旅ランニング|岐阜・金華山:標高329mのトレランコース

岐阜県

どうも、マラソンブロガーの「とも」です。

岐阜県岐阜市にある標高329mの「金華山」を走ってきたので紹介します。

山頂まではロープウェイでも登れますが、4つある登山ルートのうち、上りは「七曲り登山道」、下りは「めい想の小径」を走りました。

山頂の岐阜城の展望台からは岐阜市内が一望できます。

目次と内容

アクセス

金華山(きんかざん)は、岐阜市にある標高329mの山です。岐阜駅から6km北東に位置し、バスで15分ほどでアクセスできます。

標高329mの山頂には織田信長ゆかりの岐阜城があり、山嶺〜山頂をロープウェイで行き来できます。

また、山頂に続く4つの登山道を徒歩で登ることもできます。それぞれの距離は以下のとおり。

  • 馬の背登山道(1.1km)
  • 百曲り登山道(1.1km)
  • 七曲り登山道(1.9km)
  • めい想の小径(2.3km)

現地で見つけた登山マップも載せておきます。

「馬の背登山道」と「百曲り登山道」は距離が最も短く、傾斜が最もきついので上級者向きです。「七曲り登山道」は道幅が広くて歩きやすいので初心者向き。

「めい想の小径」は道幅が狭くて足場も悪いので初心者向きではありませんが、岐阜市内を一望できる絶景スポットがあります。

2019年5月に「ぎふ清流ハーフマラソン」を走るために岐阜市に滞在しました。その時に金華山の登山道を走ってきたので紹介します。

上りは「七曲り登山道」を、下りは「めい想の小径」を走りました。

七曲り登山道

こちらが七曲り登山道の入口です。

全体的に道幅が広く、足場も安定しているので、登山に慣れていない方でも安心して通行できます。

ただ、木のトンネルの中を延々と歩き続けるので、周囲の景色は楽しめません。コースの中腹あたりから傾斜がキツくなりますが、石の階段があるので一歩ずつ着実に進んでいけます。

途中でロープウェイの山頂駅を通過。ロープウェイの運賃の分だけ得した気分になりました。

山頂の岐阜城に到着。

岐阜城の展望台

せっかくなので、金華山の山頂にある岐阜城を見学してきました。織田信長にゆかりのあるお城です。

最上階にある展望台からは、岐阜市内と周辺の360度ビューが楽しめます。

長良川にかかる2つの橋の間は「高橋尚子ロード」が整備されています。その右側に見える陸上競技場は「ぎふ清流ハーフマラソン」のゴール地点でもあります。

めい想の小径

帰りは「めい想の小径」下ります。岐阜城の近くにある入口からいきなり急な階段になっています。

頂上付近は岩場がゴツゴツしており、注意しないと転んでしまいそう。さすがにこのあたりは走れず、歩くしかないですね。

足場は不安定ですが、景色は素晴らしかったです。岐阜市内を一望できるスポットがいくつかあり、突然、眼下に絶景が広がると感激します。苦労した甲斐がありました。

道幅が狭いので、登山客とすれ違ったり、追い抜いたりする際には、道の譲り合いが必要です。

あっという間に麓の登山口に到着しました。

まとめ

関連記事

#岐阜県

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディアです。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信しています。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性です。埼玉県に在住、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニングコラムの5つのテーマで執筆しています。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はStrava(tomorun)を利用しています。Stravaは基本的に相互フォローさせていただきます。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていません。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能です。