どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

ノイズキャンセリング、ヒアラブル、防塵・防水仕様、電源持続5時間。アスリートにとって夢のような Bluetoothワイヤレスイヤフォン(左右独立タイプ)に出会いました。

Amazon Alexaにも対応しており、ランニング中に「アレクサ、ニュースを教えて」など、声だけでニュースや音楽を聴いたりすることもできます。

その名は「Jabra Elite Active 65t」。

ぼくが 2018年に購入したガジェットの中では、間違いなく最高の一品です。それでは、2カ月使用したレビューをお届けします。

Jabra(ジャブラ)とは?

Jabraはデンマークのコペンハーゲンに本社を置く、世界的なオーディオ機器メーカー。

長年「音」に特化したプロダクトを開発しており、消費者向けのヘッドフォン、業務用ヘッドフォン、補聴器、聴覚計測機器などを製造しています。

  • 世界初のウルトラノイズキャンセリングマイク
  • 世界初の Bluetooth® 対応ヘッドセット
  • 世界初の内蔵心拍数モニター付きのスポーツ用ヘッドホン

など、数多くの世界初を手がける業界のパイオニアです。

Jabra Elite Active 65tの特徴

ここ数年、Bluetoothワイヤレスイヤフォンは目覚ましい進歩を遂げ、小型化・高性能化がどんどん進んでいます。

ぼくが初めて買ったワイヤレスイヤフォンは「JayBird BlueBuds X」。左右がケーブルで繋がれたタイプで、着けていることを忘れるくらい軽かったのを今でも覚えています。

その後、左右独立タイプの「Jaybird RUN 完全ワイヤレスイヤホン」を買おうか悩みましたが、電源持続時間や音質に100%満足できず、しばらく様子を見ることにしました。

通勤用にノイズキャンセリング機能が欲しかったのも、購入を見送った理由のひとつです。

そんな中、2018年6月に発売された「Jabra Elite Active 65t」は、ぼくがワイヤレスイヤフォンに求める要件をすべて満たしていました。いや、超えていた、というのが正しいかもしれません。

電源持続5時間

ぼくが「Jabra Elite Active 65t」で一番注目したのが、電源持続5時間という点。左右独立タイプのワイヤレスイヤフォンの電源持続時間は一般的に3〜4時間です。

たかが1時間の違いですが、ぼくにとっては大きな違いです。通勤時間や職場で集中したい時、家でくつろぎたい時に聴いても、5時間もあれば充電は1日1回ですみます。

音質も妥協しない

Jabra Elite Active 65tは、イヤフォンとしての基本性能である「音」にも妥協していません。やはりそこは、オーディオ機器メーカーとしての技術と経験が生かされています。

北欧デザイン

毎日使うモノだからこそ、見た目にこだわりたい。デンマーク生まれの Jabra Elite Active 65tは、シンプルで落ち着いた北欧デザインでまとめられています。

ランナーに嬉しい機能

Jabra Elite Active 65tは、製品名に「Active」とある通り、アクティブなアスリート向けのワイヤレスイヤフォンです。

通常タイプの「Jabra Elite 65t」に比べてフィット感が向上し、防塵・防水仕様でもあるので、激しい動きを伴う運動中でも使用できます。

ここでは、ランナーの目線で Jabra Elite Active 65tの魅力を紹介します。

防水仕様

言うまでもないですが、ランニングをしていると汗をかくので防水仕様はマスト。ランニングの後は軽く水で流せるので、イヤフォンを常に清潔に保つことができます。

抜群のフィット感

購入する前は「走ったら絶対落とすでしょ…」と思っていましたが、実際に使って見るとその心配はなさそうです。

耳穴に差し込む「カナル型」なので耳と一体になりますし、イヤフォン自体の重心が位置が絶妙なので揺れることもありません。

ヒアラブル

衝撃的だったのがこれ。周囲の音が聴き取れるヒアラブル(hearable)機能が実装されています。専用のアプリで設定すれば、音楽を聴きながら、周りの音も拾ってくれます。

これなら、街中を走っていても安心です。

ビジネスシーンでも大活躍

Jabra Elite Active 65tは、ビジネスシーンでも大いに活躍してくれます。

ノイズキャンセリング

自分がイヤフォン選びで重視するのはノイズキャンセリング機能

これがあると、毎日の通勤時間や出張の移動時間が快適に過ごせます。満員電車でもノイズキャンセリングをオンにしておけば、読書や考え事がはかどりますし、目をつむればリラックスできます。職場でも集中したい時は、ノイズキャンセリングをオンにしてパソコンに向かっています。

Amazon Alexa

まだちょっと時期尚早な気もしますが、Jabra Elite Active 65tではボタンひとつで Amazon Alexaが使えます。

テレビCMでご覧になった方も多いと思いますが、Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)は、声だけでニュースや音楽を聴いたり、ゲームやクイズを楽しんだりできる機能。

例えばランニング中に「アレクサ、ランニングにおすすめの曲を聴かせて」と話しかければ、スマホを取り出さずに音楽を聴くこともできます。

まとめ

最初は通勤時間のストレスを軽減するために購入した「Jabra Elite Active 65t」。2カ月間、毎日使い倒してみると、ランニングやビジネスシーンでもフル活用できることがわかりました。

価格は2万円以上なので、安くはありません。ただし、1台でマルチな用途をこなせているので、個人的には高すぎるとは思いません。その価値に十分見合った価格だと感じています。

Jabra Elite Active 65t

この記事を読んで走りたくなったら

Jabra Elite Active 65t レビュー&評価:アスリート向けイヤフォンの決定版」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!