ともらん

徹底レビュー|On Cloudvista:最軽量のトレランシューズ

2022年3月発売。Cloudvista(クラウドビスタ)は、トレイルもロードも快適に走れるOnの新作ランニングシューズ。早速メンズの26.0cmを購入したので紹介する。

Cloudvista」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

この記事の目次

購入の決め手

Onの「Cloudvista」の主な特徴は以下のとおり。

  • Onの最軽量トレイルランニングシューズ
  • ミッドソールに軽量高反発素材「Helionスーパーフォーム」を採用
  • アウターソールに耐久性とグリップ力に優れた「Missiongrip」を搭載
  • アッパーは通気性に優れた二層構造
  • 定価は税込15,180円

今回は「Cloudvista」のメンズ26.0cmのGlacier/Blackを公式サイトで購入した。

魅力:トレイル&ロード兼用

購入の決め手は、トレイルランニングとロードランニングで併用できそうだったから。

山道を安心安全に走るプロテクションを備えつつ、ロードを快適に走る軽量性や通気性にも妥協がない。

意外とこの2つのバランスが取れたシューズは少ない。これ1足でロード⇄トレイル、ロード⇄クロカンの切り替えがスムーズに行える。

欠点:汚れが目立ちそう

発売時のカラーは白を基調とした2種。いずれも山道をガシガシ走ったら汚れが目立ちそうだ。またアッパーが2層構造なので、内側の汚れをきれいに落とせるか不安。

デザインとスペック

それでは「Cloudvista」を詳しく見ていこう。

Helionスーパーフォーム

ミッドソールには「Helionスーパーフォーム」を採用。固いフォームと柔らかいフォームを融合させた素材でクッション性と反発性に優れている。

またOnのランニングシューズの代名詞でもある「Cloudtec」構造と組み合わせることで「Helionスーパーフォーム」の衝撃吸収と蹴り出しをより際立たせている。

2層のアッパー

アッパーは、外側にハニカム構造(正六角形)のメッシュ、内側に薄い膜のような生地を配置した二層構造。いずれも通気性に優れ、足の形にピタリとフィットする。

通気性に優れたタン

シュータンの裏地もメッシュになっており、通気性を高める工夫が施されている。

ソフトなアンクルパッド

足首をぐるりと囲むようにアンクルパッドを配置し、フィット感とホールド感を高めている。シューホール(穴)にOnのロゴがさりげなく使われていて可愛い。

立体的なインソール

インソールは2つの異なる素材を組み合わせたもの。ヒールカップを包み込むような構造が特徴だ。

Missiongrip

靴底の接地部分は摩耗に強く、グリップ力に優れた「Missiongrip」を搭載。岩場や砂利道、泥や砂など、あらゆる路面でも安定した走りをサポートしてくれる。

Onの最軽量トレランシューズ

メンズ26.0cmの重さは実測値で272gだった。ロードランニングシューズのカテゴリでは重い方だが、トレイルランニングシューズの中では最軽量級。

スペック比較

以下はOnの主要なトレイルランニングシューズのスペック比較表。

CloudvistaCloudventureCloudultra
距離タイプ短〜中距離中距離長距離
重さ280g310g295g
ドロップ7mm6mm8mm
アッパー2層構造ポリエステル素材2層のメッシュ、FlipRelease
ミッドソールHelionスーパーフォーム、CloudtecHelionスーパーフォーム、Speedboard、CloudtecHelionスーパーフォーム、2層のCloudtec
アウターソールMissiongripMissiongripMissiongrip
価格15,180円17,380円20,680円

「Cloudvista」は3つの中で最も軽く、短〜中距離に指摘したモデル。防水仕様(ウォータープルーフ)のモデルが欲しければ「Cloudventure」一択となる。

実体験レビュー

ここからは実際に「Cloudvista」を履いてみて気づいた点を紹介する。

サイズ感

ランニングシューズのサイズは25.5cmか26.0cmで迷うが、今回は26.0cmを選んだ。足幅に余裕があり、足指の動きか自由自在。

少し大きめのサイズでも足首周りのアンクルパッドが足をがっしり固定してくれるので、ホールド感にまったく不安を感じない。

しなやか

最初の一歩を踏み出した時、「なんてしなやかに曲がるんだろう」と感動した。Helionスーパーフォームのミッドソールはもちろん、2層のアッパーも足の屈折を邪魔しない。

トレランシューズの多くは耐久性を優先するあまり、カッチリした履き心地のものが多い。「Cloudventure」はロードでも普通に走れるが、しなやかさに欠けるため、カクカクした動きになりがちだ。

その点「Cloudvista」のしなやかさは、ロードランにおいても快適な走りをサポートしてくれる。

安定のグリップ

しなやかな履き心地を実現するために耐久性を犠牲にしているわけではない。靴底に張り巡らされたMissiongripはあらゆる路面において「守られている」と感じられる。

Cloudtecの突起の上にさらに配置さえれた突起が、ボコボコした路面もガッチリと捉える。

切り替えがスムーズ

トレイルランニングシューズとしてもロードランニングシューズとしても優秀。実際にロード7km+クロカン4kmの組み合わせで走ってみたが、切り替えがとてもスムーズに感じた。

耐久性:50km

走行距離50km超のソールの状態。シワと汚れが目立つ。

結論:オン・オフの切り替えがスムーズ

ここで言うオン・オフは(オン)ロード・オフロードの意味。「Cloudvista」はアスファルトのロードでも、トレイルやクロカンのオフロードでも快適に走れる。

ロード⇄トレイル、ロード⇄クロカンの切り替えがスムーズに行えるので、ハイブリッドな走りを求めるランナーはもちろん、トレランやクロカンに挑戦したいロードランナーにもおすすめの1足だ。

僕の場合、クロカンでの出番が多くなりそう。最寄りのクロカンコースまでアスファルトの道を片道4km走り、目的地に着いたらそのまま不整地を爆走する。

Cloudvista」の最新価格・在庫状況を今すぐチェックしてみよう!

マラソンブログ"ともらん"を運営している"とも"です。詳しいプロフィールはこちら。この記事が気に入ったら、シェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

「On」に関する記事一覧

「シューズ」に関する記事一覧