徹底レビュー|タビオ レーシングランナノグリップ

タビオ(Tabio)の新作ランニングソックス「レーシングランナノグリップ」を紹介する。前作の「レーシングラン」よりも生地が薄く、グリップ性能が強化された。

#ソックス

とも

レーシングランナノグリップは、ノーマルタイプと5本指タイプの2種類から選べる。サイズは21〜23cm、23〜25cm、25〜27cm、27〜29cmの4段階。

タビオ レーシングランナノグリップ」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

目次と内容

老舗靴下メーカー「タビオ」

タビオのランニングソックスと初めて出会ったのは「長野マラソン2018」のエキスポ会場だった。

タビオが老舗靴下メーカーであることは知っていたし、直営店の「靴下屋」で靴下を買ったこともあった。でもランニングソックスを作っていることは知らなかった。

エキスポ会場の出展ブースで「レーシングラン」を手に取り、ひと目ぼれしてその場で購入。そして翌日のレースで着用してフル自己ベストを更新した。

以来「レーシングラン」を愛用し続けている。

レーシングランの新作

先日、久しぶりにタビオの公式サイトを訪れると、シリーズ最新作の「レーシングランナノグリップ」が目に留まった。特徴は以下のとおり。

  • 2021年9月に発売された「レーシングラン」の最新モデル
  • 帝人の超極細繊維「ナノフロント®︎」を採用
  • 左右非対称設計
  • ノーマルタイプと5本指タイプが選べる
  • 定価は税込2,200円

これはもう即買い。タビオの製品はAmazonなどのネット通販サイトの方が入手しやすいが、今回はタビオの株主優待券(1,000円分)を持っていたため、あえて公式サイトで注文した。

レーシングランナノグリップの魅力

前作とはまったく別物。生地が薄くなり、フィット感が向上している。さらに新素材の「ナノフロント」は生地自体にグリップ性能を持ち、つま先からカカトまで全方位でシューズに密着する。

レーシングランナノグリップの欠点

個人的にはミッド〜ロングタイプが好みだが「レーシングランナノグリップ」は丈が短いショートタイプしか選べないのが残念。今後の展開に期待したい。

デザインとスペック

それでは「レーシングランナノグリップ」を詳しく見ていこう。

ノーマルタイプと5本指タイプ

つま先が分かれていないノーマルタイプ「3D」と5本指タイプの「五本指」から選べる。以前は5指タイプが好みだったが、最近は分かれていないのを買うことが多い。今回もノーマルタイプを購入した。

ナノフロント

生地には帝人フロンティア株式会社の超極細ポリエステルナノファイバー「ナノフロント」を採用。高い摩擦力と吸水性を持ち、グリップ性能が極めて高い。

3D立体構造

こちらが全体像。つま先とカカトの部分がぴたりとフィットする3D立体構造が特徴だ。

左右非対称設計

右足と左足それぞれ専用に作られている。「R」と「L」で見分けも付きやすい。

履いてみた感想

ここからは実際に「レーシングランナノグリップ」を履いてみた感想をまとめる。

フィット感が向上

まず足を入れた時に感じるのが、吐きやすいこと。前作は生地が厚めでそこまで伸び縮みもせず、足入れが難しかった。新作は生地が薄くなり、伸縮性も高くなった。履きやすいし、フィット感も抜群に良い。

グリップ性能が秀逸

最も満足しているのがこれ。前作は足裏にグリップ素材を配置していたが、新作にはそれがない。なぜなら生地自体のグリップ性能が高いからだ。つま先からカカトまで、さらには足裏だけでなく上部や側面にも滑り止め加工が施されている。

つまり、全方位でシューズに密着する。その結果、シューズと靴下の摩擦やズレが軽減され、ランニング時のエネルギーロスを最小限に抑えてくれる。

ただしフローリングの上を歩くとグリップが効きすぎて歩きづらいので、ランニング専用で使うことをおすすめする。

つま先周りも快適

つま先の快適性はレースや練習のパフォーマンスに直結するため、絶対に妥協したくない。今回は5本指ではないタイプを選んだが、それでも足指は自由自在に動かせる。これなら本命レースでも安心して使える。

丈の長さはギリギリOK

個人的には丈の長いミッド〜ロングタイプが好みだが「レーシングランナノグリップ」は丈が短いショートタイプしか選べない。それでもシューズのアンクルパッドがギリギリ肌に触れないので問題ない。

まとめ

以上、タビオの新作ランニングソックスス「レーシングランナノグリップ」を紹介した。

これまであらゆるランニングソックスを履き比べてきたが「レーシングランナノグリップ」が僕の中ではトップ3に入る。本命レースでも安心して任せられる1足だ。

タビオ以外のランニングシューズで僕がおすすめするのは、フットマックスとRxL(アールエル)。いずれも老舗靴下メーカーが作ったランニングソックスで高度な縫製技術が快適な履き心地を実現している。

#ソックス

とも

レーシングランナノグリップは、ノーマルタイプと5本指タイプの2種類から選べる。サイズは21〜23cm、23〜25cm、25〜27cm、27〜29cmの4段階。

タビオ レーシングランナノグリップ」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソン大会で履くレース本番用のランニングソックスが欲しかったのでタビオ(Tabio)の「レーシングラン5本指」を購入した。靴下専門メーカーが本腰を入れて作ったランニングソックスは機能性、履き心地、デザインのどれをとってもピカイチ。自分用にはもちろん、プレゼントにもおすすめな1足だ。続きを読む

タビオ レーシングラン5本指」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

高機能ランニングソックスは「タビオ」や「アールエル」が有名だが、忘れてはならないのが「フットマックス(FOOTMAX)」の存在。創業から100年近くの老舗靴下メーカーが特許技術を惜しみなく投入した「フットマックス 5本指」は、とにかくフィット感が抜群だ。続きを読む

フットマックス 5本指ランニングソックス」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

アールエル(RxL)のランニングソックスは、特許技術の「超立体製法」により、足全体はもちろん、指先までピタリとフィットする。僕は数年前から愛用しているが、この度スタンダードモデルの「Type-G」を新たに入手したので、フィット感や履き心地を紹介する。続きを読む

RxL ランニングソックス Type-G」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

MORE

POPULAR

NEW

FAQ

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、徹底レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。