tomo.run

【ランニング中に捻挫】1週間後のフルマラソンは走れるのか?

【ランニング中に捻挫】1週間後のフルマラソンは走れるのか?

レース1週間前に右の足首をグキっと捻挫してしまいました…。ギブスで固定された足を見ながら「さすがにレースはDNSだよな」と諦めていたら「あなたはどうしたいの?走りたいの?」と先生。それから一縷の望みをかけてリハビリに励みました。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

安全祈願の直後に捻挫

「さいたま国際マラソン2018」のちょうど1週間前、レースの安全祈願を兼ねて埼玉県有数のパワースポットとして知られる大宮氷川神社へ走りに出かけました。

神社でお参りを済ませて参道を走り始めた矢先に、突然「ビリッ」という鈍い音が…。着地の際に右足が内転し、華麗に捻挫していまいました。転倒は免れたものの、右の足首に激痛が走りました。すぐにランニングを中断して、最寄りの大宮駅まで歩き、電車で帰宅しました。

マラソンの安全祈願の帰り道に捻挫したなんて、ギャグでしかないですよね。

歩くだけで激痛…

帰宅後はシャワーだけ浴びてお風呂には浸からず、患部に湿布を貼ってひと晩様子を見ることにしました。後日、こういう時は湿布を貼る前にアイシングをすべきだったと、接骨院の先生が後日教えてくれました。

翌朝、ベッドから起き上がった瞬間に右足首に激痛が走りました。真っ先に思い浮かんだのは「週末のフルマラソンは無理だな」ということ。とりあえず痛みを堪えて職場へ向かいましたが、捻挫した足で片道1時間の通勤は拷問でした。特に駅の階段の上り下りが。

ちょうどこの日は来客の予定があり、フォーマルシューズを履いていきましたが、捻挫した時はリラックスできるシューズを履くべきだと、これも接骨院の先生が後日教えてくれました。

前距腓靭帯の損傷と診断

その日は仕事を少し早めに切り上げて、自宅近所の接骨院で受診しました。結果は、捻挫による前距腓靭帯の損傷。この時点で痛みはずいぶん和らいでおり、損傷も「軽度」と診断されました。

早速、一番気になる質問を直球で投げてみました。「1週間後にレースがあるんですが、さすがに無理ですよね?」すると意外な答えが返ってきました。「あなたはどうしたいの?走りたいの?順調に治れば、走れると思いますよ」と。

ただしレースまでの運動は控えて、1週間後にぶっつけ本番。レースはテーピングで足を固定して挑むことになるそうです。意外な回答に逆に不安になりましたが、とりあえず出来ることは全てやろうと決意しました。

1週間のリハビリ

ここからはリハビリの様子を紹介します。

捻挫から2日目

診察の後は電気治療器で電流を流して炎症を抑えます。パッドの上からアイシングをしてバンドで固定。10分経つと右足首の腫れが治りました。それから患部に超音波治療器を当て、3分間じっと待ちます。

最後にテーピングと包帯で右足を90度の角度に固定します。

その他、以下の点に注意するように言われました。

  • シャワーで包帯が濡れたらドライヤーで乾かす
  • 毎朝、包帯を巻き直す
  • 足が常に固定しておく
  • 痛みを感じたら歩幅を狭くする
  • リラックスできるシューズを履く(革靴はNG)

捻挫から3日目

朝5時半に目が覚め、6時起床。起き上がっても痛みは感じず、とても良い感じでした。革靴はNGなので、安定感のあるトレランシューズを履いて職場へ。前日は辛かった駅階段の上り下りも難なく乗り越えられました。

帰宅後、包帯をスーパーのビニール袋で密閉して、右足を外に出しながらお風呂に浸かりました。シャワーの時は座りながら右足を上に置き、水で濡れないように注意します。

捻挫から4日目

朝6時半起床。ベッドから起き上がり、最初の一歩を踏み出しても痛みは感じません。昨日同様にトレランシューズを履いて職場へ。仕事が終わってから2日ぶりに接骨院を訪れました。経過は「順調」とのこと。患部の周りが黄ばんでいるのは内出血が起きている証拠で、順調に回復しているサインらしいです。

この日から包帯を外してお風呂に入ります。その際に、お湯で温めて冷水で冷やす「温冷交代浴」を5回繰り返すようにアドバイスいただきました。お風呂に入った後は、ドライヤーでテーピングを乾かす。

そして棉のパッドを当てて、包帯でグルグル巻いていく。足の角度がちょうど90度になるように。

なんとか完成。自分でやると、なんかちょっと頼りないですね。

捻挫から5日目

階段を上り下りしたり、信号で小走りしたり、足首をグルグル動かしたりしても痛みを感じません。捻挫した直後は「週末のフルマラソンは無理だろうな…」という気持ちが強かったですが、4日目にして「もしかしたら走れるかも」と希望が湧いてきました。

捻挫から6日目

朝の通勤途中に、ちょっとだけ小走りしてみましたが、痛みは感じませんでした。仕事が終わってから接骨院へ。まずは超音波温浴療法→超音波治療→電気治療を受けます。

次に、右足首の状態を診てもらいます。初診の時に比べると、腫れがずいぶん引いているとのこと。それから、直立→つま先立ち→屈伸運動→ジャンプ→ケンケンと、右足首を使ったいろんな動作を試して、痛みがないかをチェック。どれも痛みは感じません

先生の見立てでは、週末のフルマラソンは走れるだろうとのこと。明日、また来院してレース用のテーピングをしてもらうことにしました。包帯はもう外して良いとのことなので、お風呂に浸かった後は、包帯は巻かずに、テーピングのままで過ごしました。

捻挫から7日目

7時起床。調子はあいかわらず良好。「さいたま国際マラソン」の前日の親子ファンランに娘と参加しました。1.5kmなので復帰ランで様子を見るのにちょうど良い距離した。

そして午後は接骨院へ。超音波温浴療法→超音波治療→電気治療を行った後、皮下と筋膜を「はがす」ためにの吸引治療を行ないます。皮膚の上から吸引し、内出血で癒着してしまった皮下と筋膜を「はがす」ことで、足首の動きを良くなるそうです。最後に、明日のレースに向けてテーピングをしてもらいました。

あとはレースに参加するかどうかは自分次第です!

あえて「DNS」の判断

レース当日は朝5時起床。もう一度、今日のフルマラソンを「走るべき理由」と「やめるべき理由」を並べて、最終的な判断を下します。

結論は、DNS(Do Not Start)。参加はしません。

この状態であればフルマラソンはなんとか走り切れると思います。接骨院の先生も「途中で痛くなるかもしれないけど大丈夫でしょう」と言ってくれました。

しかし治療が長期化すると今後のレースにも影響が出ます。年末には2泊3日の旅ランの予定がありますし、翌月は「勝田全国マラソン2019」に参加します。というわけで今回は走りたい気持ちをグッと堪えて、応援役に徹することにしました。

その後「勝田全国マラソン2019」は無事に完走し、自己ベストを2分半も更新することができました。あの時のDNSの判断は正しかったと確認しました。