ぎふ清流ハーフマラソン遠征記:結果は1時間22分48秒(2019年/ハーフ)

2019年4月28日に岐阜県岐阜市で開催された「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」を走ってきた。

NEW BALANCE HANZO V2

今回のレースで着用したランニングシューズは「HANZO V2」。ニューバランスが伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したの最速マラソンシューズ。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

この記事の目次

大会の魅力

「ぎふ清流ハーフマラソン」の主な特徴は以下のとおり。

  • 毎年4月に岐阜県岐阜市で開催
  • 高橋尚子さんが監修したコース
  • ワールドアスレティックス(WA)/AIMS/日本陸連公認コース
  • 会場は岐阜メモリアルセンター

最新の情報は公式サイトを確認しよう。

岐阜県岐阜市で開催

最寄駅はJR岐阜駅。レース当日はスタート・ゴール会場の「岐阜メモリアルセンター」まで無料シャトルバスが運行する。

高橋尚子さんの地元

高橋尚子さん(通称:Qちゃん)は岐阜県岐阜市のご出身。岐阜市内を流れる長良川沿いには、高橋さんが高校時代にトレーニングをしていた「高橋尚子ロード」がある。

2019年大会は第9回目の開催。ちょうど「Qちゃん」の「9」と同じなので、よく見ると「第Q回記念大会」と書かれていた。

世界トップレベルのコース

「ぎふ清流ハーフマラソン」のコースは高橋尚子さんが監修している。ワールドアスレティックス(WA)/AIMS/日本陸連にも公認された世界トップレベルのコース。

遠征日程

埼玉県の自宅から参加するため、今回は1泊2日の日程でレース前日に岐阜入りした。

2017年6月3日(土)レース前日

午前中は名古屋経由で岐阜へ。午後は「金華山」と「高橋尚子ロード」をジョギングした後、受付会場の岐阜メモリアルセンターで参加キットを受け取ってきた。

2017年6月4日(日)レース当日

岐阜駅近くのホテルに前泊。レース当日は駅前から大会専用シャトルバスでスタート会場へ移動。

スタートライン

ぎふ清流ハーフマラソンのメイン会場は、総合スポーツ施設「岐阜メモリアルセンター」にある。

シャトルバス

レース当日は、JR岐阜駅前から無料シャトルバスが運行する。バス乗り場で15分ほど整列し、7時に出発、7時20分に会場に到着。

会場はとても広い。スタッフの方達が丁寧に案内してくれるので迷う心配はありませんが、時間に余裕を持って行動したい。

更衣室・トイレ

屋内の更衣室が用意されている。

スタート地点である長良川競技場周辺のトイレは混雑していた。おすすめは野球場周辺にある公衆トイレ。比較的空いているので、ウォームアップがてらに行くと良い。

荷物預け入れ

手荷物・貴重品は参加キットで受け取った荷物袋に入れて預ける。

スタートブロック

自己申告タイム別にスタートブロックが分かれており、ウェーブスタートでスタート時間が異なる。前の方のブロックは9時スタート、後ろの方のブロックは9時10分スタートとなる。今回僕は先頭の「ブロックA」からのスタート。

スタート地点の横には、エリート選手専用のサブトラックが用意されている。ちょうど設楽悠太さんがウォーミングアップをされていた。

コース攻略

「ぎふ清流ハーフマラソン」のコースの特徴は以下のとおり。

  • 高橋尚子さんが監修したコース
  • ワールドアスレティックス(WA)/AIMS/日本陸連公認コース
  • スタート・ゴールは岐阜メモリアルセンター
  • コースの2/3は長良川沿いを走る
  • 折り返し地点の千鳥橋(13km)を頂点に5〜13kmは緩やかな上り坂

以下のコースマップは公式サイトより拝借。

スタート〜13km

スタートして間もなく、金華橋を渡り、長良川の対岸へ移動する。長良川といえば「鵜飼い」が有名。レース中に鵜飼で使う船を見かけた。

5kmあたりで岐阜駅の折り返しポイントに到達。駅前に立つ黄金の織田信長像がちょうど見える。

7kmkmあたりで昔ながらの建物が残る河原町を駆け抜ける。

コースの約2/3は、岐阜市内を流れる長良川沿いの道を走る。基本的に遮るものがなく、時折、突風が吹いてくるが今日は比較的穏やかで助かった。

高低差は20mほど。折り返し地点でもある千鳥橋が最高地点となっています。ここのアップダウンはキツかった。

13km〜ゴール

17km地点で長良川温泉の旅館が軒を連ねる長良川プロムナードに入る。金華山や長良川の鵜飼の船が最も綺麗に見えるスポット。

ラスト3kmで、Qちゃんがハイタッチをしてくれた。Qちゃんが高校時代にトレーニングをしていた高橋尚子ロードを左に見ながら、長良川の土手の上を走る。

最後は、長良川競技場でゴール。

ゴールの後で

「ぎふ清流ハーフマラソン」の完走タイムは、ネットで1時間22分48秒、グロスで1時間23分6秒だった。ハーフマラソンのタイムとしては「上尾シティマラソン2018」に次ぐセカンドベスト。

本日の戦利品

VAAM(ヴァーム)のドリンク、バナナ、記録証。

完走記念のタオル。通常のスポーツタオルよりも小さいサイズなのでフェイスタオルとして使えそう。

本日のご褒美グルメ

長良川といえば、鮎(あゆ)。ゴール会場では普段はなかなか食べられない「子持ち鮎」の塩焼きをいただいた。

長良川温泉で日帰り入浴

レースの後は長良川温泉で汗を流してきた。今回訪れたのは「鵜匠の家 すぎ山」の日帰り入浴。11時半以降に入浴できるので、レースが終わってから待たずに入れた。料金はタオル付きで1000円。

長良川観光ホテル 石金」も有名です。こちらは外に無料で入れる「足湯」がある。ただしランナーで埋め尽くされていた。

関連情報

書いた人:マラソンブロガー「とも」。ツイッターストラバでも発信中。プロフィールはこちら

NEW BALANCE HANZO V2

今回のレースで着用したランニングシューズは「HANZO V2」。ニューバランスが伝説のシューズ職人の三村仁司氏が率いるM.Lab(ミムラボ)と共同開発したの最速マラソンシューズ。

アマゾンで「ブラックフライデー」セール開催中。最大10,000ポイント還元も >