ともらん

徹底解説|コンタクトレンズ:ランニングには1日使い捨てがおすすめ

僕はメガネ歴30年のド近眼だが、ランニングの時は1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使っている。

僕が使っているのは「ワンデー アキュビュー オアシス」という1日使い捨てタイプ。目が乾きにくく、外れる心配もなく、しかも手間要らずだ。

ワンデー アキュビュー オアシス」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

メガネ歴30年

僕は9歳の頃から視力が悪く、メガネ歴は30年になる。中学〜20代はメガネをかけるのがコンプレックスでコンタクトレンズを使っていた。

結婚して子どもが産まれた頃からメガネに戻った。コンタクトレンズのメンテナンスが面倒だったし、余計なコストもかからないからだ。

だが、昨年末からメガネとコンタクトを併用している。コンタクトレンズを再び使い始めたきっかけは、娘の何気ない一言だった。

「パパはメガネかけてない方がカッコいいね」

翌日、近所の眼科で検眼してもらい、コンタクトレンズ専門店アイシティで「ワンデー アキュビュー オアシス」を手に入れた。

メガネより開放的

早速、コンタクトレンズをつけたままランニングに出かけると「なんて開放的なんだろう!」と驚いた。

メガネをかけていると、視界がフレームの内側だけに限られてしまう。見える範囲は90度くらい。それがコンタクトレンズだと180度に広がる。

周囲の気配を感じやすくなるのもコンタクトレンズのメリットだ。ランニング中に後ろから自転車や自動車が近づいてくると、メガネの時よりも気づきやすくなった。

目が乾きにくい

以前は「2ウィーク アケビュー」という1枚を2週間使い続けるタイプを使用していた。

ランニングで使うとコンタクトレンズに風が直接当たるため、目が乾きやすくなるというトラブルがあった。

今回使っている「ワンデー アキュビュー オアシス」は涙に似た保湿成分を閉じ込めるので、そのような問題はまったくない。

外れる心配がない

ランニング中にコンタクトレンズが外れたらどうしよう…。そう不安に感じるランナーは多いと思うが、最新のコンタクトレンズは眼のカーブにフィットするよう設計されており、激しい運動でも外れる心配がない。

僕自身、スピード練習やマラソン大会、フィットネスクラブでのトレーニングでコンタクトレンズを使用しているが、一度も外れたことはない。

先日は「富士山マラソン」と「伊豆大島マラソン」をコンタクトレンズをつけて完走した。開放的だったのは言うまでもないが、レース後に絶景を観ながら温泉に浸かれたのは良かった。メガネを外すと何も見えないので。

万が一落としても大丈夫

コンタクトレンズが外れす心配はないが、万が一、ランニング中に落として紛失してしまっても使い捨てタイプなら大丈夫。

僕が使っている「ワンデー アキュビュー オアシス」は1日使い捨てタイプなので、毎日取り替えるし、メンテナンスの手間もない。

サングラスの選択肢が増える

コンタクトレンズを使うメリットは他にもある。

例えば、サングラスを選ぶ際、近眼だと度付きタイプに選択肢が限られてしまうが、コンタクトレンズを使用すれば、どんなサングラスでも使える。

最近、めちゃくちゃコスパの良い「FERRY 偏光グラス」を買ったのだが、僕みたいな近眼の人はコンタクトなしでは使えない。

メガネと併用で低コスト運用

ワンデー アキュビュー オアシス」は、目が乾きにくく、外れる心配もなく、しかも手間要らずだ。

唯一のデメリットは値段が安くないこと。販売価格にもよるが、目安としてはコンタクトレンズ1枚あたり100円なので、両目合わせて1日200円のコストがかかる。

まとめ買いすることでコストは下げられるし、僕の場合は毎日使わずにメガネと併用しているので、そこまで大きな出費にはならない。

2週間使い捨てタイプの方が割安だが、洗浄液などのコストやメンテナンスの手間がかかる。しかも1度使い始めたら、使い続けなくても2週間後には破棄しないといけない。

そういう意味では、使いたい時だけに使える1日使い捨てタイプは利便性がよく、コストも低く抑えることができる。

僕が使っているのは「ワンデー アキュビュー オアシス」という1日使い捨てタイプ。目が乾きにくく、外れる心配もなく、しかも手間要らずだ。

ワンデー アキュビュー オアシス」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「メガネ」に関する記事一覧