徹底レビュー|On Weather Shirt:機能的な長袖トップス

Onの「Weather Shirts(ウェザーシャツ)」は、肌触りが良くて肌寒い日のランニングでもポッカポカ。サムホールやウォッチウィンドウ、ジッパー付きポケットなど、ランナーの細やかなニーズを満たしてくれる工夫に感動しまくりだった。

#On#ミッドレイヤー

とも

On Weather Shirt」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

ランニングに快適な長袖トップス

On(オン)は、スイス生まれの高機能ランニングシューズ・ウェアのメーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発した同社のシューズは、今やランニングシューズのメジャーブランドになりつつある。

最近はランニングウェアにも力を入れており、今回紹介する「Weather Shirt」はロングスリーブの定番モデルのひとつ。主な特徴は以下のとおり。

  • 最新技術を使った生地が温度を調節
  • 手を寒さから守るサムホール付き
  • スマートウォッチがチェックできるウォッチウィンドウ付き

特に感動したのが、サムホールとウォッチホールが一体になっていること。手首を寒さから守りつつ、袖をめくらずにランニングウォッチが使える構造なので、冬のランニングでも快適だ。

サムホールとウォッチホール

それでは「Weather Shirt」を詳しく見ていこう。

首をしっかりと守ってくれるジッパー式ハイネック仕様。ファスナーが喉に当たらない設計になっている。こういうちょっとした気配りが嬉しい。

左下には、「On」のロゴが入っている。反射材なので、暗い夜道でも安心。

メインファブリックの素材は、ポリエステル(79%)とレーヨン(21%)。伸縮性に優れ、肌触りが良い。

右下の脇腹にジッパー式付きのポケットを配置。小銭や鍵などの小物はもちろん「iPhone 11 Pro」も無理すればギリギリ入る。

一番のお気に入りポイントは手首周りのサポート。サムホールとウォッチホールが付いている上に、汗を吸収しやすい素材が使われている。

ストレッチがキツすぎ、ユルすぎないので、腕まくりをしても快適。

サムホール(thumb hole)は、親指だけを出す穴。手袋の代わりとしても使える。

ウォッチホール(watch hole)はランニングウォッチのディスプレイが出せる。腕捲りをせずに操作できるので寒い冬でも手首が暖かい。

Weather Shirtの評価

実際に「Weather Shirt」使ってみた感想としては、まず肌触りが良さを実感する。長距離ランの場合は肌が擦れたりするが「Weather Shirt」ならその心配はない。

生地に伸縮性があるので、腕の動きが自由なのも嬉しい。腕振りの動きの妨げにならないので、ストレスフリーで走り続けられる。

ジッパー付きポケットは便利だが、スマホなど重たいものを入れると上下動が激しくなるので、カギや小銭など小物入れとして使うのが良さそうだ。

サムホールは使い勝手が良いが、真冬だと手袋が欲しくなる。

ウォッチホールはビッグサイズの「Garmin fenix 6X」でもディスプレイが出せて便利。

#On#ミッドレイヤー

とも

On Weather Shirt」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

On Trail Breaker(トレイル・ブレーカー)は秋冬におすすめのランニングウェア。2つの素材を戦略的に使い分け、前面には保温性を高めるプロテクション機能、背面は通気性に優れたベンチレーション機能を持たせている。続きを読む

On Trail Breaker」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。