【パタゴニア】テルボンヌ・ショーツ 徹底レビュー

ランニングウェア・グッズ

テルボンヌ・ショーツ(Terrebonne Shorts)は、パタゴニアの定番ランニングパンツ「テルボンヌ・ジョガーズ」のハーフパンツ版。軽量で伸縮性に優れ、春夏のジョギングやアウトドアにおすすめだ。もちろん、普段着や部屋着としても使える。

個人的には、後部右側のジッパー式ポケット付きが気に入っている。iPhone 12 Proを横向きで収納でき、ランニング中でもポケットの中で安定する。ジッパー付なので飛び出す心配もない。

この記事の目次

主な特徴

「テルボンヌ・ショーツ」の特徴は以下のとおり。

最大の特徴は、軽量なのに生地の作りがしっかりしていること。軽さを追い求めると必然的に生地が薄くなり、プロテクションの機能も低下する。

例えばパタゴニア最軽量級の「フーディーニ・パンツ」や「ストライダー・プロ・パンツ」は、履いているのを忘れるほど軽くて快適だが、生地がペラペラに薄い。風よけには良いが、転倒や衝突による衝撃にはもろい。

その点「テルボンヌ・ショーツ」は、必要最低限のプロテクションを担保しており、軽さと丈夫さのバランスが絶妙だ。

外観

それでは「テルボンヌ・ショーツ」を詳しく見ていこう。

まずは前面から。フロントポケットが左右に2つ。深さがあるので、鍵や小銭などを入れて走っても飛び出す心配はない。左下には反射性のロゴが入っている。

ウエスト周りは伸縮性に優れたウエストバンドが内蔵されている。フロントにドローコードも付いているので調整が可能だ。

次に後ろの写真。右側に大きなジッパー式ポケットが配置されている。

ポケットの構造にも工夫があり、ジッパーからポケットの下にかけて横幅が大きくなるため、スマートフォンを横向きに収納するとポケットの下部で安定する。ちょうど台形の下の部分に横向きの長方形が収まるイメージだ。

もちろん、スマートフォン以外にも貴重品を入れておくこともできる。僕は「テルボンヌ・ショーツ」を普段着として使う時には財布や運転免許証をジッパー式ポケットに入れている。

以下は「テルボンヌ・ジョガーズ」とのツーショット。この2着を持っておけば、オールシーズンいける。

サイズ感

「テルボンヌ・ショーツ」のサイズ展開は、XS、S、M、L、XLの5段階。スリム・フィットを謳っている割には窮屈な感じはしない。170cm、60kgの僕はSサイズでちょうど良かった。

評価

ウエスト周りが快適

伸縮性に優れたウエストベルトが内蔵されているので、ドローコードを使わずともピタリとフィットする。圧迫感が全くないので長時間着用してもストレスに感じない。必要な時だけドローコードでキュッと締めれば良い。

スマートフォンが安定する

スマートフォンを携帯しながら走りたいランナーにとって、ジッパー式ポケットは有難い。取り出しも簡単なので、ランニング中にシャッターチャンスを逃すこともない。

ただしポケットは汗で濡れる

左右ポケット、ジッパー式ポケットは防水・防滴仕様でないことに注意。内側は網目の荒いメッシュになっているので、汗をかくとポケットの中はビショビショになる。僕のiPhoneは防水仕様なので問題ないが、紙やお札などを直に入れるのは危険だ。

普段着としても使える

生地の作りが丈夫なので、日常生活でも使っている。部屋着として、パジャマとしてずっと着用し続けてもストレスフリーなのが良い。

「テルボンヌ・ショーツ」はパタゴニアの取扱店舗や公式オンラインストア、その他ネット通販で販売している。1着持っておくと、ランニングやアウトドア、日常生活で重宝する。

パタゴニア テルボンヌ・ショーツ