アシックス ランウォーク(Runwalk)の評価&レビュー。疲れないビジネスシューズの定番

最終更新日:

アシックスのビジネスシューズのシリーズ、ランウォーク(Runwalk)を購入したので、特徴やはき心地をご紹介します。

この記事のもくじ

アシックス ランウォーク(Runwalk)の評価&レビュー。疲れないビジネスシューズの定番

ひと言でいうと、疲れないビジネスシューズです。

見た目はビジネスシューズなのに、中身はランニングシューズ。実際に信号や街中で少しだけダッシュしてみましたが、全く違和感がありません。

ランウォークとは?

ランウォーク(Run Walk)とは、アシックスが展開するビジネスパーソン向けのシューズカテゴリです。

ランニングシューズの研究開発で培った技術を応用し、履きやすくて快適なビジネスシューズを作っています。具体的には、ランニングシューズに採用されている次のテクノロジーがランウォークに使われています。

  • オーソライト中敷を使用し、湿気の吸収・放散を繰り返す
  • かかと部分に「GEL」を内蔵し、着地時の衝撃を緩衝

見た目はビジネスシューズ、中身はランニングシューズ、といえば分かりやすいかもしれません。

見た目は完全にビジネスシューズ

ランウォークには、定番のビジネスシューズからドレスシューズまで、幅広いラインアップがあります。

今回は「チャッカーブーツ」という、ブーツタイプのモデルをアマゾンで購入しました。

好評のランウォークシリーズのチャッカーブーツタイプ。中敷には、ランニングシューズでも採用されているオーソライト中敷を採用。足裏全体のクッション性を感じることができます。また、ヒール部分にはラバーカップを採用。質感を高めると同時に、内部にクッション性と反発性を併せもつスピーバとGELを内蔵することで、着地時の衝撃を緩衝しながら優れたクッション性を発揮するRSヒール構造を採用しています。ーーアシックス公式サイトより

ただ、現物を確認せずに購入するのは怖いので、靴の試着が無料で試せる「プライムワードローブ」で注文しました。

プライムワードローブで注文

黒と茶の2足を履き比べてみましたが、茶の方の色合いが気に入り、キープすることにしました。デニムにも合いますね!

チャッカーブーツ

チャッカーブーツ

「GEL」のおかげで疲れ知らず

仕事柄、フォーマルなビジネスシューズを履く機会があまりないので、職場では普段、アシックスウォーキング「ペダラ」を履いています。

ただ、月に数回は外部のお客様との打ち合わせがあり、その時はもう少しフォーマルなビジネスシューズを履くようにしています。

これまではクラークス(Clarks)のチャッカーブーツを好んで履いてきましたが、足首がタイトな上、ヒールが高いので長時間履いていると足が疲れます。

一方で、今回履き比べたアシックスのランウォークのチャッカーブーツは、かかと部分の「GEL」素材が心地よいクッション材になり、着地時の衝撃を和らげてくれます。

チャッカーブーツ

履いていると、違いにそれほど気がつきませんが、丸一日履いた後では、足の疲れ具合が全然違います。電車の中で立っているのも苦になりません。

まとめ

唯一の欠点、というか希望は、これにゴア・テックスの防水機能を追加してほしいです。雨の日にもガンガン履ければ最強なのにな…。

しかし、1週間ほど職場に履いて行きましたが、見た目よりも耐久性がしっかりしています。