自費レビュー|パタゴニア R1 デイリー ジャケット:極薄フリース

アウターパタゴニア

パタゴニアの長袖フリース。伸縮性に優れた裏起毛が肌を直に温めてくれる。真冬のランニングやウィンタースポーツに1枚持っておきたい逸品。

購入ガイド

R1 デイリー ジャケット」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

目次と内容

購入の決め手

パタゴニアの「R1 デイリー ジャケット」の主な特徴は以下のとおり。

  • 冬のランニングに最適なパタゴニアの長袖フリース
  • 外側は滑らかで伸縮性に優れ、内側は起毛フリースで暖かい
  • 左胸と左右両サイドにジッパー式ポケットを配置
  • 定価は税込15,950円

今回は、メンズSサイズの「Smolder Blue」をパタゴニアの公式サイトで購入した。

魅力:薄手なのに暖かい

購入の決め手は、フリースの暖かさとロングスリーブシャツの動きやすさを兼ね備えていること。

これを1枚羽織れば、上半身にピタッとフィットして裏起毛のフリースが肌を直に温めてくれる。生地が薄くて伸び縮みするので、ランニングの腕振りの妨げにならない。

欠点:スマホ収納

唯一の欠点はスマホ収納。ポケットにスマホを入れて走ると飛び跳ねてストレスになる。そして、価格も高い。

デザインとスペック

それでは「R1 デイリー ジャケット」を詳しく見ていこう。

フルジップ式

まずは前面の様子から。前が全開できるフルジップ式。左胸に小さなジッパー式ポケットをひとつ、左右に大型のジッパー式ポケットをひとつずつ配置。

リサイクル・ポリエステル

素材は、リサイクル・ポリエステル94%とポリウレタン6%を使用。

表地には滑らかで伸縮性に優れた素材を使用。

裏地には起毛フリースを使用。襟まわりとポケットの裏側にだけ、吸湿発散性に優れたキャプリ クール ライトウェイト素材を使っている。

ハイネックタイプ

ハイネックタイプなのでネックガードなしでも暖かい。首周りには柔らかいパッドを配置することで肌触りを良くしている。

ポケットは3つ

左胸のポケットはスマートフォンがちょうど入るサイズ。

左右のポケットは手袋やニット帽なども収納できてしまうほどの大容量。

実体験レビュー

ここからは「R1 デイリー ジャケット」を実際に使ってみて気づいた点を紹介する。

サイズ感

サイズ展開は以下のとおり。

  • メンズ:XS、S、M、L、XL、XXL
  • レディース:XXS、XS、S、M、L、XL

今回僕が選んだのはメンズのSサイズ(身長の目安は167-178)。身長170cm、体重60kgの僕の身体にはちょうど良いサイズだった。

スリムフィットで隙なし

上半身にピタッとフィットするので、裏起毛のフリースが肌に密着した状態になる。内側に冷たい空気が入り込む隙がない。だから生地が薄くても暖かく感じる。

1枚でも暖かい

僕が住んでいる埼玉県は夜になると氷点下まで冷え込む。外気温が0℃〜-2℃の状態でも、これ1枚あればランニングには十分暖かい。

汗をかいても濡れない

モコモコしたフリースだと汗でびしょ濡れになることが多いが、吸湿発散性に優れた設計なので、汗をかいても内側はサラサラの状態が続く。これも暖かさの秘訣だ。

腕振りしやすい

暖かいだけなら他にいくらでも選択肢はある。フリースにしては生地が薄く、伸縮性にも優れているので、ランニングで重要な腕振りがラクにできる。

スマホ収納の欠点と解決策

ジッパー式ポケットを左胸にひとつ、両サイドにひとつずつ配置しているので収納力は抜群!と言いたいところだが、肝心なスマートフォン収納が微妙。

サイズ的には左胸ポケットにも入る。上の写真は5.4インチの「iPhone 13 mini」。僕の6.1インチの「iPhone 13 Pro」もギリギリ収納できる。

しかしポケットの生地が薄く、さらにジャケットの生地自体も薄いため、そこそこ重量のあるスマートフォンを入れて走ると、中かで飛び跳ねる。

かなりの上下動なので、スロージョグ以外はストレスになる。

ただし解決策はある。左胸ポケットにスマートフォンを横にして入れるのだ。ポケット自体は縦長なので、横に入れると生地が伸びた状態で固定される。

これで上下動はほとんど解消されるが、ポケットに余計な負荷をかけて消耗を早めてしまわないか心配だ。スマートフォン収納の問題さえなければ完璧なのに、惜しい。

スキー場でも大活躍

先日、スキー場で半日過ごしたが、暖かいのに動きやすくて重宝した。

結論:これ1枚だけでも暖かい

冬のランニングで最も寒さを感じるのは、走り始める前。身体が十分に温まっていない状態で一歩外に踏み出すと、全身に鳥肌が立つ。

そんな時にこれを1枚羽織れば、上半身にピタッとフィットし、裏起毛のフリースが肌を直に温めてくれる。中に冷たい空気が入り込まないので、レイヤリングしなくても十分暖かい。

アウトドアスポーツのミッドレイヤーとして、あるいは部屋着としても活躍する。用途が広いのでコスパは高い。

ボトムとセットがおすすめ

同じ「R1デイリー」シリーズで「R1 デイリー ボトム」というロングパンツも展開している。

今回はボトムを先に購入し、気に入ったのでジャケットを追加で購入した。上下セットで使うと防寒対策はバッチリだ。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

R1 デイリー ジャケット」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

関連記事

パタゴニアのフリースパンツ。裏起毛フリースが肌と密着するスリムフィットなので薄手でも暖かい。ランニングタイツが苦手な人におすすめ。

パタゴニア R1 デイリー ボトム」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

#アウター#パタゴニア

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。