バンガロールの「出島」?インドらしくないブリゲイド・ゲートウェイ

更新:

バンガロールの「出島」?インドらしくないブリゲイド・ゲートウェイ

仕事でインドのバンガロールに来ています。

日本とインドの時差は3時間半。今朝は時差ぼけで午前5時半(日本の午前9時)に目が覚めてしまいました。

朝食まで暇を持て余していたので、宿泊先のホテル周辺を走ってきました。

インドと聞くと、治安が悪い、牛がその辺を歩いている、電車の屋根に人が乗っている、など勝手な先入観を持っていましたが、滞在中のブリゲイド・ゲートウェイ(Brigade Gateay)というエリアはまったくの別世界。

高い壁に囲まれた1キロ四方の敷地に、外資系ホテル、ショッピングモール、オフィスビル、高級マンションが集まり、外国人観光客やビジネスパーソンが安心して快適に過ごせる環境が整っています。 

こちらはバンガロールの世界貿易センタービル(Word Trade Centre)。多国籍企業が数多く入居しています。

xxxx

セキュリティチェックが厳しくて、入館するたびに手荷物検査が必要です。

こちらはショッピングモール。マクドナルドやZARAなど外国資本のチェーンもテナントとして入っています。朝6時台なので、まだ誰もいません。

xxxx

池を挟んで、インドの富裕層向けの高級マンションが立ち並びます。

xxxx

とまあ、ここまではインドらしくないインドです。ブリゲイド・ゲートウェイの敷地内から出なければ、本当のインドを知ることはできません。江戸時代でいえば、長崎に来た外国人が「出島」に引きこもっているようなものです。

ということで、次回は塀の外の様子をレポートします。

関連記事:ノラ犬と牛とガンジー。バンガロールの朝ランの風景

この記事をシェアする

この記事が気に入ったら、シェアしていただけると嬉しいです。

運営者「とも」について

マラソンがライフワーク。外資系IT会社員・二児パパしながら「マラソンブロガー」として活動中。非エリート系プロランナーを目指しています。 ⇒ 詳細プロフィールへ

以下アカウントでも活動を発信中。フォロー・登録いただけると嬉しいです。

tomo.run

当ブログに関するお問い合わせはこちら

徹底レビュー

ランニングに役立つモノを徹底的にレビューします。話題のシューズウェアギア補給食など、自信を持っておすすめ出来るグッズだけを紹介。⇒ 記事一覧

マラソン大会

ブログレポートを中心に、国内・海外のマラソン大会に関する情報をお届けします。⇒ 記事一覧

旅ラン

日本国内海外旅先で見つけた素敵なランニングコースをご紹介します。⇒ 記事一覧

週刊ともらん

毎週日曜日に1週間の出来事をまとめてお届け。⇒ 記事一覧

テクノロジー

GPSや心拍計、フォーム分析など、ランニングを科学するテクノロジーの活用方法を紹介。個人的にはガーミンストラバが好き。⇒ 記事一覧

トレーニング

無理せずに、楽しく走り続けるためのコツをご紹介。ランニングが楽しくなれば、タイムは後から付いてくる。⇒ 記事一覧

一流の条件

書籍やインタビューなどを参考に、一流のマラソン選手やコーチの考え方、習慣を研究します。⇒ 記事一覧

ランニング豆知識

ランナーが知っておくと便利でお得な情報をまとめました。⇒ 記事一覧