GEAR

世界最強のスポーツドリンク Maurten(モルテン) Drink Mix 320レビュー

updated created by tomo.
B!

ランナーのみなさん、こんにちは。読めば走りたくなるブログ tomo.run(ともらん)にお越しいただき有難うございます。

Nikeの超高速ランニングシューズ Nike Zoom Vaporfly 4%(ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%)がマラソン界で注目を集めています。2017年のワールド・マラソンメジャーズ(世界 6大マラソン)では上位3位の選手の半数以上が「Nike Zoom Vaporfly 4%」を使用。マラソン世界王者エリウド・キプチョゲや若きホープ大迫傑選手の「勝負シューズ」にも選ばれています。

実はランニングシューズ以外にも、今、マラソン界で話題になっているものがあります。それは、スウェーデン発の次世代スポーツドリンク Maurten(モルテン)

「ハイドロゲル」と呼ばれるまったく新しい技術を取り入れることで、通常のスポーツドリンクに比べて約3倍ものエネルギー変換効率を実現しています。そして、2017年のワールド・マラソンメジャーズでは、なんと優勝者全員が スペシャルドリンクに Marutenを選ぶという支持っぷりです。

今回、アメリカ滞在中に Maurtenを入手することができましたので、僭越ながらも一流マラソン選手御用達のスポーツドリンクをレビューしてみたいと思います!

マラソン世界王者も御用達

まずは、世界トップ選手による Marutenの2017年の使用実績をご覧ください。

参照THE WORLD’S FASTEST SPORTS DRINK(英語)

  • ニューヨークシティマラソン2017 優勝 Geoffrey Kamworor (02:10:53)
  • シカゴマラソン2017 優勝 Galen Rupp (02:09:20)
  • ベルリンマラソン2017 優勝 Eliud Kipchoge (02:03:32)
  • ロンドン世界陸2017 女子マラソン優勝 Rose Chelimo (02:27:11)
  • ロンドン世界陸2017 男子マラソン優勝 Geoffrey Kirui (02:08:27)
  • ロンドンマラソン2017 優勝 Daniel Wanjiru (02:05:48)
  • ボストンマラソン2017 優勝 Geoffrey Kirui (02:09:37)
  • 東京マラソン2017 優勝 Wilson Kipsang (02:03:58)

世界最高峰のマラソン大会を完全に「制覇」していますね! Maurtenは誰もが認める世界最強のスポーツドリンクです。

次世代のスポーツドリンク


▲公式サイトより

Maurtenは、スウェーデンのイエテボリに本社を置く Maurten ABという会社が開発・販売しています。

モルテンの最大の特徴は、高濃度の炭水化物を含み、通常のスポーツドリンクに比べてエネルギー変換効率が約3倍も優れていること。

炭水化物は体内でエネルギーに変換され、人間が走ったり泳いだりする原動力となります。自動車に例えると、炭水化物はガソリンのようなもの。多ければ多いほど長く走れます。しかしスポーツドリンクを摂取する際、炭水化物の濃度が高すぎると胃腸が萎縮してしまい、体内への吸収が悪くなるというジレンマを抱えています。そのため市販のスポーツドリンクは、炭水化物の濃度が5%前後に抑えられています。

一方、モルテンの炭水化物の濃度は14%。通常のスポーツドリンクであれば胃腸が萎縮してしまうレベルですが、「ハイドロゲル(hydrogel)」と呼ばれる新技術を使って新たな解決策を見出しました。

胃酸で凝固する「ハイドロゲル」

ハイドロゲルは、植物由来のアルギン酸(alginate)とペクチン(pectin)で生成され、胃酸に触れると凝固する特性を持っています。口にするときは液体で、胃に入るとゲル状になる。そしてゲルが炭水化物を包み込み、腸の中でじわじわと吸収される仕組というわけです。

ハイドロゲルを開発したのは、モルテンの代表を務めるモルテン・フリクネス(Mårten Fryknäs)さん。彼はスウェーデンのウプサラ大学で生物学を教える傍ら、トライアスロン選手としても活躍しています。スポーツドリンクのエネルギー変換の非効率さに着目し、ハイドロゲルを開発をしたといいます。

Maurten の入手方法

現時点(2018年2月)では欧州と米国のみ販売しています。

配送先が欧州または米国の住所であれば、公式オンラインストアから購入できます。ちなみに、ぼくはアメリカの宿泊先のホテルに届けてもらいました。

配送日数は、欧州だと 4〜7日、米国だと3〜6日。今回は 2018/1/31に注文し、2018/2/6に届きました。

Maurten の製品ラインアップ

現時点(2018年2月)では、一袋に炭水化物 40gを含む「Drink mix 160」と、炭水化物 80gを含む「Drink mix 320」の 2製品のみ。2製品を同時に試せる「Test Box」も販売しています。

  • Drink Mix 160(18袋入り)→ 39.20ユーロ
  • Drink Mix 320(14袋入り)→ 44.20ユーロ
  • Test Box(2種2袋ずつ)→ 13.44ユーロ


▲公式サイトより

今回は「Drink mix 320」を購入しました。

結構大きな箱に入って届きました。

箱の中身。「Drink Mix 320」は14袋入りです。

箱から取り出してみました。パッケージはモノクロのシンプルなデザインです。

今回はオマケでドリンクボトルもついてきました!「MAURTEN」のロゴ入りです。

Maurten の作り方

さて、ここから重要なところです。Maurtenは作り方を間違えるとフツーのスポーツドリンクになってしまうので注意が必要です。箱の目立つ場所にもこんな注意書きがありました。

Mix each sachet with 17oz./500ml of water. If you add more water you will create an ordinary sports drink, and you didn’t turn to Maurten for that.

1袋あたり 500mlの水で溶かすこと。ちょっとでもオーバーするとフツーのスポーツドリンクに変ります。それならモルテンじゃなくてもいいよね。(拙訳)

袋を開けて、中の白い粉をドリンクボトルに注ぎます。

そして水を注ぎます。ドリンクボトルの三角(▲)のところでちょうど 500ml。メチャクチャ緊張しました!

あとはドリンクボトルの蓋をして、シャカシャカ振り回します。なかなか簡単には溶けないので、3分ぐらいシャカシャカしていました。

Maurten の味・飲み心地など

気になるテイストは、、ドロッとした甘みが特徴です。例えて言うならば、あずき味のしないお汁粉でしょうか。

とにかく甘いのですが、癖のない甘さなので 500mlを全部飲むのは苦痛ではありません。何回かに分けて 10分間で飲み干しました。

これを飲んだあとに 23kmジョグに出かけてきましたが、特にお腹が痛くなることもなく、順調に走れました。

関連カルフォルニアの絶景ビーチラン!ラグナ・ビーチ&クリスタル・コーブ

Amazon.co.jpでも買える!?

わざわざアメリカで手に入れた Maurtenですが、基本的には「白い粉」なので税関で怪しまれないか心配しました。ちゃんと領収書も持ち運び、何か質問された時の回答まで用意してきましたが、杞憂に終わりました。それよりも、スターバックス1号店で購入したコーヒー豆が手荷物検査で引っかかり、いろいろ質問されました(結果的に問題ありませんでしが)。

というわけで苦労して Maurtenを日本まで持ってきましたが、何と Amazon.co.jpでも並行輸入で販売されているではありませんか。値段は公式オンラインサイトの倍ほどしますが、米国や欧州に行かずに手に入るのは魅力ですね。

さいごに、余談ですが

前から気になっていた「世界最強のスポーツドリンク」の Maurten。ぼくは一流マラソン選手ではないので効果についてはコメントできませんが、2週間後の「東京マラソン2018」では使ってみようと思います!

この記事を読んで走りたくなったら

ラン友またはランニングに興味がありそうな方にシェアしていただけると嬉しいです!

B!

Twitterまたは Feedlyのアカウントをフォローいただくと、更新情報がタイムリーに受け取れます。

Twitter をフォローする ▶︎
Feedly をフォローする ▶︎

Stravaで練習日誌を公開中。ぼくの Stravaアカウントをフォローしていただけばフォロー返しします。

Strava をフォローする ▶︎