Zoff SPORTSレビュー:高コスパなスポーツサングラス

メガネの量販店「Zoff(ゾフ)」でランニング用のスポーツサングラスを新調してきた。好きなフレームとレンズカラーを選ぶと、最短30分で出来上がる。

メガネのシャンプー除菌EX ミンティベリーの香り

ランニングで汚れたメガネは、水洗いだけだと汗や皮脂汚れが落ちにくい。「メガネのシャンプー」をシュッとスプレーして、サッと水で流れば清潔に保てる。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

高コスパなスポーツサングラス

今回購入した「Zoff SPORTS」の特徴は以下のとおり。

  • Zoffのスポーツ専用メガネ
  • フレーム代は税込8,800円から
  • プラス3,300円でカラーレンズに変更可能
  • 度付きタイプにも対応
  • 無料ケース付き

最大の特徴は、圧倒的なコストパフォーマンスの高さ。

最上級のスポーツサングラスが欲しければ「オークリー(Oakley)」などの高級ブランドが選択肢に入るだろう。しかしエントリーモデルでも3〜4万円はするので、それなりの予算は必要。

一方で「Zoff SPORTS」は、フレーム+カラーレンズ+度付きの三点一式が税込12,100円で手に入る。しかも、デザイン、フィット感、耐久性は文句なしのクオリティ。

ちなみに僕は、2014年に「Zoff」のスポーツサングラス、2017年に「JINS」のスポーツサングラスを購入している。どちらとも今なお現役で「安い=壊れやすい」わけではない。

「オークリー」のスポーツサングラスがクルマでいうフェラーリだとしたら、メガネ量販店のスポーツサングラスは高品質・低価格の日本車のような存在。

最短30分でカスタマイズ可能

今回訪れたのは近所の「Zoff Marché コクーンシティさいたま新都心店」。

「Zoff Marché(ゾフ・マルシェ)」は、通常の「Zoff」店舗とは異なり、子供から大人までがメガネ選びを楽しめる工夫が凝らしてある。店舗デザインもポップで親しみを感じる。

スポーツ用メガネは4種類

スポーツ用メガネの専用コーナは、結構目立つ場所にある。

スポーツ用メガネは大き分けると「Zoff SPORTS」「SPORTY TYPE」「SUNGLASSES TYPE」「SLIDE TYPE」の4つのモデルを展開している。以下は公式サイトより。

今回僕が選んだのは「Zoff SPORTS」。

プラス3,300円でカラーレンズに変更可能

「Zoff SPORTS」はフレーム+レンズで税込8,800円。度付き・度なしでも値段は変わらない。

さらにオプションで3,300円追加すると50色からカラーレンズが選べる。日中のランニングにはグレー系、夜間のランニングには黄色系がおすすめとのこと。

今回カラーレンズはグレー系を選択。フレーム+カラーレンズ+度なしで税込12,100円だった。

代金を支払ってからわずか30分で自分だけのスポーツサングラスが完成した。

デザインとスペック

それでは完成品を詳しく見ていこう。

レンズは上半分がフレームで覆われ、下半分は釣り糸のようなストリングで留めてある。

フレームは頭の形に沿ってカーブしているので、装着した時にぴたりとフィットする。

フレームは細身タイプなので、ランニングキャップや骨伝導イヤフォンなどを装着しても干渉しにくい。

ヒンジの部分は厚みがあり、ちょっとした衝撃ならビクともしない。

可動式鼻パッドは、自由自在に形を変えられるので、自分の鼻にぴたりとフィットさせられる。

製造国は中国、「made in China」。

重さは実測値で22gだった。

Zoff SPORTSの評価

ここからは実際に「Zoff SPORTS」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

フィット感は文句なし

可動式鼻パッドでしっかり固定し、カーブのかかったフレームで頭部を優しくホールドすることで、抜群のフィット感と超絶快適な着け心地を実現している。

ケースが便利

「Zoff SPORTS」を買うとケースが無料で付いてくる。使わない時やバッグに収納する時に便利。

レンズの大きさ

欲を言えば、あと少し大きければ良かった。左右と下の隙間から僅かながら眩しさを感じるが、ストレスになるレベルではない。

ちなみにレンズサイズの大きい「SUNGLASSES TYPE」も試着してみたが、こちらは逆に大きすぎてレンズの下の部分が皮膚に当たってしまう。

耐久性は高そう

実は2014年にも「Zoff」のスポーツサングラスを作っている。左は2014年のもので、右は今回新調したもの。7年たった今でも基本設計が変わっていないのが分かる。両者ともフレームの上部がゴツくて耐久性の面では不安なし。

なお、左は度付きで、右は度なし。今回スポーツサングラスを新調した理由は、コンタクトレンズでランニングする時に使うサングラスが欲しかったから。

納得の高コスパ

予算に限りがなければ、もっと良いスポーツサングラスはある。しかし予算1万円台で高品質のスポーツサングラスが欲しければ、真っ先に「Zoff SPORTS」が選択肢に入るだろう。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

メガネのシャンプー除菌EX ミンティベリーの香り

ランニングで汚れたメガネは、水洗いだけだと汗や皮脂汚れが落ちにくい。「メガネのシャンプー」をシュッとスプレーして、サッと水で流れば清潔に保てる。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >