読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

ブレスサーモ ハイブリッド フーディ レビュー:発熱するランニングジャケット

▶︎ #ランニングウェア#Mizuno#長袖トップス

ミズノの「ブレスサーモ ハイブリッド フーディ」は、真冬でも暖かく快適に走り続けられるランニングジャケット。前面上部と後面中央部に配置された「ブレスサーモ」素材が、運動中の吸湿・発熱・発散を促してくれる。冬でもアクティブにランニングを楽しみたい全ての人におすすめしたい。

MIZUNO ブレスサーモ ハイブリッドフーディ J2ME0501

ブレスサーモ ハイブリッド フーディ」 は、ミズノの取扱店や公式サイト、その他ネット通販で販売している。Amazonだと無料で試着(返品・返送料が無料)することもできる。

この記事の目次

発熱するランニングジャケット

まず最初に、ブレスサーモについて簡単に触れておきたい。

ブレスサーモ(BREATH THERMO)は、スポーツメーカーのミズノが独自に開発した吸湿発熱素材。アウターやインナー、手袋やソックスなど、ミズノの防寒スポーツウェア全般に幅広く使われている。例えると、ユニクロの「ヒートテック」のようなものだ。

ポイントは、身体が発散する水蒸気を吸収して発熱すること。ブレスサーモの元となる「ブレスサーモ原綿」は、他の繊維に比べてより多くの水分子を吸着する。吸着によって水分子の動止まる際に発熱が生じる。

運動中は身体が水蒸気を発散し続けるので、発熱作用が継続する。また、ブレスサーモ原綿の繊維に熱を取り込むことで保温効果もあり、暖かさが長持ちする。

僕のように「加齢臭」が気になる人に有難いのが、ブレスサーモの消臭機能。ブレスサーモ原綿は、臭いの原因となるアンモニアの吸着にも優れている。

以上を踏まえて「ブレスサーモ ハイブリッド フーディ」の特徴を見ていこう。

  • ブレスサーモ素材と防風ストレッチ素材のハイブリッドモデル
  • 雨風避けのフード付き
  • 前面に2つジップポケット付き
  • 手を温めるサムホール付き
  • 定価は税込15,180円

最大の特徴は、2つの異なる素材を戦略的に組み合わせていることだ。寒い環境下で最も寒さを感じやすい前身上部と後身中央部には、吸湿発熱素材のブレスサーモを配置。腕や側面など伸縮性が求められる場所にはストレッチ素材を配置している。

内側をめくると、よく分かる。内側のグレーの部分がブレスサーモ素材、黒の部分がストレッチ素材だ。

ブレスサーモ ハイブリッド フーディ」のスペックは以下のとおり。

商品コードJ2ME0501
サイズS、M、L、XL
カラーブラック、エステートブルー、プリンセスブルー
素材《表地》ポリエステル100%、《裏地》ポリエステル85%、合成繊維(ブレスサーモ)15%、《バインダー》ポリエステル83%、ポリウレタン17%
原産国タイ

全方位で寒さを防ぐ

今回選んだのは、Sサイズのエステートブルー。

「エステートブルー」は紺に近い青で、ランニングはもちろん、デニムと合わせてもカッコいいので普段着としても違和感がない。「プリンセスブルー」は明るいブルーで、アウトドアウェアっぽいカラーだ。

全体像。エステートブルーは、腕の内側にだけが明るいブルーがアクセントとして入っている。

前面はフルジップ。ジッパーが首元に当たらないように、ジップガードが付いている。細かいけど、結構大事なポイント。

前面の左右にはジップポケットが2つ。横長なので、スマートフォンの出し入れが簡単だ。6.1インチの「iPhone 12 Pro」は余裕でスルッと入った。

袖口はキュッと絞ってあり、冷たい空気の侵入を防いでくれる。

袖口はサムホール付き!親指を通すと、手のひらと手の甲を温めてくれる。手袋の代わりとまではいかないが、ちょっと寒い時や手袋を忘れた時に便利だ。指が出ているので、スマートフォンも操作できる。

首回りには「MIZUNO」のロゴが入ったパッドをぐるりと配置。肌に優しく、ランニング中の上下動でのズレを防いでくれる。

ブレスサーモ ハイブリッド フーディの評価

実際に「ブレスサーモ ハイブリッド フーディ」を着用して気づいたことをまとめていく。

サイズは小さい方がベター

今回、サイズはS(162-168cm)かM(167-173cm)で迷ったが、身長170cmの僕にはSサイズがちょうどピッタリだった。ストレッチ素材なのでジャストサイズでも全く窮屈に感じない。

腕まわりの動きが自由自在

腕まわりはストレッチ素材を使っているので、腕を大きく振っても違和感がない。

ポケットがは出し入れが楽!

前面左右に配置されたポケットは、横長でジッパーの口が大きいので、出し入れが楽で助かる。スマートフォンや自宅の鍵はもちろん、ランニング中に暑くなったら手袋や帽子なども簡単に収納できる。

何もよりも暖かい!

ブレスサーモのおかげで、真冬のランニングでも暖かい。動けば動くほど暖かくなる。

この記事で紹介したモノ

MIZUNO ブレスサーモ ハイブリッドフーディ J2ME0501

ブレスサーモ ハイブリッド フーディ」 は、ミズノの取扱店や公式サイト、その他ネット通販で販売している。Amazonだと無料で試着(返品・返送料が無料)することもできる。

関連記事

ブレスサーモ ショートソックス レビュー:冬ランに暖かい発熱する靴下

冬のランニング:防寒ウェアを揃えたら、冬の月間走行距離が5割増えた話

Weather Shirtレビュー:On の冬ラン用長袖トップス

DISCOVERY FZレビュー:裏起毛で真冬でも暖かいウェア

R1 Air Zip Neckレビュー:暖かテクニカルフリース

Thermal Airshed Jacketレビュー:ダウンライクなジャケット

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

ミズノ ダブルニットキャップ ブレスサーモ:発熱するニット帽

ミズノ アーチハンモック パイルソックス レビュー:足元からポッカポカ

OUTLINE HZ MIDレビュー:サロモンの暖か軽量ミッドレイヤー

On Trail Breakerレビュー:保温性と通気性に優れたトップス

ウエーブライダー 25 レビュー:サイズ25.5cmワイド、重さ250g

#Mizuno#長袖トップス

ピックアップ

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

ストレッチフリース手袋 レビュー:薄手なのに暖かいランニング手袋

COROS PACE 2レビュー:世界最軽量29gのランニングウォッチ

ヴァームとスーパーヴァームの違いを徹底比較

AfterShokz Aeropexレビュー:完全防水の骨伝導ワイヤレスヘッドホン

ニューハイツ スポーツボクサーショーツ レビュー:日常・ランニング兼用

最新記事

TENGA MEN’S CHARGEレビュー:ランニングに効果あるのか?

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画