Weather Shirtレビュー:On の冬ラン用長袖トップス

Onの「Weather Shirts(ウェザーシャツ)」は、肌触りが良くて肌寒い日のランニングでもポッカポカ。サムホールやウォッチウィンドウ、ジッパー付きポケットなど、ランナーの細やかなニーズを満たしてくれる工夫に感動しまくりだった。

On Weather Shirt

この記事の目次

ランニングに快適な長袖トップス

On(オン)は、スイス生まれの高機能ランニングシューズ・ウェアのメーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発した同社のシューズは、今やランニングシューズのメジャーブランドになりつつある。

最近はランニングウェアにも力を入れており、今回紹介する「Weather Shirt」はロングスリーブの定番モデルのひとつ。主な特徴は以下のとおり。

特に感動したのが、サムホールとウォッチホールが一体になっていること。手首を寒さから守りつつ、袖をめくらずにランニングウォッチが使える構造なので、冬のランニングでも快適だ。

サムホールとウォッチホール

それでは「Weather Shirt」を詳しく見ていこう。

首をしっかりと守ってくれるジッパー式ハイネック仕様。ファスナーが喉に当たらない設計になっている。こういうちょっとした気配りが嬉しい。

左下には、「On」のロゴが入っている。反射材なので、暗い夜道でも安心。

メインファブリックの素材は、ポリエステル(79%)とレーヨン(21%)。伸縮性に優れ、肌触りが良い。

右下の脇腹にジッパー式付きのポケットを配置。小銭や鍵などの小物はもちろん「iPhone 11 Pro」も無理すればギリギリ入る。

一番のお気に入りポイントは手首周りのサポート。サムホールとウォッチホールが付いている上に、汗を吸収しやすい素材が使われている。

ストレッチがキツすぎ、ユルすぎないので、腕まくりをしても快適。

サムホール(thumb hole)は、親指だけを出す穴。手袋の代わりとしても使える。


ウォッチホール(watch hole)はランニングウォッチのディスプレイが出せる。腕捲りをせずに操作できるので寒い冬でも手首が暖かい。


Weather Shirtの評価

実際に「Weather Shirt」使ってみた感想としては、まず肌触りが良さを実感する。長距離ランの場合は肌が擦れたりするが「Weather Shirt」ならその心配はない。

生地に伸縮性があるので、腕の動きが自由なのも嬉しい。腕振りの動きの妨げにならないので、ストレスフリーで走り続けられる。

ジッパー付きポケットは便利だが、スマホなど重たいものを入れると上下動が激しくなるので、カギや小銭など小物入れとして使うのが良さそうだ。

サムホールは使い勝手が良いが、真冬だと手袋が欲しくなる。

ウォッチホールはビッグサイズの「Garmin fenix 6X」でもディスプレイが出せて便利。

On Weather Shirt