読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

▶︎ #ランニングギア#ボディケア#冬ラン

トウガラシ成分など100%天然由来の防寒クリームの「スポーツバルム(sportsbalm)」を紹介する。ランニング前に肌に塗るだけで、じんわりと温かくなり、真冬のマラソン大会におすすめ。

この記事の目次

スポーツバルムとは?

スポーツバルム(sportbalm)は、Harmeling Sportsというオランダの会社が製造・販売している。

特徴は「筋肉ケア」に特化したジェルであること。防寒を目的とした「レッド」以外にも、筋肉をいたわるラインアップが揃っている。

レッド 寒い状況で筋肉を暖かく保つ
イエロー 温かい状況でのウォーミングアップ
グリーン 運動後の適切なケアと迅速な回復
ブルー ウェアとの摩擦による皮膚へのダメージに対する保護

ジェルの成分は、トウガラシ樹脂やティーツリーエキスなどの100%天然由来の原材料。肌に直に塗るものなので、100%天然由来だと安心できる。

寒さのレベルで選べる

先日、ランニング雑誌を読んでいたら「スポーツバルム(sportsbalm)」の防寒クリーム(ホットクリーム)の広告に目が留まった。

面白いなと思ったのは、寒さのレベルに応じて3つのラインアップから選べること。

季節や気温に応じて選ぶことができ、レッド1は10〜18℃、レッド2は5〜10℃、レッド3は0〜5℃が使用の推奨温度。手のひらを使ってマッサージすると血行が促進され、ヒフがじんわり温まる。ほどよい温かさが持続するため、走りに集中しやすい。ーー『ランニングスタイル』2019年3月号

真冬のマラソン大会に使えそうだと思い、試しにAmazonで買ってみることにした。

使ってみた感想

ここからは実際に「スポーツバルム(sportsbalm)」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

ファーストインプレッション

運動するスポーツバルムを手や足などにまんべんなく塗る。取説には運動を始める15〜30分前に塗るのが良いと書いてあるが、実際にじんわり温かくなり始めるのは塗ってから1時間後から。

勝田全国マラソン

勝田全国マラソンは1年で寒さが最も厳しくなる「大寒」の時期に開催される。今回は「勝田全国マラソン2019」で「スポーツバルム(sportsbalm)」を使ってみた。

レース前の待ち時間に威力を発揮してくると期待していたが、レース当日は天候に恵まれ日向では半袖でも暖かく、スポーツバルムの効果は実感できず。

しかし、走り始めてから2時間ほど経つと日差しが隠れて気温がグッと下がり始めた。さらに「勝田全国マラソン」の名物と言われる北風が吹き付けてくる。ここでようやくスポーツバルムの本領発揮。肌がヒリヒリする一歩手前の、じんわり温かくなる感触が実感できた。

フルマラソンの場合、ハーフ地点を越えたあたりから疲れが出始め、集中力が途切れてしまうことが多い。今回はスポーツバルムを塗っていたおかげで寒さに負けずに、レース後半も集中力を維持することができた。

使いにくい点

一応、スポーツバルムの使いにくい点も挙げておく。

  • 塗った後は手がベトベトする
  • マラソン後、入浴すると肌がヒリヒリする

今回は大会会場でスポーツバルムを肌に塗ったが、手がベトベトになり、仮設トイレで手洗いしてもベトベト感が取りきれず。まあ、レース中は手がポカポカするので悪いことばかりではないが。。

この記事で紹介したモノ

sportsbalm(スポーツバルム) スポーツバルム

関連記事

冬のランニング:防寒ウェアを揃えたら、冬の月間走行距離が5割増えた話

Protect S1レビュー:マラソンの股ずれを解消するクリーム

プロテア 爪切りニッパー レビュー:マラソンの爪ケアセット

Tiger Baum Neck & Shoulder Rubレビュー:シンガポール土産の定番

#ボディケア#冬ラン

ピックアップ

ペガサス 38 レビュー:サイズ26.0cm、重さ265g

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

ストレッチフリース手袋 レビュー:薄手なのに暖かいランニング手袋

アミノバイタル ゼリー:青・赤・金の違いと飲む順番を解説

Garmin防塵プラグ:充電ポートの水濡れ・サビを防ぐキャップ

ウルトラスポーツ 反射アームバンド レビュー:3M製の高性能リフレクター

最新記事

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

12.3kmラン:春の足音 2022.1.16

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画