マラソンで「水ぶくれ」が出来たときの対処法と経過観察

マラソンで出来た水ぶくれは「穴を空けて、脱水したのち、バンドエイドでカバーする」のが良い。外科医の先生にいただいたアドバイスのおかげで、親指サイズほどあった足裏の水ぶくれが、処置から3日後には完治した。

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 肌色タイプ ジャンボ[Sサイズ]

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

マラソンの後の水ぶくれ

先日参加した「東京マラソン2018」は、自分史上最高のレースとなった。東京マラソンという日本一のマラソン大会で、ペースを上手くコントロールしつつ攻める時は攻め、一度も苦しむことなく、自己ベストを3分半も上回るタイムでフィニッシュ。

あまりにも上手く行きすぎて怖いな…と思っていたら、ちゃんとオチがあった。レース中に違和感を感じていた右足の足裏に、親指サイズの真っ赤な水ぶくれを発見。

東京駅から自宅までは、痛くて歩くのもままならない状態だった。

足裏の水ぶくれは痛くて歩けない…

こちらがレース後の状態。自宅に戻ってランニングソックスを脱いだら、真っ赤な水泡が出てきて驚いた。自分で見ても、もかなりグロい。

これまでに何度か水ぶくれを経験しているが、足指の側面が腫れる程度で日常生活に支障をきたすほどではなかった。しかし今回は違う。歩くときに最初に衝撃を受ける部分で、面積もかなり広い。着地の衝撃が100倍になって痛みで返ってくるような感覚だ。

外科医の先生に教えてもらった処置法

そんな中、Stravaで知り合った外科医の先生に貴重なアドバイスをいただいた。水泡は「穴を空けて、脱水したのち、バンドエイドでカバーする」と早く治るとのこと。

翌朝、いただいたアドバイスを参考に、自分で処置してみた穴を空けるための針は、ナンバーカードに付属していた安全ピンを使用。

針を刺すと、ピンク色の液体がピュピュッーと飛び出してくる。家の中に変な病原菌を撒き散らすとまずいので、ティッシュペーパーできれいに拭き取る。

液体の8割は意外と簡単に取り出せたが、残りの2割はかなり手こずった。ここまで来ると皮膚がダブついているので、絞り出すのが非常に困難。仕方なく、もう数カ所に穴を空けて液体をチョロチョロと抽出しました。それでも 1割ぐらいは最後まで残っていた。

最後に患部にバンドエイドを貼る。自宅にあった「BAND-AID ジャンボ」が患部を包むのにちょうど良いサイズだった。

その日は普通に出勤した。電車で片道1時間。昨日よりはマシだが、それでも歩くとビンビン痛みを感じる。特に駅構内の階段はツライ…。足指を丸めてなるべく患部が地面に当たらないように工夫した。

処置から3日後に完治

処置から2日後

患部からは赤味が引き、中の液体もなくなった。皮膚も少し硬くなった気がする。歩くとまだ痛みは感じますが、なんとかごまかせる程度。

処置から3日後

パッと見た感じだと水泡の後がわからないくらい回復した!痛みも収まり、歩いている時は水ぶくれがあったことすら忘れてしまう。

というわけで、処置から3日後には完治できた。水ぶくれは早めに処置したほうが、治りも早くなることが分かった。

関連情報

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 肌色タイプ ジャンボ[Sサイズ]