別府大分毎日マラソン2020レポート:結果は2時間58分4秒(フル)

2019年2月2日に大分県別府市で「別府大分毎日マラソン」が開催された。今回はフルマラソンの部を走ってきたので、レースの様子を詳しく紹介する。

スケッチャーズ GORUN RAZOR 3 HYPER

今回履いたスケッチャーズの「GORUN RAZOR 3 HYPER」は、程よい反発力と165gの軽さがクセになるシューズ。

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

参加資格はサブ3.5

「別府大分毎日マラソン」は、毎年2月に大分県で開催される世界的に有名なマラソン大会。主な特徴は以下のとおり。

  • 参加条件はサブ3.5
  • 定員は4000人
  • 別府市〜大分市を往来するフラットコース

最大の特徴は、中〜上級者向けのマラソン大会であること。参加資格は4つのカテゴリに分かれており、スタートラインに立つには最低でもサブ3.5の完走実績が必要。

一般的なマラソン大会と異なり、スタートブロックが厳格に区切られていたり、ランナー専用のIDがもらえたり、エリートランナーになった気分(?)が味わえる。

4つのカテゴリと基準タイム

基準タイムは「カテゴリ1」がフルマラソン2時間30分以内、「カテゴリ2」が2時間55分以内、「カテゴリ3」が3時間以内、「カテゴリ4」が3時間30分以内と定められている。カテゴリ1〜3は日本陸連登録者に限られるが、申請者全員が参加できる。

僕は「カテゴリ3」のタイムはクリアしていたが陸連登録者ではなかったので「カテゴリ4」の枠で申し込んだ。こちらは定員に対して早い者勝ちなので、クリック合戦を勝ち抜く必要がある。

湯けむりの街を駆け抜ける

別府は言わずと知れた温泉の街。街の至るところに湯けむりが立ち昇る温泉天国だ。マラソンの後に温泉で疲れを癒やし、温泉めぐりをするのも悪くない。市内には「別府タワー」や「別府地獄めぐり」などの観光名所もある。

今回はレースの前日に大分入りし、別府市内で連泊した。レースの後もホテルの温泉に浸かって疲れを癒すことができたので、時間に余裕があれば連泊をおすすめしたい。

前日は、エキスポ会場で受付をする前に「別府地獄めぐり」の7つの地獄を走って観光してきた。

フルマラソンのコース攻略

「別府大分マラソン」のフルマラソンのコースは以下のとおり。「うみたまご」の前からスタートし、まずは別府市の亀川漁港まで国道10号を往復する。再び「うみたまご」に戻ってきたら、今度は大分市の三佐田交差点まで走り、最後は大分川沿いにある大分市営陸上競技場でゴール。

全体的にフラットで直線の多いコースなので走りやすいと言える。海風が強い時もあるようだが、今回は終始穏やかだった。

ここからは、コースのハイライトを紹介する。

スタート後

今回は後方のカテゴリ4のブロックからスタートしたこともあり、最初の2kmはかなり渋滞した。集団の流れに乗って走ると4:45/kmより速く走るのは難しい。

5km

市街地に入ると沿道の応援が多くなる。5kmあたりで右手に「別府タワー」が見えてくる。

10km

最初の折り返し点である亀川漁港あたりがちょうど10km。

基本的にフラットなコースだが、折り返し地点手前が橋になっていて、ちょっとしたアップダウンがある。

中間地点

別府市を後にすると別府湾が一望できる。別府大分マラソンで一番のお気に入りポイントだ。

再び「うみたまご」に戻ってきた。

ようやく中間地点。ここから大分市の中心地を目指す。

30km

25km地点を過ぎたあたりから市街地に入る。以下は「県立大分美術館」のあたり。

30kmの手前で大分川を横断する橋に差し掛かる。ずっとフラットなコースを走ってきたので、アップダウンが疲れた脚に響く。

大分川を渡りきると30km地点を通過。ここからがフルマラソンの真骨頂だ。

35km

2月初旬にしては日差しが強く、結構汗をかいたので水分補給はこまめに取るようにした。

乙津川を渡るために橋を渡る。レース終盤だと、ちょっとしたアップダウンでもキツい。

35kmあたりに第二折り返し地点がある。

ここでUターンして大分川沿いにある「大分市営陸上競技場」を目指す。

スタートは「うみたまご」

別府大分マラソンのスタート会場は、JR別府駅からバスで10分ほどの場所にある大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。

無料シャトルバス

レース当日は、別府市内と大分市内から無料シャトルバスが運行している。今回が僕は別府駅近くの北浜エリアに前泊し、シャトルバスは北浜公園から乗車した。ホテルから徒歩1分でバスに乗れるのは助かる!

カテゴリ別で待機

バスに乗車して10分ほどで「うみたまご」に到着。カテゴリ毎に更衣室や待機場所が分かれており、今回僕がエントリーした最下位のカテゴリ4は、陸橋を渡って道路の反対側にて待機。

荷物は自衛隊のトラックへ

預入れの荷物は専用のビニール袋に入れて自衛隊のトラックに積み込むと、ここからゴール会場まで届けてくれる。

スタート30分前にスタートブロックへ

同じカテゴリ内でもスタートブロックが細かく区切られているので、早めにスタンバイして場所取りする必要はない。

スタート30分前になるとスタートブロックに整列するように指示がある。

レース展開と結果

ここからは実際に「別府大分毎日マラソン」を走ってみて気づいた点をまとめていく。

結果

完走タイムは以下のとおり。自分史上歴代2位のタイムで完走することができた。

  • ネットタイム 2時間58分4秒
  • グロスタイム 2時間59分6秒

33kmまでは4:10/kmを切るペースで順調に走った。34kmでガクッとペースダウンし、「今日はサブ3」は無理かなと諦めかけたが、ラスト3kmで復活してサブ3は死守できた。

参考までにストラバのアクティビティを貼り付けておく。

2月にしては暑い

九州だからなのか、2月初旬にしては気温が高く、日差しも強く感じだ。暑さにやられたとまでは言わないが、汗は結構かいていたので負担にはなっていたのだろう。レース当日の気温によってペースを見直すのが良いだろう。

スタート直後の渋滞

あくまでもカテゴリ4の話だが、最初の2kmは道幅が狭くて混雑する。集団の流れに乗ると4:45/kmペースが精一杯。今回は周囲の邪魔にならない程度に追い抜いて行ったら序盤から疲れてしまった。こういう時に焦りは禁物と深く反省した。

陸橋のアップダウン

基本的にフラットなコースなので、たまにある陸橋のアップダウンがキツく感じる。特に30km以降の大分川と乙津川の陸橋は「30kmの壁」とのダブルパンチが効く。

沿道の応援

余談だが、今回はレースの途中で「ともさーん!」と3回もお声がけいただいた。お会いしたこともないのにピンポイントで応援してくださるなんて、涙が出るほど嬉しかった。中には「埼玉県 ともらん」と書かれたプラカードを用意して下さった方もいた。この場を借りてお礼を申し上げたい。

祖母の声

ラスト3kmを粘れた理由は、沿道の声援がひとつ。もうひとつは、2週間前に亡くなった祖母の存在がある。サブ3を諦めかけた時に「ともくんならできるでしょ」という祖母の声が聞こえた気がした。

ゴールは「大分市営陸上競技場」

完走した後もカテゴリに分かれる

別府大分マラソンは、レースが終わってからもカテゴリによって動線が異なる。

最下位のカテゴリ4は、陸上競技場の隣にある体育館に誘導され、こちらで預けた荷物を受け取る。

ゴール会場から無料シャトルバスに乗って別府に戻った。

装備類

最後に「別府大分マラソン」で使用したシューズやウェア、ギアを紹介しよう。

今回履いたスケッチャーズの「GORUN RAZOR 3 HYPER」は程よい反発力と165gの軽さがクセになるシューズ。2019年12月の「さいたま国際マラソン」ではサブ3&自己ベスト更新に導いてくれ、今回もサブ3の2連覇に貢献してくれた。

関連情報

スケッチャーズ GORUN RAZOR 3 HYPER

今回履いたスケッチャーズの「GORUN RAZOR 3 HYPER」は、程よい反発力と165gの軽さがクセになるシューズ。