自費レビュー|反射アームバンド:3M製の高性能リフレクター

夜ラン

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

ランニング用のリフレクター(反射材)を探している人におすすめなのが、ウルトラスポーツの「反射アームバンド」です。

スリーエム(3M)製の高性能な反射材を採用し、マジックテープでサイズを調整しながら腕や足などに固定できます。

しかも購入日から2年間のメーカー保証付き。2個セットで600円台なので、もはや買わない理由がありません。

購入ガイド

ウルトラスポーツ 反射 アームバンド」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

3M製の高性能リフレクター

早速、今回Amazonで購入したウルトラスポーツの「反射アームバンド」を紹介します。

ウルトラスポーツ(Ultrasports)はドイツに本社を置くフィットネス用品のメーカー。パッケージはドイツ語と英語で書かれており、英語の商品名は「Reflective Bands 2pcs」、すなわち「反射バンド 2個入り」の意味です。

ドイツ製と聞くと高品質なイメージがありますが、実際に「反射アームバンド」はスリーエム(3M)製の高品質な反射材、スコッチライト(Scotchlite)を使用しています。

パッケージにも誇らしげに「3M」のロゴを掲載しています。ちなみに、同じスリーエム社の製品で有名なのが、高品質テープの代名詞でもあるスコッチテープ。名前が似ているのでなんとなく馴染みがあります。

パッケージを開けると、蛍光色のバンドが2個入っていました。サイズは幅3.8cmと長さ32.0cm。真ん中の銀色の部分が、反射材のスコッチライト。ここに光が当たると反射して、暗闇でも存在感を示すことができます。

2年間のメーカー保証付き

ウルトラスポーツは品質に自信を持っているのか「反射アームバンド」は2年間のメーカー保証が付いてきます。

パッケージの中には、日本語で書かれた保証書が同梱されています。まあ、そう簡単に壊れるものではないので、返品交換する人は少ないのかもしれませんね。

マジックテープでサイズ調整

実際に「反射アームバンド」をランニングで使ってみました。

まず質感が良いです。蛍光色の生地は程よい厚みと伸縮性があり、マジックテープの面積も広くとられているのでガッチリと噛み合ってくれます。腕にピタリと沿って着用すれば、ランニング中にずれたりする心配はありません。

もちろん「アームバンド」だからと言って腕(アーム)にしか使えないわけではありません。個人的には、腕よりも足首に着用する方がしっくりくる気がします。

使わない時は、玄関のフックにかけておけば無くす心配がないですし、走りに出かけるときに忘れることもありません。

2個入りで500〜600円台

Amazonで「ランニング リフレクター」と検索すると、類似品がワンサカ出てきますが、品質の良さと値段の安さでは「反射アームバンド」を超える逸品はなかなか見当たりません。

たまたまタイムセール期間中に見つけて、その時の値段は税込568円でした。タイムセール期間が終わっても、割引クーポンを実施していたりするので、500〜600円台で購入することができます。

夜ランのお供に

夕方〜夜に屋外でランニングをする人には、ぜひ「反射アームバンド」をおすすめしたいですね。

これを腕や足に着用するだけで、暗闇でも自転車や自動車に対して自分の存在をアピールでき、接触事故のリスクが軽減できます。

LEDライトを持っていくのも良いですが、電池交換や充電が必要になるのでメンテナンスが面倒です。

購入ガイド

ウルトラスポーツ 反射 アームバンド」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

#夜ラン

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。