自費レビュー|On Cloudvista Waterproof

Onシューズ

Cloudvistaはロードもトレイルも快適に走れるOnのランニングシューズ。2022年9月に防水仕様のWaterproofモデルが加わり、最強の1足に進化した。実際に履いてみた感想を紹介する。

とも

ここまで汎用性の高いランニングシューズはないのでは?ロードもトレイルも、晴れの日も雨の日もこれ1足でOK。

購入ガイド

On Cloudvista Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

目次と内容

待望のWaterproofモデル

Cloudvistaは2022年3月に発売されたランニングシューズ。カテゴリ的にはトレイルランニングに分類される。

Onのトレイルランニング向けのシューズは「Cloudventure」や「Cloudultra」があり、「Cloudvista」はその中でも最軽量で短〜中距離に適したモデルとなる。

CloudvistaCloudventureCloudultra
距離タイプ短〜中距離中距離長距離
重さ280g310g295g
ドロップ7mm6mm8mm
アッパー2層構造ポリエステル素材2層のメッシュ、FlipRelease
ミッドソールHelionスーパーフォーム、CloudtecHelionスーパーフォーム、Speedboard、CloudtecHelionスーパーフォーム、2層のCloudtec
アウターソールMissiongripMissiongripMissiongrip
価格15,180円17,380円20,680円

ロードもトレイルも快適

僕は発売直後に購入し、すぐにCloudvistaの虜になった。最大の特徴は、トレイルランニングシューズでありながらロードでも快適に走れること。

通常、トレイルランニングシューズにおける快適性は堅牢性とのトレードオフになるが、Cloudvistaは最低限の堅牢性を担保しつつ、最大限の快適性を実現している。

練習でロード・クロカン・トレイルを交互に走る時、旅ランで不整地を走る時などにCloudvistaを重宝している。

Waterproofモデル

「これで防水モデルがあれば最強なんだけどな……」と思っていたら、防水仕様のWaterproofモデルが発売された!「これは買わない理由はない」と、迷わずに購入。

Cloudvista Waterproofの特徴は以下のとおり。

  • ミッドソールに軽量高反発素材「Helionスーパーフォーム」を採用
  • アウターソールに耐久性とグリップ力に優れた「Missiongrip」を搭載
  • アッパーに防水素材を採用したWaterproofモデル
  • 定価は18,480円

Cloudvistaとの比較

参考までに、2022年9月に発売されたCloudvista Waterproof(写真左)と2022年3月に発売されたCloudvista(写真右)を比較してみよう。

最大の違いはアッパーの構造。Cloudvistaは通気性に優れた2層構造で外側はメッシュ素材を採用。一方でCloudvista Waterproofは外側に防水性の素材を採用し、水や空気を遮断している。

タンの厚みにも違いがあり、Cloudvistaは薄っぺらいのに対して、Cloudvista Waterproofは厚みがある。

Cloudvista Waterproofは「On」のロゴに反射材を使用し、暗い場所での安全性を高めている。ミッドソールの構造は同じ。

アウターソールの構造も同じ。悪路でも高いグリップ性能と安定性能を発揮する「Mission Grip」を搭載。

デザインとスペック

それでは、Cloudvista Waterproofを詳しく見ていこう。今回選んだのは、メンズ26.0cm、カラーは「Eclipse Black」。

Helionスーパーフォーム

ミッドソールには「Helionスーパーフォーム」を採用。固いフォームと柔らかいフォームを融合させた素材でクッション性と反発性に優れている。

CloudTecクッショニング

Onのランニングシューズの代名詞でもある「CloudTec」構造と組み合わせることで「Helionスーパーフォーム」の衝撃吸収と蹴り出しをより際立たせている。

防水アッパー

アッパーは防水性に優れた素材で覆われており、水や空気の侵入を防ぐ。

タンも防水仕様

タンとアッパーを一体化させることで防水性を高めている。この結合部分までの高さなら、水に浸かっても大丈夫。

アンクルパッド

足首周りには柔らかいアンクルパッドを配置。くるぶしは外に出るが、アキレス腱はすっぽり覆われる。

Mission Grip

Onのトレイルランニングシューズに搭載されるアウター素材「Mission Grip」。このボコボコした突起がどんな悪路でもしっかり捉えてくれる。

重さ

メンズ26.0cmの重さは実測値で296gだった。同じサイズの防水モデルでないCloudvistaは272gなので、約10%分の増量となる。

サイズ感

ランニングシューズのサイズは25.5cmか26.0cmで迷うが、今回は26.0cmを選んだ。足幅に余裕があり、足指の動きか自由自在。

少し大きめのサイズでも足首周りのアンクルパッドが足をがっしり固定してくれるので、ホールド感にまったく不安を感じない。

CloudvistaもCloudvista Waterproofもサイズ感に変わりはない。

履いてみた感想

ここからは実際にCloudvista Waterproofを履いてみた感想を紹介する。

トレランシューズなのに、しなやか

Cloudvistaが快適性が防水加工によって損なわれないか不安だったが、まったくの杞憂に終わった。ミッドソールはCloudvista同様にしなやかに曲がり、アッパーもそれに順応する。

高いホールド感

アンクルパッドとタンが足首を優しく包み込む。アキレス腱からカカトにかけて足の形に寄り添うヒールカップがホールド感を高めている。

水たまりもへっちゃら

Cloudvistaの唯一の弱点は、水に弱いことだった。アッパーは通気性が優れていた反面、雨や水しぶきに触れると、すぐに内側まで浸透する。

Cloudvista Waterproofは、唯一の弱点を克服したことで「最強の1足」に進化した。

不整地も安心

砂利・芝生・土・泥などの不整地や山道など、あらゆる路面に対して高い走行安定性を発揮する。

ガチなトレイルランニングをするなら「Cloudventure」や「Cloudultra」の方が安心だが、ライトなトレイルランニングやクロカンなら「Cloudvista Waterproof」でも十分。

雨の日の通勤で重宝する

ランニング以外でも、雨の日の普段靴として履いても良し。Onはデザイン性にも優れているので普段着とコーディネートしやすく、カジュアルウェアOKなら職場にも履いていける。

雨の日の通勤は靴が濡れたりして大変だが、Waterproofなら大丈夫。しかも履き心地が快適なので長時間の直立・歩行にも優しい。

まとめ

以上、OnのCloudvista Waterproofを紹介した。

CloudvistaかCloudvista Waterproofかで迷ったら、Waterproofを選ぶのが賢明。重さは約10%の増量となるが、トレイルランニングなら防水を選んだ方が無難だし、雨の日のランニングや通勤にも使える。

しかも防水加工することで、Cloudvista本来の快適性が損なわれていないのは驚きだ。

とも

ここまで汎用性の高いランニングシューズはないのでは?ロードもトレイルも、晴れの日も雨の日もこれ1足でOK。

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

On Cloudvista Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

関連記事

Cloudventure Waterproof(クラウドベンチャー ウォータープルーフ)は、Onの防水仕様のトレイルランニングシューズ。堅牢なのに軽量、どんな状況でも高い安定性を保つグリップ、そして全方位からの水の侵入を防ぐ防水性能。実際に履いてみて気づいた点を紹介する。

On Cloudventure Waterproof」の最新価格を今すぐチェック!

#On#シューズ

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。