読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

On(オン)Weather Shirt【徹底レビュー】冬のランニングに快適な長袖トップス

Updated

どうも!マラソンブロガーのtomo(とも)です。

防寒性とデザイン性を両立したランニングトップスが欲しかったので、On(オン)の長袖トップス「Weather Shirt」を購入しました。

実際に使ってみると、肌触りが良くて肌寒い日のランニングでもポッカポカ。サムホールやウォッチウィンドウ、ジッパー付きポケットなど、ランナーの細やかなニーズを満たしてくれる工夫に感動しました!

Onを選ぶ理由

On(オン)は、スイス生まれの高機能ランニングシューズ&ウェアのメーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発した同社のシューズは、今やランニングシューズのメジャーブランドと言っても過言ではありません。

最近はランニングウェアにも力を入れており、ラインアップ数は少ないものの、ランナーのきめ細かなニーズを満たしてくれるトップスやボトムスソックスキャップを販売しています。

新作の「Weather Shirt」も、肌寒い日のランニングを快適にする工夫が随所に施されています。

外観・特徴

それでは、「Weather Shirt」の特徴を見ていきましょう。

ジッパー付きハイネック

首をしっかりと守ってくれるハイネック仕様。ファスナーが喉に当たらない設計になっています。こういうちょっとした気配りが嬉しい。

反射材のロゴ

左下には、「On」のロゴが入っています。反射材なので、暗い夜道でも安心。

肌触りの良い素材

メインファブリックの素材は、ポリエステル(79%)とレーヨン(21%)。伸縮性に優れ、肌触りが良いのが特徴です。

ジッパー付きポケット

右下の脇腹のあたりに、ジッパー付きのポケットがひとつ。小銭や鍵などの小物はもちろん、iPhone 11 Proもちょっと無理すればギリギリ入ります。

手首周りのサポート

一番のお気に入りポイントは、手首周りのサポート。サムホールとウォッチホールが付いている上に、汗を吸収しやすい素材が使われています。

ストレッチがキツすぎ、ユルすぎないので、腕まくりをしても快適です。

サムホール

親指(サム)だけを出す穴(ホール)が付いているので、手袋の代わりとしても使えます!

ウォッチホール

さらに感動したのが、ランニングウォッチのディスプレイが出せるウォッチホール。これを思いついた人はすごい!

サイズ感・使用感

今回はメンズの「Sサイズ」を選びました。細身・身長170cmの僕だと、ゆったりめのサイズです。

実際に使ってみた感想としては、やはり肌触りが良いですね。長距離ランの場合は肌が擦れたりしますが、「Weather Shirt」ならその心配はありません。

腕の動きが自由なのも嬉しい。腕振りで素材が引っ張られる感じがしません。立体構造のおかげですね。

ジッパー付きポケットは便利ですが、スマホなど重たいものを入れると上下動が激しくなるので、小物入れとして使うのがベスト。

ウォッチホールは小さめの穴なので、「fenix 6X」だとギリギリ顔を出せる感じ。でも、無いよりはあったほうが断然良い。

さいごに

肌寒い日は、これ一枚着ていれば大丈夫。

この記事をシェアしていただけると嬉しいです!

Profile

tomo(とも)。マラソンがライフワークの36歳。マラソンブロガー・外資系会社員・二児パパ。夢は福岡国際マラソンに出場すること。

プロフィール詳細 ▶︎

当ブログに関するお問い合せは、以下よりお願いします。

お問い合わせ詳細 ▶︎

Twitter

ランニングに役立つユニークな情報をつぶやいています。フォロー・解除はお気軽にどうぞ!

ツイートをチェック ▶︎

YouTube

ランニング動画を撮っています。チャンネル登録してもらえると大変嬉しいです!

チャンネルをチェック ▶︎

Strava

練習やレースはガーミン時計で記録し、ストラバでアクティビティを一元管理しています。ぜひ、ラン友になりましょう!

アクティビティをチェック▶︎