サッカ二ー初のカーボンプレートを搭"/>

tomo.run

Saucony「エンドルフィンプロ(初代)」レビュー

Saucony「エンドルフィンプロ(初代)」レビュー

2020年6月に発売されたサッカニーのランニングシューズ「エンドルフィンプロ」を紹介します。

サッカニー初のカーボンプレート搭載モデルで、記録を狙いたいランナーにおすすめです。主な特徴は以下のとおり。

  • サッカ二ー初のカーボンプレートを搭載
  • 新開発のクッション素材「PWRRUN PB」を採用
  • アッパーには「FORMIT構造」を採用
  • 重さは196g(メンズ25.5cm)
  • 定価は税込19,800円

早速履いてみたのでレビューしたいと思います。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

カーボンプレート内蔵

サッカ二ーは1898年に創業したアメリカ最古のランニングの老舗ブランドです。

そんなサッカニーが2020年6月、同社初となるカーボンプレートを内蔵したランニングシューズを発売しました。

その名は「エンドルフィンプロ(ENDORPHIN PRO)」。主な特徴は以下のとおりです。

  • サッカ二ー初のカーボンプレートを搭載。
  • 新開発のクッション素材「PWRRUN PB」を採用。従来よりも40%の軽量化・88%のエナジーリターン率を実現
  • アッパーには「FORMIT構造」を採用。立体的なホールド感と高い耐久性・通気性を実現
  • 重さは196g(メンズ25.5cm)
  • 定価は税込19,800円

最大の特徴は、ミッドソールの間にS字構造のフルレングス・カーボンプレートを挟み込んでいること。これが着地時の衝撃を推進力へ変換します。

200gを切る軽さ

同時期に発売されたアシックスの「メタレーサー」と比較してみましょう。基本スペックを表にまとめました。

エンドルフィンプロメタレーサー
発売2020年6月2020年6月
重さ196g190g
ドロップ8mm9mm
ミッドソールPWRRUN PB、カーボンプレートFLYTEFOAM、カーボンプレート
アッパーFORMIT構造斜め裁断メッシュ、水抜き穴
アウトソールフォアフットを中心にグリップを配置アシックスグリップ、ウェットグリップラバースポンジ

サッカニーもアシックスもカーボンプレートを搭載するのはこれらのモデルが初めて。いずれも軽量化に成功しており、重さは200gを切ります。

「エンドルフィンプロ」のメンズ25.5cmの重さは、実測値で196gでした。

デザインとスペック

それでは「エンドルフィンプロ」を詳しく見ていきましょう。

ミッドソールには軽量化かつ耐久性に優れたカーボンプレートを内蔵。S字構造になったプレートの先端は、着地時の衝撃から推進力を生み出します。

クッション素材には、新開発の「PWRRUN PB(パワーランピービー)」を採用。サッカー二の従来のクッション素材「PWRRUN+」よりも40%の軽量化・88%のエナジーリターン率を実現しています。

見た目や触ってみた感じは発泡スチロールに近いですね。

アッパーには「FORMIT構造」を採用。立体的なホールド感と高い耐久性・通気性を実現しています。

タンはアッパーと一体化させることで抜群のフィット感を生み出しています。

クッション素材「PWRRUN PB」を覆うように、カラフルなアウトソールがフォア中心に配置。

ミッドフットは「PWRRUN PB」がむき出しになっており、「saucony」のロゴがさりげなく入っています。

立体構造でクッション性に優れたインターソールを使用。

シューレースは別カラーが付属しており、自分の好みの色にカスタマイズできます。取り替え可能なのは珍しいですね。他ではONのランニングシューズでしか見たことがありません。

参考までにショートムービーも載せておきます。。

サイズ感

「エンドルフィンプロ」のサイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:25cm~29cm/30cm
  • レディース:22.5cm~25.5cm

ランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷います。今回は25.5cmを選びましたが、幅がやや窮屈に感じるので、ワンサイズ大きい26.0cmにすれば良かったと後悔しました。

履いてみた感想

実際に「エンドルフィンプロ」を履いた感想をまとめます。

最適ペースは4:00/km前後

ある程度のスピードで走らないとカーボンプレートの反発力が生かせません。実際に走ってみた感覚だと4:30/kmより速いペースだとカーボンプレートの恩恵を感じることができます。最適ペースは4:00/km前後した。

転がして走る

「とも」が持っていうランニングシューズの中だと、ホカの「カーボンX」の履き心地に似ていますね。いずれもシューズをロッキングチェアのようにコロコロ転がして推進力に変えていきます。うまく流れに乗れれば長距離を走っても疲れにくいです。

おまけ

ランニングシューズ選びでは、ナイキやアシックス、ミズノやOnなど有名ブランドに目が行きがちですが、サッカニーもこれらに負けないぐらい魅力的なランニングシューズを作っています。

固定観念にとらわれずに、いろんなシューズを履き比べてみるのがおすすめです。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「サッカニー エンドルフィンプロ」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

サッカニー エンドルフィンプロ