムを買ってレビューする時間はあまりなかった。

その中でも買ってよかったものを3つ紹介する。

アシックス アクティブリーズ半袖シャツ

東京五輪2020のために開発されたアクティブリーズ・シリーズ。高温多湿な環境下でも快適な着心地を実現するテクノロジーが凝縮されている。

淡路島1周と「北海道マラソン」で着用したが、炎天下でも快適に走り続けることができた。これから涼しくなると在庫処分で安くなると思うので、来年の夏用に買っておくと良いだろう。

経口補水パウダー ダブルエイド

淡路島1周では「経口補水パウダー ダブルエイド」にも助けられた。これは水に溶かして飲むパウダータイプだ。

経口補水はスポーツドリンクよりも塩分濃度が高く、熱中症予防の効果が高いと言われる。溶かす水の量(200〜500ml)で塩分濃度もc調整でき、とても使い勝手が良かった。

ガーミン変換アダプター

旅先ではガーミンの専用ケーブルを持ち運んでいたが、充電アダプターの給電口をまるまる1個占有するのはどうにかならないものか。

そんな悩みを解決してくれる商品をAmazonで見つけた。Type-C USBに装着するとガーミンの専用ケーブルに様変わりする変換アダプターだ。

無名ブランドで心配だったが、ちゃんと充電はできる。メインは自宅にある純正ケーブルを使用し、こちらは旅先で使う。

3度目の北海道マラソン

8月最後の週末は単身北海道に滞在し、札幌市で開催された「北海道マラソン2022」に参戦。

真夏のフルマラソンで、秋冬シーズンの初戦でもあるため、目標タイムは3時間15分。

今年4月の「かすみがうらマラソン」は2時間57分台で完走しているので控えめなタイムに見えるが、僕の中で「北海道マラソン」は最も過酷なレースのひとつ。

北海道とはいえ8月はまだ暑い。しかも2014年と2016年に走った時は、2回とも途中から歩いてしまっている。

今回は最高気温が26℃と例年よりも涼しい環境下で走れたのは良かった。結果はグロスで3時間5分44秒。いやもう上出来!

今後のレース

「北海道マラソン2022」を全力で走らなかった理由はもうひとつある。これから以下のレースが控えているからだ。

  • 2022年08月28日:北海道マラソン(フル)
  • 2022年09月25日:一関国際ハーフマラソン(ハーフ)
  • 2022年10月09日:新潟シティマラソン(フル)
  • 2022年10月23日:諏訪湖マラソン(ハーフ)
  • 2022年11月06日:富山マラソン(フル)→本命レース
  • 2022年11月20日:上尾シティハーフマラソン(ハーフ)
  • 2022年12月11日:青島太平洋マラソン(フル)

秋冬シーズンの本命レースは11月の「富山マラソン」。その前に「新潟シティマラソン」でフルマラソンをもう1本走る。

そして今年最後のフルマラソンとなる「青島太平洋マラソン」は気楽に走る予定。僕にとって、フルマラソンをガチで走るのは半年で1回が限度だ。

ハーフマラソンは2018年の「上尾シティハーフマラソン」以来、自己ベストを更新できていないので、どこかでタイムを狙いたいと考えている。

まとめ

毎年8月は走行距離が最も少なくなるのだが、今年は旅ランとレースのおかげで逆張りすることができた。

9月後半以降は2〜3週間おきにレースに出るので、体調管理をしっかりしてコンディションを整えていきたい。

とも

9月も「ともらん」を宜しくお願いします!

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ガーミンの専用ケーブルを持ち運ぶのは面倒くさい!というランナーには、Type-Cケーブルに装着するだけでガーミンが充電できる「変換アダプター」がおすすめだ。実際に「Forerunner 255S」の充電に使ってみたので紹介する。

ガーミン 変換アダプター Type-C」の最新価格を今すぐチェック!

2022年の夏休みは16日間の旅行に出かけた。フェリーでマイカーと一緒に徳島へ渡り、最初の5日間はひとりで淡路島を走って1周。その後、家族と合流して兵庫・大阪・奈良・京都・滋賀・三重をめぐるドライブ旅を楽しんできた。

#月刊ともらん

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。