Cloudboom Echoレビュー:サイズ 26.0cm、重さ210g

2021年6月に発売されたCloudboom Echo(クラウドブーム エコー)はOn最速のマラソンシューズ。Cloudboomで採用された2層CloudTecとSPEEDBOARDを継承しつつ、ミッドソールにクッションを配置したメジャーアップデートモデル。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloudboom Echo

メンズ 25.0cm〜29.0cm、レディース 22.0cm〜25.5cm

この記事の目次

On最速のマラソンシューズ

「Cloudboom Echo」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、フォアフットに配置された厚めのソールクッション。これまでのOnのランニングシューズは「CloudTec」をベースにクッショニングを実装しているが、「Cloudboom Echo」は柔らかいフォームをクッション素材に採用している。

例えば、前モデルの「Cloudboom」は、Onの代名詞でもある「CloudTec」をさらに進化させ、2層にすることでクッショニングを高めている。ある意味、「CloudTec」の完成形とも言えるだろう。

一方で「Cloudboom Echo」は2層の「CloudTec」の基本構造は継承しつつも、「CloudTec」に依存しないクッショニング・システムを構築している。

後述するが、このフォアフットのソールクッションが生み出す着地の感触は非常に新鮮だった。

Cloudboomとの違いは?

ここで「Cloudboom Echo」のスペックを詳しく見ていこう。前モデルの「Cloudboom」も持っているので、両者を比較しながら解説する。

Cloudboom Echo Cloudboom
発売 2021年6月 2020年7月
重さ 220g 225g
ドロップ 9mm 9mm
ミッドソール カーボン製「Speedboard」、2層のCloudTec、フォームクッション カーボンファイバー入りの「Speedboard」、2層のCloudTec
アッパー 100%再生ポリエステルのエンジニアードメッシュ 超軽量エンジニアードメッシュ
アウトソール 設置面積の広いラバーコンパウンド ラバーグリップ

重さは220gと、レースシューズの中では200gを切る最軽量の部類には入らないが、Onのランニングシューズの中では最軽量級だ。メンズ26.0cmの重さは実測値で210gだった。

「Cloudboom」との違い

名前は似ているが設計思想が異なる。以下は左が「Cloudboom」で右が「Cloudboom Echo」。まず、Speedboard(黒い板の部分)の挟み方が違う。「Cloudboom」は上下均等に挟んでいるのに対し、「Cloudboom Echo」はミッドフットからカカトにかけて、二層のCloudTecの上に挟んでいる。

アッパーのエンジニアードメッシュは「Cloudboom Echo」のほうが目が細かく、耐久性もアップしている。

アウターソールは「Cloudboom Echo」のほうがフォアフットのラバーの接地面積が広い。

デザイン

それでは「Cloudboom Echo」を詳しく見ていこう。

まずは側面から。従来のOnのランニングシューズと大きく異なる部分は、ミッドソールに配置された柔らかいフォームの存在。「CLOUDTEC」と印字された部分が、ミッドソールの中でもかなりのウェイトを占めているのが一目瞭然だ。


アッパーには、100%再生ポリエステルのエンジニアードメッシュを採用。薄くて通気性に優れ、耐久性も高いのが特徴。

タンは、足の形にぴたりとフィットする薄型タイプ。

アンクルパッドが足首を優しく包み込んでくれる。プルタブがあるので着脱もしやすい。

アウターソールは、フォアフットとヒール部分にのみ、滑り止め防止用のラバーを配置している。特にフォアフットは継ぎ目なしに配置されたラバーコンパウンドがグリップ力を高めている。

最後に、Onのランニングシューズでお馴染みのスイスの国旗と「SWISS ENGINEERING」の文字。主張しすぎず、さりげなく入っているところが良い。

サイズ感

「Cloudboom Echo」のサイズ展開は以下のとおり。

普段のランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷うが、今回は26.0cmを選んだ。というのも、前モデルの「Cloudboom」で25.5cmを選び、足指周りがやや窮屈に感じたからだ。

「Cloudboom」に比べると「Cloudboom Echo」は横幅のサイズが若干大きめに作られている。それでも26.0cmを選んで正解だった。ぜひ、ワンサイズ大きいサイズも試着してみて欲しい。

耐久性

走行距離100km

主にロングインターバルとペース走で使用しているため、アウターソールのラバーの摩耗が目立ってきた。2層のCloudTechもやや押しつぶされている。ただしクッション性は損なわれていない。


Cloudboom Echoの評価

ここからは実際に「Cloudboom Echo」を履いてみて気づいた点をまとめていく。

フォアフット走法が一番しっくりくる

まず最初に感じたのは、走り方を選ぶシューズだなということ。つま先部が大きくせり上がっているが、フォアフットのフォームに厚みがあるため、ロッキングチェアのように転がして走るのは向いていない。むしろフォアフットで着地してクッショニングとレスポンスを最大限享受するほうが効率的に走れる。

ランニングソックスは厚めが良い

フォアフット走法で走ると、着地の際にCloudTecのボコボコした部分が足裏に当たり、わずかながら摩擦熱の原因となる。厚めのソックスのほうが摩擦熱を抑えられそうだ。

設置面積が広く、安定する

「Cloudboom」に比べると、「Cloudboom Echo」は走行安定性が一段と高い。特にフォアフット走法では継ぎ目なしのラバーコンパウンドが、地面をしっかりと捉えてくれるので安心だ。

まったく新しい着地の感覚

7kmのペース走(平均ペース4:00/km)を走って感じたのは、「Cloudboom」やこれまでのOnのランニングシューズにはない、柔らかいクッショニングは新鮮だった。やはりミッドソールにフォームを採用しているのが大きいのだろう。CloudTec特有の硬めのクッショニングは好きだが、CloudTecとフォームの組み合わせは着地の衝撃を和らげつつ、爆発的な推進力を生み出している。

さようなら「Cloudboom」

一度「Cloudboom Echo」を履いてしまうと、もう「Cloudboom」には戻れない。すでに「Cloudboom」を持っている人は、「Cloudboom」が無駄になってしまうことを覚悟しよう。。それだけ「Cloudboom Echo」は革命的なシューズだ。

耐久性チェック

シューズの耐久性は気になるもの。ここでは定点観測的に「Cloudboom Echo」の消耗具合をまとめていく。

まずは初日の様子。7kmのペース走と前後ウォームアップ・クールダウンを含めて走行距離は11km。ミッドソールの柔らかいフォームにはシワが入っている。CloudTecにもキズが目立つ。

On Cloudboom Echo

メンズ 25.0cm〜29.0cm、レディース 22.0cm〜25.5cm

あわせて読みたい