どうも!マラソンブロガーのtomo.です。

キプチョゲやファーラーなど世界一流アスリートが愛用するスポーツドリンク Maurten(モルテン)からゲルタイプの新製品「GEL 100」が発売されます。

北米では2018年9月4日から、欧州では9月10日から発売開始となります。日本での発売は今のところ未定ですね。

GEL 100とは?


▲写真は maurten.comより

「GEL 100」は、人口添加物を一切使わずに、自然由来の成分だけで作られたエナジージェルです。

開発したのは、スウェーデンに本社を置くスポーツドリンクの専門企業 Maurten AB(モルテン)。エリウド・キプチョゲやモー・ファーラーなど、長距離界の世界一流選手が愛用する「Maurten Drink Mix」を作っている会社です。

ぼくも《東京マラソン》や《長野マラソン》などの勝負レースでは、レース前に「Maurten Drink Mix 320」を飲んで走りました。

「Maurten Drink Mix 320」のレビューはこちらの記事にまとめているので、Maurtenを知らない方はぜひ読んでみてください。

「GEL 100」のプロモーションビデオには、エリウド・キプチョゲが登場します!

GEL 100の成分

詳しくは「GEL 100」の公式サイト(英語)に情報が掲載されています。

「GEL 100」の成分は次の6つ。どれも自然由来で、人工的に作られた添加物を使用していないことが特徴です。

  • Water(水)
  • Glucose(ブドウ糖)
  • Fructose(果糖)
  • Calcium Carbonate(炭酸カルシウム)
  • Gluconic acid(グルコン酸)
  • Sodium Alginate(アルギン酸ナトリウム)

秘密は「果糖」と「ブドウ糖」を4対5の割合でブレンドしていること。それにより、1時間に100gの炭水化物を体内に吸収することが可能とのこと。

「GEL 100」1本に含まれる炭水化物は 25g(100kcal)。つまり1時間に4本(400kcal)までエネルギーを補給することができます。

「GEL 100」はレース前、レース中、レース後に摂取できます。

GEL 100のメリット

メリットは大きく2つあります。

そのまま飲める

まず「Drink Mix」のように、水で溶かす必要がないのはメリットですね。「Maurten Drink Mix 320」だと、500mlぴったりの水でシャカシャカ溶かさないといけないので、外出先で作るのは結構面倒です。


ゲルなら開封してそのまま飲めるからいいですよね!

高エネルギー

もうひとつのメリットは、エネルギー変換効率が優れていること。「Maurten Drink Mix 320」は500mlのドリンクに炭水化物が80g含まれるのに対し、「GEL 100」は1本で25g。つまり3本(75g)で 500mlのドリンクと同じくらいの炭水化物が摂取できます。

レースで500mlのドリンクを持って走るのは難しいですが、エナジージェル3本くらいなら楽勝ですよね。

まとめ

「GEL 100」は北米で2018年9月4日から、欧州で9月10日から発売開始となります。

もしかしたら《ベルリンマラソン》のEXPO会場で手に入るかもですね。

ちなみに「Maurten Drink Mix」のほうは Amazonでも手に入ります。

DRINK MIX 320(10パック入り)

DRINK MIX 160(10パック入り)

この記事を読んで走りたくなったら

Maurten GEL 100 (モルテン ゲル 100):そのまま飲める「ゲル」タイプが登場!」を最後までお読みいただき有難うございます。

この記事を読んで「ちょっと走ってみようかな」「なんか走りたくなってきたな」と思ったら、シェアいただけると嬉しいです!