バンガロールの「出島」?インドらしくないブリゲイド・ゲートウェイ

ランナーの休日

仕事でインドのバンガロールに来ています。

日本とインドの時差は3時間半。今朝は時差ぼけで午前5時半(日本の午前9時)に目が覚めてしまいました。

朝食まで暇を持て余していたので、宿泊先のホテル周辺を走ってきました。

インドと聞くと、治安が悪い、牛がその辺を歩いている、電車の屋根に人が乗っている、など勝手な先入観を持っていましたが、滞在中のブリゲイド・ゲートウェイ(Brigade Gateay)というエリアはまったくの別世界。

高い壁に囲まれた1キロ四方の敷地に、外資系ホテル、ショッピングモール、オフィスビル、高級マンションが集まり、外国人観光客やビジネスパーソンが安心して快適に過ごせる環境が整っています。 

こちらはバンガロールの世界貿易センタービル(Word Trade Centre)。多国籍企業が数多く入居しています。

セキュリティチェックが厳しくて、入館するたびに手荷物検査が必要です。

こちらはショッピングモール。マクドナルドやZARAなど外国資本のチェーンもテナントとして入っています。朝6時台なので、まだ誰もいません。

池を挟んで、インドの富裕層向けの高級マンションが立ち並びます。

とまあ、ここまではインドらしくないインドです。ブリゲイド・ゲートウェイの敷地内から出なければ、本当のインドを知ることはできません。江戸時代でいえば、長崎に来た外国人が「出島」に引きこもっているようなものです。

ということで、次回は塀の外の様子をレポートします。

関連記事:ノラ犬と牛とガンジー。バンガロールの朝ランの風景

この記事をシェアする

よく読まれている記事

  1. ガーミンGPS時計を買ったら、最初にやるべき「ガーミンコネクト」設定まとめ
  2. 【2017年版】海外の人気マラソン大会まとめ:憧れのレースに出場するための第一歩
  3. シューズで二股かけるなら、アシックス「DynaFlyte(ダイナフライト)」がおすすめ
  4. 世界6大マラソンを制覇して「Six Star Finisher」になろう
  5. レース中にお腹がゆるくなる「ランナー下痢」の原因と対策について