徹底解説|ランニングで水ぶくれ:外科医が推奨する対処法と経過観察

怪我・故障

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

マラソンで出来た「水ぶくれ」はどう処置するのがいいの?という疑問にお答えします。

初めて水ぶくれが出来た時は潰すべきか、そのまま放置すべきか、悩みますよね。

ランナーで外科医の先生にアドバイスを求めたところ、以下のアドバイスをいただきました。

  • 消毒した針で穴をあける
  • 水疱の中の水を抜く
  • バンドエイドでカバーする

教えていただいたとおりに処置したら、親指サイズほどあった足裏の水ぶくれが3日後には完治しました。

目次と内容

マラソンの後の水ぶくれ

「東京マラソン2018」は、自分史上最高のレースとなりました。

日本で最も有名なマラソン大会でペースを上手くコントロールし、一度も苦しむことなく自己ベストを3分半も上回るタイムでフィニッシュ。

あまりにも上手く行きすぎて怖いな…と思っていたら、ちゃんとオチがありました。レース中に違和感を感じていた足裏に、親指サイズの真っ赤な水ぶくれを発見。

東京駅から自宅までは、痛くて歩くのもままならない状態でした。

足裏の水ぶくれは痛くて歩けない…

こちらがレース後の状態。自宅に戻ってランニングソックスを脱いだら、真っ赤な水泡が出てきて驚きました。自分で見ても、もかなりグロいです。

これまでに足指の側面が腫れることはありましたが、足裏に水ぶくれが出来るのは初めて。足裏だと歩くたびに激痛が走ります。

外科医の先生に教えてもらった処置法

そんな中、Stravaで知り合った外科医の先生に貴重なアドバイスをいただきました。水泡は「穴を空けて、脱水したのち、バンドエイドでカバーする」と早く治るとのこと。

翌朝、いただいたアドバイスを参考に処置してみました。穴を空けるための針は、ナンバーカードに付属していた安全ピンを使用。

針を刺すと、ピンク色の液体がピュピュッーと飛び出してきました。変な病原菌を撒き散らすとまずいので、ティッシュペーパーできれいに拭き取ります。

残りの2割を取り出すのに手こずりました。皮膚がダブついて、絞り出すのが非常に困難。そこで、もう数カ所に穴を空けてチョロチョロと押し出しました。

最後にバンドエイドを貼ります。

その日は普通に出勤しました。昨日よりはマシですが、歩くとビンビン痛みを感じます。特に駅構内の階段がツラいので、足指を丸めてなるべく患部が当たらないようにしました。

処置から3日後に完治

処置から2日後、患部からは赤味が引き、皮膚が少し硬くなりました。歩くとまだ痛みは感じますが、なんとかごまかせる程度。

処置から3日後、パッと見た感じだと水泡の後がわからないくらい回復しました。痛みも収まり、歩いている時は水ぶくれがあったことすら忘れてしまいます。

おまけ

マラソンで水ぶくれが出来る主な原因は、ランニングシューズのサイズが合っていないことが挙げられます。

実は今回、Onの最速マラソンシューズの「Cloudflash」を購入し、試し履きをしないままレース当日に投入しました。

その2週間後にもハーフマラソンのレースで着用したところ、水ぶくれが出来てしまいました。

当たり前ですが、ランニングシューズはちゃんと試着してフィット感を確認することが大切です。

ネット通販だと試着しづらいイメージがありますが、返品料・返品送料無料のサイトだと自宅にいながら無料で試着できます。

Amazonの「Prime Try Before You Buy」は種類も豊富で返品も楽なのでおすすめです。

関連記事

#怪我・故障

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。