自費レビュー|パタゴニア ストライダープロ ショーツ:究極のランパン

ハーフパンツパタゴニア

パタゴニアのハーフパンツ「ストライダープロ ショーツ」を紹介します。ランニング短パンのひとつの完成形であり、ハーフ・フルマラソンでレースで愛用しています。ウエストポーチ並みの収納力を持ち、これだけでトレランの20kmレースを完走したことがあります。

購入ガイド

パタゴニア ストライダー プロ ショーツ」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

目次と内容

目次と内容

短パンの決定版

パタゴニア(Patagonia)はアメリカ発の世界的アウトドアブランドです。

登山やサーフィンをはじめアウトドア全般に根強いファンがいますが、ランニングウェアも完成度の高さに定評があります。

今回紹介する「ストライダー プロ ショーツ(Strider Pro Shorts)」は、ランニング向けのハーフパンツ(短パン)。主な特徴は以下のとおりです。

  • 軽量で吸湿速乾性に優れた素材を採用
  • サイドポケットを4つ、ジッパー式ポケットを1つ配置
  • インナーブリーフを内蔵
  • ドローコードでウエストの調整が可能

これはもう、ランニング短パンの完成形と言っても過言ではないほど、完成度の高いプロダクトです。「tomo」は2017年から愛用しており、本命レースで使用しています。

先日の「新潟シティマラソン2022」でも着用し、自己ベストを4分半も更新しました。1秒でも速く走りたいレースでも確実に戦える勝負パンツですね。

デザインとスペック

「ストライダープロ ショーツ」は3種類あり、それぞれ丈の長さが異なります。メンズ向けに7インチ(17.7cm)と5インチ(12.7cm)、レディース向けに3インチ(7.6cm)を展開。基本スペックを表にまとめました。

メンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 7インチメンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 5インチウィメンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 3インチ
股下の長さ7inch/約17cm5inch/約12cm3inch/約7cm
製品番号246672463324657
重さ111g105g79g

「tomo」が愛用しているは、5インチのモデル。いわゆる短パンという感じの短い丈で、脚が自由自在に動かせます。それでは詳しく見ていきましょう。

前面

いずれのタイプも速乾性に優れたストレッチ・リップストップ・リサイクル・ポリエステルを使用。前面の左側には反射素材の「Patagonia」のロゴを配置しています。ドローコードは外側で結くモデル。

背面

ウエスト周りの収納は側面〜背面に集約されています。中央にはジッパー式ポケットを配置。

収納システム

ジッパー式ポケットは、貴重品やスマホを入れておくのに便利です。

5インチのスマホ(写真)なら余裕で出し入れできます。6.1インチの「iPhone Pro」ならギリギリ収まります。

ウエストの左右にはサイドポケットを配置。それぞれ前後2つのコンパートメントに分かれています。前の方は作りが大きく、180gのエナジーゼリーも入ります。小型のエナジージェルだと4〜6袋は余裕で収納できます。

インナーブリーフ

内側にはブリーフを内蔵。アンダーウェアが不要だと洗濯物が減って助かります。

ループ

腰の部分には、吊るして乾かす時に使うループが付いています。地味だけと便利です。

サイズ感

パタゴニアのウェアは商品によってサイズ感が異なります。

「tomo」は身長170cm、体重60kg、痩せ型の体型ですが、パタゴニアはメンズの「XS」か「S」を選びます。

「ストライダープロ ショーツ」に限っては、「S」でもやや窮屈に感じました。ただし窮屈の方がポケットの荷物が安定しやすいので、あえて「S」を選びました。

着用してみた感想

実際に「ストライダープロ ショーツ」を着用してみた感想をまとめます。

ウエストポーチ並みの収納力

サイドポケット(4つ)とジッパー式ポケット(1つ)の収納力はウエストポーチに匹敵します。どのポケットも伸縮性に優れ、サイトポケットには180gのパウチゼリーなんかも入ります。

実際にランニングバッグやウエストポーチを使わずに、これだけで20kmのトレランレースを走ったこともあります。

ウエストポーチを忘れも大丈夫

「tomo」はランニング中にスマホで撮影するので、レースではウエストポーチを使っています。「一関ハーフマラソン2022」では、ウエストポーチを持っていくのを忘れてしまったのですが、なんとか乗り切れました。

荷物が揺れない

たくさん収納できても、ランニング中に荷物が揺れたら意味がありません。こちらはウエストにピッタリと密着するため、その心配はありません。サイズ感が少し窮屈な方が荷物が安定しやすいですね。

夏ランでも快適サラサラ

生地は速乾性に優れているので、汗や水に濡れてもすぐに乾きます。「日本最北端わっかない平和マラソン2019」では、レースの途中でゲリラ豪雨に遭いましたが、雨が止んでからしばらく走っていたら乾きました。

洗濯物が減る

インナーブリーフを内蔵しているので、アンダーウェアが必要ありません。洗濯物が少なくて済みますし、マラソン遠征に持っていく荷物も減ります。インナーブリーフに慣れてしまうと、もう後戻りできませんよ。

おまけ

同じ生地を使ったツ「ストライダー プロ パンツ(Strider Pro Pants)」というロングパンツがあります。

こちらは収納力が内ポケットのみとイマイチですが、履き心地が快適でリラックスウェアとして活用しています。

裾の部分のボタンを外すとランニングシューズを履いたまま着脱できるので、マラソン大会の会場へ移動する際に良く使っていますね。

「ストライダープロ ショーツ」とセットで持っておくと便利ですよ。

購入の決め手

パタゴニアの「ストライダー プロ ショーツ」の主な特徴は以下のとおり。

  • 超軽量で速乾性を備えたストレッチ・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%
  • 内側にドローコード付き
  • 後部中央にジッパー式ポケットが1つ、左右にサイドポケットが4つ
  • 最小限に抑えた軽量な伸縮性ウエストバンド
  • フロントの左裾に反射性ロゴ入り
  • 吊り下げて乾かすのに便利なループ付き
  • フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

僕は2017年から愛用しており、これまで一緒に走ったレースは数え切れない。今回は、股下の長さが「5インチ」タイプのメンズSサイズを買い替えた。

魅力:ランニング短パンの完成形

ランニング短パンの完成形とは何か?ランナーによって意見は分かれると思うが、僕の考えは以下の5つの条件を満たしたランニング短パンだ。

  1. 伸縮性に優れ、足の動きの妨げにならない
  2. 速乾性に優れ、汗で濡れても不快にならない
  3. インナーブリーフを内蔵し、アンダーウェアが不要
  4. スマホ、鍵、エイドを分けて収納できる
  5. 貴重品を安全に収納できるジッパー式ポケット

ストライダー プロ ショーツ」はこれらの条件をすべて満たしている。

欠点

これといった欠点はないが、収納ポケットは2年ほど使い続けると寿命がくる。今回買い替えたのも、2年前に買ったやつの収納が擦り切れてきたからだ。

デザインとスペック

それでは「ストライダー プロ ショーツ」を詳しく見ていこう。

股下の長さは3サイズ

メンズ向けに「7インチ」と「5インチ」、レディース向けに「3インチ」を展開している。

メンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 7インチメンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 5インチウィメンズ・ストライダー・プロ・ショーツ 3インチ
股下の長さ7inch/約17cm5inch/約12cm3inch/約7cm
製品番号246672463324657
重さ111g105g79g
商品ページ公式サイト公式サイト公式サイト

ポリエステル100%

僕が購入したのはメンズの短いほうの「5インチ」タイプ。どのタイプも速乾性に優れた「ストレッチ・リップストップ・リサイクル・ポリエステル」を使用している。

左足の部分に反射素材の「Patagonia」のロゴを配置。ウエスト左右にはサイドポケットをひとつずつ配置。

背面にもウエスト左右にはサイドポケットをひとつずつ配置。中央にはジッパー式ポケットもついている。

収納システム

ウエスト背面の中央にはジッパー式ポケットを配置。

伸縮性に優れており、見た目以上に収納力があり。5インチサイズの「iPhone 6」なら余裕で出し入れ可能。

サイドポケットは、前後2つに分かれたポケットが2つ、左右合わせて合計4つ。前の方は作りが大きく、パウチゼリーも収納できる。

インナーブリーフ

内側にはブリーフを内蔵。アンダーウェアは不要なので洗濯物が減って助かる。

ループ

腰の部分には、吊るして乾かす時に使うループが付いている。地味だけと便利。

実体験レビュー

ここからは「ストライダー プロ ショーツ」を実際に使ってみた感想をまとめる。

サイズはやや小さめ

身長170cm、体重60kgの僕の場合、Sサイズはぴっちりだった。ゆとりが欲しければ、ワンサイズ上も試着すべき。

メインポケットにスマートフォンを入れて走る場合、ぴっちりしたほうが揺れにくくなるため、今回はあえて小さめのサイズを選んだ。

脅威的な収納力

サイドポケット(4つ)とジッパー式ポケット(1つ)の収納力はウエストポーチに匹敵する。どのポケットも伸縮性に優れ、サイトポケットには180gのパウチゼリーなんかも入ってしまう。

走行時に荷物が安定する

「両神山麓トレイルラン2019」では、バックパックやウエストポーチを使わず、右前にはスマホ、左前にはカメラリモコン、左右後にはエナジーバー、ジッパー付きの中央には貴重品類を収納した。

これだけの荷物が収納できただけでも驚きだが、4時間以上にも及ぶレース中、荷物の揺れに悩まされることもなかった。

夏ランでも快適サラサラ

「日本最北端わっかない平和マラソン2019」では、炎天下でフルマラソンを完走。汗でびしょ濡れになったが、速乾性に優れた素材のおかげで終始快適サラサラだった。

洗濯物が減る

インナーブリーフを内蔵しているので、アンダーウェアが必要ない。つまり洗濯物が少なくて済む。あまり注目されないが、個人的にインナーブリーフは重宝している。

結論:フルマラソンの勝負パンツ

僕は2017年から「ストライダー プロ ショーツ」を愛用しており、これまで一緒に走ったレースは数え切れない。

収納システムが優れているので、エイドや小物を携帯して走りたい時に、ポケットがウエストポーチの代わりになる。

フルマラソンの場合、サイドポケットにエナジージェルを3個とスマートフォン、ジッパー式ポケットに貴重品類を入れて走るのが定番だ。

荷物が揺れないので、自信を持って自己ベストを狙いに行ける。

ストライダー プロ パンツも愛用

収納力は劣るが、同じ「ストレッチ・リップストップ・リサイクル・ポリエステル」を使用した「ストライダー プロ パンツ」も愛用している。

マラソン大会ではレースでショーツを履き、会場への移動中は上からパンツを着用している。セットで使うと便利。

とも

最後に、この記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

購入ガイド

パタゴニア ストライダー プロ ショーツ」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

関連記事

パタゴニアの最軽量ロングパンツ「ストライダープロ パンツ」を紹介します。履き心地が快適で春秋シーズンにおすすめです。一枚持っておくとアウトドアアクティビティや旅行でも重宝しますよ。

ストライダー プロ パンツ」の最新価格を今すぐチェック!

パタゴニア公式サイトなら5000円以上の注文で送料無料。さらに返品・交換の返送料も無料なので、自宅で気軽に試着できる。正規品がお得に買えるアウトレットストアもこまめにチェックしよう。

アウトレットストアをチェック

Amazonブラックフライデーセール開催中。最大10,000ポイント還元!

お買い得商品をチェックする

#ハーフパンツ#パタゴニア

おすすめ記事

新着記事

よくある質問

当ブログ「ともらん」について、よくある質問のまとめ。

「ともらん」とは?

マラソンブロガーの「とも」が個人運営するウェブメディア。2016年の開設以来「読めば走りたくなるマラソンブログ」をコンセプトに、ランニング関連情報を発信している。

「とも」ってどんな人?

マラソンをライフワークにしているアラフォー男性。埼玉県に在住し、都内IT企業に勤めながらマラソンブロガーとして活動中。本名は桑原智彦。プロフィール詳細へ

どんな記事を書いているの?

マラソンブロガーの活動を通して得られた実体験をもとに、自費レビュー徹底解説レース攻略旅ランニング練習日誌の5つのテーマで執筆している。

SNSはやっているの?

情報発信はツイッター(tomorunblog@)、練習記録はストラバ(tomorun)を利用中。ストラバは基本的に相互フォローする。

スポンサーはいるの?

当ブログの運営や紹介する商品の購入はアフィリエイトの広告収入で賄っており、特定企業・団体・人物から金銭的支援やPR案件は一切受けていない。

写真の二次利用は可能?

商用利用は不可。ブログやSNSなど個人で利用する場合は、当ブログの名称(ともらん)と引用リンク(https://tomo.run)が明記されていれば許諾なしで利用可能。