レース攻略|一関国際ハーフマラソン2022:ハーフ 1時間22分26秒

岩手県

2022年9月25日に岩手県一関で開催された「一関国際ハーフマラソン」の様子を紹介。直線が多くて走りやすいコースだが、後半のアップダウンには心が折れそうになった。

とも

3ヶ月ぶりにハーフを走りました。タイムは過去3番目に速い1時間22分36秒(ネット)でした。

目次と内容

一関国際ハーフマラソンとは?

一関国際ハーフマラソンは、毎年9月に岩手県一関市で開催されるマラソン大会。

一関市は岩手県の南端に位置し、ちょうど仙台と盛岡の中間にある。東北新幹線の停車駅は一ノ関駅で、東京駅から約2時間、仙台駅から約30分でアクセスできる。

マラソン大会の舞台となるのは、一ノ関駅から3kmほど離れた場所にある「一関市総合体育館」。

レース当日はここにスタート・ゴール地点が設置され、大会専用の無料シャトルバスが一ノ関駅〜一関市総合体育館の間を運行する。

種目はハーフマラソン(21.1km)のみ。コースは日本陸連公認。以下は大会パンフレットに載っていたコースマップ。

一関市総合体育館前に設置されたスタート地点から走り始め、東北新幹線と東北本線を越えて北西の平泉町を目指す。平泉は、あの有名な世界遺産「中尊寺金色堂」がある町だ。

平泉町で折り返し、再び東北新幹線の東側に戻る。今度はそこから北東部を目指し、15km地点で2度目の折り返し。最後に一関市総合体育館まで戻ってゴールする。

最新のコースマップは、公式サイトをチェックしよう。

遠征日程

今回は地元・埼玉から一関国際ハーフマラソンに参加するため、レース前日に現地入りして一関市内のホテルで前泊した。

レース前日

前日の日程は以下のとおり。

  • 11:09 大宮駅発
  • 12:38 一ノ関駅着
  • 13:00〜15:00 世界遺産・平泉で旅ラン
  • 16:00 ホテルにチェックイン
  • 23:00 就寝

一ノ関駅から東北本線で2駅先に平泉駅がある。世界遺産・平泉の最寄駅だ。駅のコインロッカーに荷物を預け、世界遺産をめぐる旅ランに出かけた。

天気はあいにくの雨だったが、10kmで高館義経堂→中尊寺参道→平泉ウォーキングトレイル→毛越寺→金鶏山を走ってきた。

レース当日

当日の日程は以下のとおり。

  • 07:30 起床
  • 07:40 朝食
  • 09:00 会場到着
  • 10:00 スタート
  • 12:00 ホテルに戻り、荷物を受け取る
  • 12:51 一ノ関駅発
  • 14:59 大宮駅着

今回は一ノ関駅東口から1kmほど離れた 一関ビジネスホテルに前泊した。

ホテルから会場までは2km。レース当日はシャトルバスは利用せず、ウォームアップジョグを兼ねて走って会場まで向かった。

スタートラインへ

今回、アスリートビブスと計測チップは事前に郵送されていたが、レース当日にランナーの受付がある。これをやらないと出走できないらしい。

受付締切の9時ギリギリに会場に到着し、滑り込みセーフ。はるばる岩手まで来て、受付できずにDNSだったら悲しすぎる……。

こちらは一関市総合体育館。館内に荷物預かり所や更衣室があった。

スタートラインの整列時間が分からなかったので係の方に尋ねると「そのうちアナウンスがあります」とのこと。

スタート40分前にスタートラインに移動すると、まだ設置前だった。30分前まで道路が封鎖できないらしい。

その後、交通規制が敷かれると10分ほどでスタートラインが完成した。普段あまり目にすることのない光景だった。

スタートブロックは目標タイム別に分かれており、自己申告制で並ぶ。1時間25分のブロックに整列し、軽くストレッチしながら号砲を待つ。

コース攻略

ここからはレースの様子を振り返る。

レース前半

最初の5kmは4:00/kmで様子を見ることにした。

1km地点を過ぎると、目の前に美しい田園風景が広がる。進行方向左手には東北新幹線の高架線。

高架線の下を通過し、一関市の西を目指す。しばらく走ると陸橋を上り下りして東北本線を越える。

5km地点の手前で「平泉町」の標識が目に入る。あの有名な世界遺産・平泉がある町だが、中尊寺などがあるエリアは通過しない。

6km地点で折り返し、東北新幹線の高架線まで戻る。調子が良かったので7km地点から3:50〜3:55/kmにペースアップした。

こちらは東北本線の陸橋の上から見た景色。黄金色の稲田が美しい。

日差しが強くなり、体感温度が上がってきたので水分をこまめに摂る。こちらは10km地点手前の給水所。

東北新幹線の高架線を通過すると、今度は北東を目指す。

レース後半

中間地点を過ぎると疲れがドッと出てきた。12km辺りが最も苦しく感じた。というのも北上川を越えるために、陸橋を上り下りするからだ。

一番苦しい区間でのアップダウンは辛かった。それでもなんとか4:00/kmは超えないように頑張った。

15km地点のすぐ先に2つ目の折り返し地点がある。ここを通過すると気持ちがフワッと軽くなった。

「よし、行けるところまで行こう!」と気持ちを切り替え、3:45〜3:50/kmまでペースアップした。

以降、ガーミンは見ずに自分のペース感覚を信じて走り続けた。

こちらは18km地点、北上川の陸橋から見た景色。

20km地点を通過。最後の1kmはとても長く感じた。

そして一関市総合体育館でフィニッシュ!

ゴールの後で

完走タイムは、ネットで1時間22分36秒、グロスで1時間22分35秒だった。参考までにストラバのアクティビティを載せておく。

4年前の「上尾シティハーフマラソン2018」の自己ベストは更新できなかったが、過去3番目に速いハーフマラソンのタイムだった。

死闘をつくすような走りをせずにこのタイムは上出来。練習ではここまで追い込むことは出来なかっただろう。

2週間後の「新潟シティマラソン」、そして6週間後の「富山マラソン」に向けての素晴らしい練習となった。

完走後は会場でのんびりする時間はなかった。

歩いてホテルに戻って荷物を受け取り、さらに一ノ関駅まで歩いた。帰りの新幹線ではご褒美メシに「平泉うにごはん」をいただいた。

おまけ

以上、2022年9月25日に参加した「一関国際ハーフマラソン」の様子を紹介した。

今回のレースでは、サッカニーの最速マラソンシューズ「エンドルフィンプロ3」を着用。

レビュー記事でも紹介したが、PWRRUN PBクッションを増量したことで、前作よりもカーボンプレートの反発力が生かしやすくなった。

トップスは吸汗速乾性と通気性を極限までに高めたアシックスの「ランニングACTIBREEZE半袖シャツ」を着用。

今日は日差しが強く、レース後半から汗をたくさんかいたので、アクティブリーズには助けられた。

そしてランニングウォッチは、ガーミンの「Forerunner 255S」。高性能なのに軽く、通常モデルよりも小さい「S」を選んで正解だった。

とも

3ヶ月ぶりにハーフを走りました。タイムは過去3番目に速い1時間22分36秒(ネット)でした。

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

2022年8月に発売されたサッカニーの最速マラソンシューズ「エンドルフィンプロ3」を紹介します。PWRRUN PBクッションを増量し、前作よりもカーボンプレートの反発力が生かしやすくなりました。前作から進化したポイントは以下のとおり。「とも」は発売日当日に注文しました。早速履いてみたので詳しくレビューしたいと思います。

サッカニー エンドルフィンプロ3」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

吸汗速乾性と通気性を極限までに高めたアシックスの「アクティブリーズ半袖シャツ」を紹介する。気温36℃で1時間走っても、肌にベタつかず快適な着心地をキープ。暑い夏のランニングの必需品になりそう。

ランニングACTIBREEZE半袖シャツ」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

2022年6月に発売されたガーミンの新しいランニング時計「Forerunner 255S」を紹介する。なぜハイエンドモデルの「955」ではなく、通常サイズの「255」でもなく、コンパクトサイズの「255S」を選んだのかも併せて解説したい。

ガーミン Forerunner 255」の最新価格を今すぐチェック!

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#岩手県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。