Jabra Elite Active 65tレビュー:ノイキャン・防水のワイヤレスイヤホン

仕事にもランニングにも使える万能なワイヤレスイヤホンを探していたら「Jabra Elite Active 65t」にたどり着いた。老舗オーディオメーカーだから音質はお墨付き。ノイズキャンセリングとヒアラブルに対応し、防水仕様という文句なしのスペックだ。

Jabra Elite Active 65t

この記事の著者:とも

マラソンブロガー。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

ノイキャン・防水のワイヤレスイヤホン

Jabra Elite Active 65t」の特徴は以下のとおり。

  • 左右独立型ワイヤレスイヤホン
  • 防塵・防水仕様
  • ノイズキャンセリング、ヒアラブルに対応
  • Amazon Alexaにも対応
  • 電源持続5時間

最大の特徴は、これ1台でビジネスにもランニングにも使えること。

まず、周囲の雑音を消すノイズキャンセリング(ノイキャン)機能が、通勤や出張を快適にしてくれる。職場で使えば集中力も高まる。

防塵・防水なので汗をかくスポーツにも使える。耳に装着したまま周囲の音を取り込めるヒアラブル機能があるので、街中で音楽を聴きながら走っても安心。

洗練された北欧デザイン

Jabra(ジャブラ)はデンマークのコペンハーゲンに本社を置く世界的なオーディオ機器メーカー。長年「音」に特化したプロダクトを開発しており、消費者向けのヘッドフォン、業務用ヘッドフォン、補聴器、聴覚計測機器などを製造している。

技術力にも定評があり、これまでに世界初のウルトラノイズキャンセリングマイク、世界初の Bluetooth® 対応ヘッドセット、世界初の内蔵心拍数モニター付きのスポーツ用ヘッドホンなどを開発している。

さらに、シンプルで機能的な北欧デザインを取り入れているのも特徴。「Jabra Elite Active 65t」の美しいプロダクトデザインを詳しく見ていこう。

上から、ケース兼充電器、イヤフォン本体、説明書が入っている。

他にも、交換用のイヤピースとUSB充電ケーブルが同梱されている。

こちらがイヤフォン本体。左右独立型なのでケーブルで繋がれていない。

このようにイヤフォンをケースに収納できる。

USBケーブルを繋げば、イヤフォンをケースに入れたまま充電できる。

Jabra Elite Active 65tの評価

ここからは実際に「Jabra Elite Active 65t」を使って気づいた点をまとめていく。

通勤・職場で活躍

片道1時間の通勤に「Jabra Elite Active 65t」を使っているが、電池は長持ちするし、ノイズキャンセリングは快適だし文句なしのクオリティ。職場でもノイズキャンセリングをオンにしてパソコンに向かうと目の前のタスクに集中できる。

ランニングでも快適

防水仕様なので、汗で濡れても水で洗い流せる。また、ヒアラブル機能をONにしておくと周囲の音が拾えるので安心してランニングが楽しめる。

購入する前は、「これ着けて走ったら絶対に落とすでしょ。。」と思っていたが、耳穴に差し込む「カナル型」なのでイヤホンと耳と一体になり、ランニング中にズレたり落としたりする心配はなさそう。

Alexa対応

まだちょっと時期尚早な気もするが、ボタンひとつでAlex(アレクサ)が使える。例えばランニング中に「アレクサ、ランニングにおすすめの曲を聴かせて」と話しかければ、スマホを取り出さずに音楽を聴くこともできる。

関連情報

Jabra Elite Active 65t