【別府地獄めぐり】7つの地獄をまわる、7kmのランニングコース

「別府地獄めぐり」とは、大分県別府市の鉄輪・亀川エリアにある7つの地獄(=温泉噴出口)をめぐること。全部制覇するには最短でも7kmあり、移動はバスやタクシーを使うのが主流。今回は「別府大分毎日マラソン」に参加したついでに、走って地獄めぐりしてきたのでその様子を紹介する。

アクセス

「別府地獄めぐり」は、以下の7つの「地獄」からなる。地獄とは温泉噴出口のことで、高温の源泉が吹き出しているのが特徴。

  1. 鬼石坊主地獄
  2. 海地獄
  3. かまど地獄
  4. 鬼山地獄
  5. 白池地獄
  6. 血の池地獄
  7. 龍巻地獄

「別府地獄めぐり」はどこから始めても良い。今回は以下のルートで制覇してきた。

別府大学駅 → 鬼石坊主地獄 → 海地獄 → かまど地獄 → 鬼山地獄 → 白池地獄 → 血の池地獄 → 龍巻地獄 → 亀川駅

移動距離に無駄がなく、7kmの道のりを約2時間半かけてまわった。もちろんそれぞれの地獄での観光も含めての時間。徒歩よりも速く、バスやタクシーよりも便利で経済的だと思う。

というわけで、まずはJR別府駅からJR別府大学駅まで電車で移動。

コース

まずは別府大学駅から出発。

ここから3kmほど、緩やかな上り坂をひたすら上へ。標高差は150mほど。正直、結構キツい…。「別府大分毎日マラソン」の前日に、こんな坂を上って大丈夫なんだろうかと心配になる。

1. 鬼石坊主地獄

まずはひとつ目の地獄、「鬼石坊主地獄」に到着。この地獄は、灰色の泥が丸くボコッと沸騰し、その様子がまるで坊主頭のように見えます。

2. 海地獄

美しいコバルトブルーが特徴の海地獄。敷地が広く、レストランや売店なども充実している。

ちなみに、海地獄の隣にある山地獄は、「別府地獄めぐり」にはカウントされない。ちょっと紛らわしい。

3. かまど地獄

かまど地獄では、「別府地獄めぐり」で一番熱い温泉を噴出している。100℃とか、ほぼ蒸気だ。

かまど地獄では源泉の熱さを体感することができ、飲泉のコーナーもある。温度は80℃。ランニングの水分補給には熱すぎる!

地獄めぐり通りを走って、次の鬼山地獄へ。

4. 鬼山地獄

別名「ワニ地獄」としても知られる鬼山地獄。7つの地獄の中で、ここが一番湯気が出ていた。


なんと鬼山地獄では、ワニを飼育しています。地獄のイメージが強まりますね!

5. 白池地獄

美しい青白の湯が特徴の白池地獄。海地獄に似ている。


白池地獄の一角には源泉で温めた池に熱帯魚を放流しています。そのさらに奥には、人喰魚のピラニアの水槽もありました。恐ろしや…。

ここからは3kmほど走り、次の血の池地獄へ。歩くと結構かかるので、バスを利用する人が多いみたい。

看板が出ているので、道に迷う心配はないが、歩道が狭いので車に注意。

途中、湯けむりの街、別府を一望できるスポットを差し掛かり、記念写真を一枚。

6. 血の池地獄

血の池地獄は、日本で最も古い天然の地獄。赤い粘土が噴出し、溜まったお湯はまさに「血の池」のごとし…。

足湯もある。疲れた脚を癒したかったが、あまり時間がないので次へ。

ちょうど循環バスが停車していた。バスは便利だけど、待つのが面倒。その点、ランニングは気楽でいい。

7. 龍巻地獄

最後の地獄、龍巻地獄に到着。特徴は「間欠泉」であること。約40分の間隔で熱湯が吹き出すわけだが、たまたま噴出している瞬間を目の当りにしました。自分の運の強さに感心する。

以上で、7つの地獄を制覇し、「別府地獄めぐり」は終了。龍巻地獄からは坂を下り、亀川駅から電車に乗って別府駅に戻った。7kmとはいえ、標高差が結構あるので思いの外疲れた。

お役立ち情報

共通観覧券がお得

「海地獄」や「血の池地獄」など有名な地獄だけを観るなら、観覧券を都度購入しても良いが、7つの地獄を全部まわるなら「共通観覧券」がお得。7枚綴りで2,000円。どの地獄でも購入することができる。

スタンプラリーが楽しい

共通観覧券を買うと、スタンプ帳がもらえる。スタンプラリーで楽しみも倍増!

今回の「別府地獄めぐり」でも、ちゃんとスタンプを押してきた。

Casa BRUTUS特別編集 温泉150