tomo.run

2023年4月の走行距離は183km。毎年恒例のスランプに陥る

2023年4月の走行距離は183km。毎年恒例のスランプに陥る

毎年4月は心身ともに弱り気味で、ランニングの方もパッとしない。いわゆる「スランプ」というやつ…。今年も例外ではありませんでした。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

走行距離は183km

2023年4月の走行距離は183kmでした。

レースは4月17日の「ボストンマラソン2023」のみ。その後2週間ランニングをお休みしています。

ぜんぜん走れていないな…と思いましたが、昨年と大差ありません。

2022年4月の走行距離は196km。「かすみがうらマラソン2022」でフルマラソン自己ベストを更新し、その2週間後にハーフマラソンを走っていました。

ちなみに2021年4月はもっと少なくて144km。「毎年4月はバイオリズムが落ち込む」と書いていますが、まさにその通り。

年度末となる3月に疲労が重なり、4月は心身ともに弱り気味。それが月間走行距離にも現れていますね。

念願のボストンマラソン

「ボストンマラソン2023」は3時間1分42秒で完走しました。

スプリットを見ると美しすぎるほどのポジティブスプリット。5km地点を頂点に、ペースが徐々に落ちていっています。

「ボストンは前半の下り坂でペースを抑えないと後半死ぬ」という格言(?)があり、自分もそれを意識して走りました。

しかし実際には周りの流れに抗えず、自分史上最速タイムで中間地点を通過。そして、23kmあたりで心がポキっと折れました。

レース展開としては最悪のパターンですが、後半は無理しなかったため最後まで楽しむことができました。

今後のレースプラン

ボストンマラソンを走った後は疲労感が半端なかったです。

振り返ると、昨年の8月からほぼ月イチのペースでフルマラソンを走っています。

  • 北海道マラソン(8月)
  • 新潟シティマラソン(10月)
  • 富山マラソン(11月)
  • 青島太平洋マラソン(12月)
  • いぶすき菜の花マラソン(1月)
  • 熊本城マラソン(2月)
  • ボストンマラソン(4月)

ちょっと走り過ぎましたね。自分ではちゃんとリカバリーしているつもりでしたが、やはりフルマラソンの疲れが侮れないです。

今後は少なくともフルとフルの間は少なくとも2ヶ月間は休み、ワンシーズンの上限は2本とします。

6月は「函館マラソン2023」にエントリーしています。

2023年後半は「金沢マラソン2023」か「東北・みやぎ復興マラソン2023」を本命レースにしたいなと。

その他にフルをもう1本、10km・ハーフを1〜2本。とにかくあまり詰め込みすぎないようにします。

買って良かったもの

ニューハイツ レーシングボクサーショーツ

滋賀県発のブランド、ニューハイツ(New Heights.)のアンダーウェアです。

もともと日常生活とランニングで兼用できる「スポーツボクサーショーツ」を愛用していましたが、この度レースにも使える「レーシングボクサーショーツ」を購入しました。

ボストンマラソンでも着用しましたが、股ずれの心配もなく、とても快適でした。

ナイキ ヴェイパーフライ3

先行販売ではクリック合戦に負けて買えませんでしたが、その後たまたま公式サイトを覗いたら在庫がありました。

言わずと知れたナイキの最速級マラソンシューズ。実は「ヴェイパー」シリーズを履くのは今回が初めてです。

これまではアシックスの「メタスピード」やサッカニーの「エンドルフィンプロ」を本命レースに使ってきました。

今回はボストンマラソンで「ヴェイパーフライ3」で投入しましたが、違和感なく履きこなせました。

ボストンマラソンのロングTシャツ

こちらは「ボストンマラソン2023」の参加賞として貰ったものですが、めちゃくちゃ気に入っています。

一応値札がついていて40米ドルくらいでしたが、普通に1万円くらいの価値はあると思います。

おまけ

毎年4月は心身ともに弱り気味ですが、5月になると元気になります。

GW休暇はしっかり休んで、次の「函館マラソン2023」に向けて再び走り始めます。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。