tomo.run

Mizuno「ボルレッチ」レビュー:インテリアにもなるダンベルボール

Mizuno「ボルレッチ」レビュー:インテリアにもなるダンベルボール

ミズノの「ボルレッチ(BALLRETCH)」は肌触りの良いファブリック素材に包まれ、主張しずぎないカラーが部屋のインテリアにも馴染みます。

重りの入ったボール型クッション、と言えば分かりやすいですね。ソファーや床の上に置いておけるので、思い立ったらすぐにエクササイズが始められます。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

ミズノヘルシーインテリア

ミズノがインテリア用品を手がけているとは知りませんでした。

ミズノヘルシーインテリア(Mizuno Healthy Interior )という名称でラインアップを揃えており、ボルレッチもそのひとつ。他にも、有名家具メーカーの「カリモク」とコラボしたチェアなどがあります。

ミズノヘルシーインテリアのコンセプトは「いつもの時間、空間にプラス」。インテリア用品であり、スポーツ用品にもなるのが特徴です。

昨今の巣ごもり需要に絶妙にマッチしたコンセプトですね。

ボルレッチの外観と仕様

それではボルレッチを詳しく見ていきましょう。定価は税込3,080円。今回はAmazonで注文し、価格は2,904円でした。

正面がこちら。写真を見れば商品の特徴がひと目でわかります。アルファベットが多めなので、オシャレな感じがします。

裏面がこちら。

商品の特徴は以下のとおりです。

  • やわらかく触り心地の良い素材
  • 手でつかみやすい大きさ
  • 500gのボール2個セット

仕様は以下のとおり。

  • サイズは直径約13cm
  • 重さは1個約500g
  • 生地はポリエステル・ポリウレタン
  • 中綿はポリエステル
  • 中の重りはガラスビーズ

ちなみに重量は実測値で497gでした。

生地はベージュを基調としたカラー。それぞれブルーとブラウンのアクセントカラーが入っており、部屋の中で存在感をアピールしつつ、主張しすぎない、絶妙なカラーリングです。

触り心地は、マイクロフリースみたいにフワフワしています。ソファーでくつろいでいる時、テレビを見ている時に、ついつい手を伸ばしたくなります。

ボルレッチはダンベルというより、重りの入ったボール型クッションです。とても柔らかく、そんなに握力がなくても片手でしっかりと握れます。

ダンベルトレーニングに

自宅のソファーに置くとこんな感じ。クッション代わりに使えるし、ソファーで寝そべる時に枕にもなる。娘たちはテレビを見る時に抱き枕として使っています。

ボール型クッションとして使うのも良いですが、せっかくなのでダンベルとしても活用したい。

ボルレッチには「エクササイズ・ガイド」が付属します。どれも座りながら出来る簡単なエクササイズなので、ちょっとしたスキマ時間にやるのがちょうど良いですね。そのほうが長続きもしやすいと思います。

ランニングの補強トレにも

ここからが大事なポイントですが、ボルレッチはランニングの補強トレーニングにも使えます。例えばボールを膝に挟んで締め付けるエクササイズ。そこそこ弾力性もあるので、太ももの筋肉が鍛えられます。

他にもボールを両足で挟んで持ち上げるエクササイズもおすすめです。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「ミズノ ボールレッチ」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

ミズノ ボールレッチ

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)

Mizuno公式オンラインショップならシューズの返品送料が無料。商品到着から2週間以内までなら着払いで返送できるので、自宅で気軽に試着できます。