tomo.run

Panasonic「ボディトリマー」レビュー:美脚ランナー爆誕!

Panasonic「ボディトリマー」レビュー:美脚ランナー爆誕!

ランニングで短パンを履く時に、すね毛ボーボーなのが恥ずかしい…。

そんなコンプレックスを解消すべく、パナソニックの「ボディトリマー(ER-GK82-K)」を思い切って購入しました。

使い勝手は驚くほど簡単。わずか5分で両足の太ももとふくらはぎの体毛がなくなりました。

脱毛する勇気はないけど、美脚ランナーに憧れる男性におすすめです。

なお、40代おっさんの毛だらけの脚が苦手な方は、今すぐページを閉じて下さい。この後、写真が出てきます…。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ランナーの宿命

自分は体毛が濃い方ではないのですが、なぜか脚だけ毛がボーボーです。

普段は長ズボンを履いているので意識していませんが、ランニングで短パンを履く時に、他人の目が気になります。

また、マラソン大会では多くのランナーとお会いしますが、男性でも足がツルツルでキレイな方が多いんですよね。

そんな美脚ランナーに憧れながら、自分は何もせずに太ももから足首まで毛がボーボーの状態を放置していました。

脱毛も何度か考えたんですけどね…。どこが良いのか分からないし、何度も通うのも面倒くさそうだし…。

ところが先日、中学生の娘が誕生日プレゼントに脱毛器が欲しいというので、女性用の簡易的なものをAmazonで購入しました。

娘が「腕がツルツルになった!」と喜んでいる様子を見て、自分も欲しくなりました。

そこで、いろいろ調べた結果、パナソニックの「ボディトリマー」にたどり着きました。

メーカーやブランドにこだわりはありませんが、自分はパナソニックの鼻毛カッターを愛用しており、単三電池で動くシンプルな構造ながら結構満足しています。

パナソニックなら大丈夫だろう…そんな気持ちでボディトリマーという、自分にとっては未知の領域に一歩踏み込みました。

ボディトリマーの特徴

今回購入した「ボディトリマー(製品番号:ER-GK82-K)」の特徴は以下のとおり。

  • 全身はもちろん、VIOにも使える
  • 丸い刃先で、肌にやさしく剃れる
  • 剃る、整えるが1台でできる(約0.1mm~12mmの長さ調整)
  • 防水設計。水洗いもOK
  • 充電式。急速1時間
  • 2023年6月発売
  • 定価は12,800円

こちらがパッケージです。

裏側の説明。

まあ今回は脚の毛を剃るためだけに使いますが、全身はもちろん、デリケートなVIOまで剃れるとは頼もしいですね。

デザインとスペック

それでは「ボディトリマー」を詳しく見ていきましょう。

本体と同梱物。充電器やアタッチメント、保管用の袋やメンテ用のブラシなどが入っていました。

アタッチメントは2種。

こちらが肌ガードアタッチメント(2mm)です。

そしてこちらがダイヤル式長さそろえアタッチメント(3mm~12mm)。

ちなみにアタッチメントの有無はこちらの表を参照します。

真ん中にあるスイッチを押せば電源がオン・オフになります。シンプルでいいですね。

腕の毛を剃ってみた

早速、試しに腕の毛を剃ってみます。

腕は、こんな感じで細くて長い毛が生えています。

アタッチメントなしで肌に密着させてゆっくり滑らせると、キレイに毛が剃れました!

腕がツルツルになりました!

ただ、毛がそのまま落ちるので、掃除が大変です。次に脚の毛を剃るために、お風呂場に移動します。

脚の毛を剃ってみた

さて、ここからが本番。まずは太ももから行きます。

いいですね。剃り残しがないよう、丁寧にトリミングします。

剃った後の状態を拡大してみると、深剃りとまでは言わないでもしっかり剃れています。

次に、見苦しくて大変恐縮ですが…すね毛に行きます。

膝から足首にかけて、毛がかなり濃いです。

娘たちに「気持ち悪い…」と言われますが、自分でもそう思います。

トリミング後の状態がこちら。いや、軽く感動しました。

拡大するとこんな感じ。おそらく毛の性質によるものですが、ふくらはぎはトリミングした後でも手で触ると少しだけチクチクします。

これ以上は剃れませんが、パッと見た感じではツルツルなので良しとします。

両足を剃った後の毛です。娘たちに見られたら発狂しそうなので、早く処分しないと。

憧れの美脚ランナー

ちなみに、剃る前と剃った後の違いが分かるように左右で比べてみます。

脚の形はさておき、自分で言うものなんですが、見違えるほど美しくなりました。

こちらは両足を剃ってランニングシューズを履いた状態。これこれ、こういうのに憧れていたんです。

これで自信を持ってマラソン大会に挑めます。

ちなみに、いつも辛口の娘たちには「いいじゃん」とお褒めの言葉をいただきました。

剃る頻度はどれくらい?

ただ脱毛ではないので、毛はまた生えてきます。

どのくらいの頻度でトリミングが必要なのか?後日、レポートしたいと思います。

おまけ

ひとつ予想外だったのが、足の毛がなくなったことで低周波治療器が使いやすくなりました。

今までは粘着質のパッドの部分に毛がまとわりついて電気の通りが悪かったり、パッドの消耗が早まったりしていました。

毛がないとピタッと装着できて、少量の電気でマッサージができます。意外な副産物でした。

Panasonic「ボディトリマー」レビュー:美脚ランナー爆誕!

この記事で紹介した「パナソニック ボディトリマー ER-GK82-K」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。