カーボンファイバー搭載のスピー"/>

tomo.run

On「Cloudboom」レビュー

On「Cloudboom」レビュー

2020年7月に発売されたOnのランニングシューズ「Cloudboom」を紹介します。

2層のCloudTecとカーボンファイバーを搭載し、レースやスピード練習で本領を発揮します。主な特徴は以下のとおり。

  • カーボンファイバー搭載のスピードボード
  • 2層のCloudTecクッション
  • 通気性に優れたエンジアードメッシュ
  • 高速レース・スピード走に最適
  • 重さは208g(メンズ25.5cm)
  • ドロップは9mm
  • 定価は税込21,780円
  • 「とも」は発売日当日に注文しました。早速履いてみたのでレビューしたいと思います。

    当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

    更新日: 公開日:

    目次と内容

    カーボンファイバー搭載

    On(オン)はスイス初のランニングシューズ・ウェアの人気ブランドです。

    レースに適したモデルは「Cloudflash」がありましたが、2020年7月にOnで初めてカーボンプレートを搭載した「Cloudboom」が加わりました。主な特徴は以下のとおり。

  • カーボンファイバー搭載のスピードボード
  • 2層のCloudTecクッション
  • 通気性に優れたエンジアードメッシュ
  • 高速レース・スピード走に最適
  • 重さは208g(メンズ25.5cm)
  • ドロップは9mm
  • 定価は税込21,780円
  • 最大の特徴は、カーボンファイバーを搭載したスピードボードを2層のCloudTecクッションシステムで挟み込んでいること。

    爆発的な推進力とそれを支えるクッショニングが見事に融合しています。公式サイトによると「高速レース、10〜42.2kmのロードレース、長距離インターバル」に最も適したモデルです。

    Cloudflashとの違い

    これまでOnの最速マラソンシューズだった「Cloudflash」と比較してみよう。基本スペックを表にまとめた。

    CloudboomCloudflash
    発売2020年7月2020年9月
    重さ225g210g
    ドロップ9mm5mm
    ミッドソールカーボン製「Speedboard」、2層のCloudTec、フォームクッションカーボン製「Speedboard」、2層のCloudtec
    アッパー超軽量エンジニアードメッシュシングルメッシュレイヤー
    アウトソールラバーグリップラバーグリップ

    いずれもOn史上最速級のランニングシューズですが、「Clouflash」の最適距離が5km〜10kmであるのに対し、「Cloudboom」は10km〜42.2km、つまりハーフマラソンやフルマラソンにも対応できます。

    デザインとスペック

    それでは「Cloudboom」を詳しく見ていきましょう。

    まずは、2層構造のCloudTecをさらに進化させたミッドソールから。上部(緑のクッション)と下部(白のクッション)の間に黒板状のスピードボードを挟んでいます。

    CloudTecの穴の位置は上下でジグザグです。

    アッパーには前部と左右に超軽量のエンジニアードメッシュを採用。網の目が荒く、生地の向こうが透けて見えるほど。

    タンは薄く、足の形にピタリとフィットします。アンクルパッドは肌にピタリと馴染みます。

    アキレス腱の部分は立体構造になっており、シューズのフィット感・安定感を高めています。

    ヒールカップには薄くて柔らかい素材を使用。外側には「On」のロゴが目立ちます。

    靴底にはフォアフットとヒール周りにグリップを配置。濡れた地面でも滑りにくく、雨の日のランニングでも安心です。

    驚きの軽さ

    メンズ25.5cmの重さは実測値で208gでした。軽いので高速レースやスピード練習に最適です。

    サイズ感

    「Cloudboom」のサイズ展開は以下のとおり。

    • メンズ:25.0〜30.0cm/31.0cm
    • レディース:22.0〜28.0cm

    普段のランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷いますが、今回は25.5cmを選びました。窮屈とまでは言いませんが、ワンサイズ大きい26.0cmでも良かったかなと思います。

    履いてみた感想

    実際に「Cloudboom」を履いてみた感想をまとめます。

    着地は柔やく、しなやか

    二層のCloudTecのクッショニングにより、着地が柔らかく、衝撃から足が守られているように感じます。

    でもスピードボードはしなやかで適度な弾力性があります。カーボンプレート搭載シューズの多くは、硬い板のような剛性を持っていますが、「Cloudboom」は結構曲がります。

    最も快適に走れるペースは4:00/km前後

    実際にロードで走ってみた感じでは、4:00/km前後のペースが最も快適に走れました。フルマラソンだと「サブ3」ペースですね。このペースでのロングインターバルやペース走にも使えそうです。

    雨の日も大丈夫

    雨の日にも走ってみましたが、アウトソールのラバーのグリップ性能はめちゃくちゃ優秀でした。濡れた地面でも滑る心配はありません。

    おまけ

    ついにOn(オン)もカーボンプレートに手を出したか、と思いましたが、もともと「Cloudflash」に搭載されているスピードボードはカーボンプレートのような役割を担っていたんですよね。

    まあでもランニング界のトレンドである「カーボンプレート」を推した方が注目を集めやすいのかもしれません。

    On「Cloudboom」レビュー

    この記事で紹介した「On Cloudboom」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

    公式オンラインストアで探す

    On公式オンラインストアなら送料無料。30日間の返品・返送料も無料なので、自宅で気軽に試着ができます。

    自宅で無料試着してみる

    シューズやウェアのサイズ選びに不安があるなら、Amazonの無料試着サービス「Prime Try Before You Buy」で気になるサイズをまとめて注文。自宅で試着した後、不要なものは無料で返送・返品できます。