オン ランニングソックス Mid Sock【評価・レビュー】伸縮自在

最終更新日:

スイス生まれの高機能ランニングソックス「Mid Sock」を購入したので、特徴や使用感をランナー目線で紹介します。

この記事のもくじ

オン ランニングソックス Mid Sock【評価・レビュー】伸縮自在

オンのランニングソックスを買った理由

オン(ON)は、高機能ランニングシューズやウェアの開発・販売を手がけるスイスのスポーツ用品メーカー。チューリッヒ工科大学と共同開発したオンのランニングシューズは、今や日本のマラソン大会でもよく見かけるようになりました。

僕もオン(ON)を愛用しており、これまでに以下を購入。

ランニングショーツは、レース本番の勝負ウェアとして使用しています。ランニングシューズだけかと思ったら、オンはランニングウェアも素晴らしい。

というわけで、ランニングソックスを購入するのも時間の問題でした。

Mid Sockの特徴

三種類のランニングソックス

オンのランニングソックスは、メンズウィメンズでそれぞれ三種類の展開となっています。

  • Mid Sock 保護とパフォーマンスを実感できるランニングソックス。走り続けたくなる心地良さ
  • Low Sock 快適なランニングソックス。暖かい日やレースの日にもぴったりです
  • High Sock 常に足をカバーする際立つパフォーマンスランニングソックス。あなたの走る意欲を表す一足


メンズ ランニングソックスより

長さに特徴があり、「Low Sock」は短く、「High Sock」は長く、「Mid Sock」はその中間。最終的に、程よい長さの「Mid Sock」を選びました。

素材

今回は、オンの公式オンラインストアで注文しました。パッケージは極限までにシンプル。必要最低限のものしか残さないオンらしいパッケージングですね。

こちらは「Mid Sock」の構造を図解したもの。斜めの模様には通気性(ventilation)を高める素材が使われています。他にも、カカトやアーチ、つま先の形状にぴたりとフィットする設計になっています。

使われている素材は、以下の通り。

  • ポリアミド 94%
  • エラスタン 6%

ちなみに製造国はスイスとは明記されておらず、EUで製造(Made in European Union)とのみ書かれていました。

左右別々

「Mid Sock」は、左右で別々の形をしています。「L」と書いてあるのが左用、「R」と書いてあるのが右用です。

立体構造

足にぴたりとフィットするように、立体構造を採用。写真のように、自立します!

Mid Sockの履き心地

伸縮性高すぎ

「Mid Sock」が自宅に届いて、まず最初に驚いたのがサイズ感。公式サイトでは、25〜26cmは「サイズS」と書いてあったので、足のサイズが25.5cmの僕は、迷わず「サイズS」を選びました。

実際には、自分の足よりもふた回りぐらい小さいサイズでした。

「これはサイズ交換だな…」と思いながら手にとってみると、ビヨンビヨン伸びる素材であることがわかりました。思い切って履いてみると、足にぴたりと張り付くようなジャストフィットでした。いい意味で裏切られましたね。

足指周りも以下の写真のように、ビヨンビヨン伸びるのでストレスフリー。

カカト周りのサポートが充実

伸縮性が高い素材だと一般的にサポートは弱くなりがちですが、「Mid Sock」はカカト周りのサポートが充実しています。特にカカトの下の部分が薄いクッションのようになっているので、着地の衝撃を和らげてくれます。

外側の写真。

アーチのサポートはやや弱い

ひとつだけ気になったのは、アーチのサポート部分。個人的にキュッと締まっている方が好みですが、「Mid Sock」はちょっと物足りない感じがします。

内側の写真。

足裏の写真。

まとめ

「Mid Sock」はとにかく伸縮自在なのが特徴ですね。足を締め付けられるのが苦手な方には、ぴったりのチョイスだと思います。

また、カカト周りのサポートがしっかりしているので、怪我の予防にも効果がありそうです。

しばらく使ってみて、気に入ったらレース用の「Low Sock」も購入してみようと思います。

Profile
プロフィール

埼玉県さいたま市在住のマラソンブロガー&IT会社員&二児パパ。地元浦和から世界の果てまで、そこに道があれば走っています。マラソン遠征や大会レポ、話題のランニングシューズや最新ガジェットのレビューをブログで発信中。