tomo.run

【ミリオンマイルライト レビュー】充電不要。夜ランのお守りに最適

【ミリオンマイルライト レビュー】充電不要。夜ランのお守りに最適

今回紹介するのは「ミリオンマイルライト」という充電不要のライトです。わずかな振動だけで発電・点灯し、ウォーキングやランニング時に着用すれば、半永久的に使い続けらる優れモノです。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ミリオンマイルライトとは?

ミリオンマイルライト(Million Mile Light)は、イギリス人男性のトム・ロートン(Tom Lawton)氏が発案・開発したライトです。公式サイトによると、ランニングが趣味のロートン氏は、市販のランニングライトに不満を感じていました。明るさが不十分で、定期的に電池交換が必要だったからです。

そこで誕生したのが、わずかな振動だけで明るく点灯し、充電不要で半永久的に使えするライトです。100万マイル(160万km)のランニングでも持続するように、ミリオンマイル(=100万マイル)ライトと名付けられました。

実は自分も同じ不満を抱えており、特に電池交換や充電がストレスに感じていました。そんな中、たまたまAmazonで「ミリオンマイルライト」を見つけ、こういうのが欲しかった!と思い速攻でポチりました。

主な特徴

ミリオンマイルライトは振動だけで発電・点灯するライトです。主な特徴は次のとおり。

  • 電池交換・充電が不要
  • 最大30ルーメンの明るさ
  • 専用クリップが付属
  • 白ライトと赤ライトが選べる
  • 重さは50g
  • 定価は3,380円

本体はこんな感じです。白い部分の両端に光源が配置されています。下の部分は取り外し可能な専用クリップ。間に黄色のゴムバンドが挟んであります。

分解するとこんな感じ。かなり強固に結合するので取り外すのにひと苦労します。黄色のゴムバンドは結合部分が動かないように固定しており、よほどのことがない限り専用クリップが外れることはないでしょう。

専用クリップはこんな感じ。

専用クリップは横に挿すこともできます。

重さは実測値で50gでした。

わずかな振動で発電・点灯

開発者のロートン氏がこだわったのは、わずかな振動でも点灯すること。実際に「ミリオンマイルライト」を手に取ると、ほんと少し揺らすだけでライトが光ります。

動画だと分かりづらいですが、白い部分の両端にLEDが2個ずつ計4個配置されており、わずかな時間差で交互に点灯します。そのためチカチカッという視覚効果が生まれ、単調な点灯よりも目立ちます。

明るさは最大30ルーメン

「ミリオンマイルライト」の明るさは最大30ルーメンになります。iPhoneのLEDライトの明るさが30〜50ルーメンと言われているので、大体イメージがつくかと思います。

ちなみに数m周囲の視野を確保するなら50〜100ルーメン、数十m先を明るく照らすなら200ルーメン、夜道をくっきり照らすなら300〜400ルーメンが明るさの目安になります。

ただし照射能力はない

注意してほしいのは「ミリオンマイルライト」は周囲を明るく照らす能力、つまり照射能力はなく、あくまでも暗闇で自分の存在を知ってもらうための点灯能力しかない点です。

暗い夜道のランニングで足元や進行方向を明るく照らしたいのであれば「ミリオンマイルライト」ではなく、最低でも50ルーメンの照射能力のあるランニングライトを選びましょう。

保証期間は5年間

「ミリオンマイルライト」は、わずかな振動で本体に内蔵された小型モーターが回転することで発電し、そのエネルギーを使って点灯します。そのため充電が不要。理論上にはなりますが、半永久的に使い続けることができます。

万が一、光源やモーターが故障しても「ミリオンマイルライト」には5年間の製品保証が付いてきます。ただし、購入後にシリアル番号を入力して、製品登録をしないといけません。忘れないようにしましょう。

問題は、5年間の保証期間内に「ミリオンマイルライト」を紛失しないかですね…。

夜ランで使えば安心・安全

実際に夜のランニングで使ってみました。18時半に職場を出て、走り始めたのは日没後の19時過ぎ。ランニングバッグを背負って走るので、お腹あたりのストラップに「ミリオンマイルライト」を専用クリップで固定します。

立ち止まっている時は振動がないので点灯します。歩いたり、走ったり、少しでも振動が生じると動きに合わせてライトが点灯します。しかも、チカチカッとリズミカルに点灯するので、夜道でも結構目立ちます。これなら夜間に交通量の多い道路の近くを走っても安心です。

ちなみにランニングの途中で雨が降り始めましたが「ミリオンマイルライト」は撥水性能もあり、雨ランでも安心して使えます。そもそも充電が不要で給電口がないため、水の侵入経路が少ないのも水濡れに強い理由です。

充電切れのストレスから解放される

そして何よりも素晴らしいのが、電池交換や充電のストレスから解放されたこと。「ミリオンマイルライト」よりも明るくて照射能力に優れたランニングライトは数多くありますが、どれも定期的に電池を交換したり、充電したりする必要があります。

そろそろ電池が切れないかな…と心配したり、使っている途中で切れたり、あるいは走りに出かける時に電池切れが発覚したり。そういうのって、意外とストレスに感じるものです。

電池が切れないという確信が持てることが、こんなにもストレスフリーだったとは。「ミリオンマイルライト」を使って初めて実感しました。

総合評価:非常に満足

「ミリオンマイルライト」を購入して非常に満足しています。わずかな振動だけで点灯できて充電不要。しかも5年間の保証つき。夜間のランニングのお守りに最適。白ライトと赤ライトが選べます。

【ミリオンマイルライト レビュー】充電不要。夜ランのお守りに最適

この記事で紹介した「ミリオンマイルライト」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

関連記事

自分は夜間に走ることが多いので、多種多様なランニングライトを持っています。キャップに装着する「キャップライト」や頭に直に装着できる「ヘッドライト」がお気に入り。強めの照射能力が必要な時はペツルを使っています。

夜間のランニングにおすすめの「BLACKUBEキャップライト」を紹介します。クリップで帽子に装着でき、頭上から足元や進行方向が明るく照らせます。手ぶらなのでランニングの妨げにもなりません。主な特徴は以下のとおり。

Tledtechという、聞いたことないブランドのLEDヘッドライトを購入したので紹介します。 光面が広い「COB光源」とピンポイントで照射できる「XPE光源」を有するデュアルLED仕様。 重さはわずか71gで防水性能もあり、夜のランニングに最適です。 そして何よりも家計に優

今回紹介するのは「アクティック」というペツルのヘッドライト。電池込みで100g以下で最大350ルーメンの照射力を持ち、真っ暗な夜道でも10m先まで足元がクッキリ見えます。夜ランの頼もしい相棒です。