14個のCloudTecによるソ"/>

tomo.run

On「Cloudflash (2017)」レビュー

On「Cloudflash (2017)」レビュー

2017年4月に発売されたOnのランニングシューズ「Cloudflash(クラウドフラッシュ)」を紹介します。

On史上最速のランニングシューズでレースやスピード練習におすすめです。特徴は以下のとおり。

  • 14個のCloudTecによるソフトな着地と爆発的な蹴り出しを実現
  • エネルギー変換効率の高いスピードボードを搭載
  • 極薄のナノメッシュで編まれたスケルトンアッパーを採用

早速履いてみたので詳しくレビューしたいと思います。

当ブログでは広告を利用していますが、紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

更新日: 公開日:

目次と内容

Onの最速級マラソンシューズ

On(オン)はスイス初のランニングシューズ・ウェアの人気ブランドです。

今回紹介する「Cloudflash」は、Onのランニングシューズの中でも高速ペースに適したモデル。主な特徴は以下のとおりです。

  • 14個のCloudTecによるソフトな着地と爆発的な蹴り出しを実現
  • エネルギー変換効率の高いスピードボードを搭載
  • 極薄のナノメッシュで編まれたスケルトンアッパーを採用

最大の特徴は、最高のパフォーマンスを出すためにエネルギー変換効率、軽量化、快適性を極限まで高めていること。

特にスピードボードは「Cloudflash」ならではの技術で、驚異的なスピードを生み出す原動力となります。

デザインとスペック

それでは「Cloudflash」を詳しく見ていきましょう。

まずは側面(外側)の様子から。黒い板状の素材がスピードボードです。その下には片面7個、左右合わせて14個のCloudTecが配置されています。

側面(内側)の様子。中足部の部分だけCloudTecがなく、宙に浮いている状態になります。

アッパーには透けるほど薄いなナノメッシュを採用。

タンの部分はペラッペラに薄く、通気性を高めるために定間隔で穴が開けられています。

靴底の様子。つま先とかかとの部分にだけ、グリップ性能に優れたラバー素材が配置されています。

スイス工科大学と共同開発した「CloudTec」は、後方から見るとカモシカのひづめのように二股になっています。圧力を加えると突起の部分が潰され、クッションの役割を果たしています。

インナーソールは珍しい二重構造でした。

ヒールカップの横にはスイスの国旗を配置し、「スイス・エンジニアリング」をさりげなく主張しています。

ただし、製造国はスイスではなくベトナムです。Appleの「Designed by California and assembled in China」みたいですね。

メンズ25.5cmの重さは実測値で205gでした。

履いてみた感想

実際に「Cloudflash」を履いてみた感想をまとめます。

縦長に大きい

フルマラソンのレース前に、2回だけ試走しました。ランニングシューズ選びでは25.5cmか26.0cmで迷いますが、今回はワンサイズ下の25.5cmを選びました。

それでも実際に足を入れてみると縦長に大きく、つま先周りがユルユルしています。シューレースをキツく固定すれば何とか履けます。

反発力が強い

実際に走ってみると、反発力を強く感じます。もともとCloudTecはクッションが硬めですが、さらに板のようなスピードボードが加わることで、着地の度に高い剛性を実感します。

フルマラソン

その後、実戦に投入してみました。デビュー戦は「東京マラソン2018」。自己ベスト更新となる最高の走りができました。

ところが、レース後にシューズを外すと、足裏に水ぶくれが出来てしまいました。水ぶくれはこれまで何度も経験していますが、ここまで大きいサイズは初めて。

縦長のため、着地の際に足が前後にズレてしまったのが原因のようです。シューレースでしっかり固定しても、フルマラソンのような長時間のレースには耐えられなかたようです。

ハーフマラソン

その2週間後に走ったハーフマラソンでもう一度着用しました。距離はフルマラソンの半分ですが、同じような水ぶくれが出来てしまいました。

これはもう、サイズ選びで失敗したとしか言えないですね……。これ以上被害を出すわけにはいかず、ハーフマラソンを最後に「Cloudflash」はお蔵入りとなりました。

おまけ

「とも」は毎年10足以上のランニングシューズを自費で購入しています。慣れてくると試着しなくても、ちょうど良いサイズ感を見極められるのですが、たまに失敗もします。

まあでも、こういう失敗を重ねることで自分に向き・不向きのランニングシューズを見分けられるようになります。

最後までお読みいただき有難うございます。この記事はマラソンブロガーのtomo.が書きました。当ブログでは紹介するランニングアイテムはすべて自費で購入し、忖度なしでレビューしています。

この記事で紹介した「On Cloudflash」の最新価格・在庫状況は以下の通販サイトで確認できます。

On Cloudflash

Amazonで最大8%ポイントアップ「スマイルSALE」開催中(4/22まで)

公式オンラインストアで探す

On公式オンラインストアなら送料無料。30日間の返品・返送料も無料なので、自宅で気軽に試着ができます。