読めば走りたくなるマラソンブログ

tomo.run

Wind Shield Pantsレビュー:自分史上最強の防寒ランニングパンツ

▶︎ #ランニングウェア#Patagonia#ロングパンツ

パタゴニアの「Wind Shield Pants(ウインド・シールド・パンツ)」は、寒い天候でのランニングに適したロングパンツ。風が当たる部分には防寒・撥水性能を備えたソフトシェル素材を採用し、それ以外には透湿性パネルを配置することで暖かく、快適な履き心地を実現している。

Patagonia Wind Shield Pants

Wind Shield Pants (ウインド・シールド・パンツ)は、パタゴニアの公式サイトやネット通販で購入することができる。メンズウィメンズ仕様がある。 パタゴニア(Patagonia)公式オンラインストアなら、5000円以上の注文で送料無料。さらに、返品・交換の際の返送料も無料(着払い)ので、自宅で気軽に試着できる。

この記事の目次

冬用ランニングパンツの完成形

今回紹介するパタゴニアの「Wind Shield Pants」の主な特徴は以下のとおり。

  • 速乾性を備えたキャプリーン・クールを貼り合わせた伸縮性のあるソフトシェル素材
  • ウエストバンド、サイドパネル、ふくらはぎ部分に透湿性パネル付き
  • 外側にドローコードを備えたソフトな伸縮性ウエストバンド
  • 中身が飛び跳ねないサイドポケットが2つ
  • ストレッチ織りのまちとジッパーを備えた裾
  • フロント左側と足首のジッパーに反射性ロゴ入り
  • 重さは264g
  • 価格は税込19,800円

最大の特徴は、高い防寒・撥水性能を持ちながら軽量で伸縮性に優れたソフトシェルを採用していること。防寒仕様のロングパンツはゴワゴワするものが多い中、「Wind Shield Pants」は軽くてしなやかでストレスフリー。

ジョギングはもちろん、インターバル走やペース走などスピードが求められる練習においても、寒さから身を守りつつ動きの妨げにならない。

さらに左右側面に配置されたサイドポケットの使い勝手が良く、ウエストポーチがなくても長距離走が走れてしまう。スマートフォンや給水ボトルがすっぽり収まり、ランニング中に落ちる心配がないし、揺れることもない。

それなりの価格はするが、これ1枚で冬のランニングはすべてカバーできるし、走りに出かけるハードルがグッと下がる。その意味でコストパフォーマンスはむしろ良いと言える。

防寒シェルと透湿パネル

それでは「Wind Shield Pants」を詳しくみていこう。

寒さに強いソフトシェル素材

寒い天候でランニングをしていると、身体の前面は常に冷たい風にさらされる。「Wind Shield Pants」は、防寒・撥水性能を備えたソフトシェル素材を前面に配置することで、風(ウィンド)を遮断する盾(シールド)の役割を果たしている。

写真を見ても分かるとおり、前面と側面の素材が違う。寒さを最も感じやすい前面にだけソフトシェル素材を施しているのがポイントだ。それ以外の部分は、透湿性に優れた素材を採用している。

蒸れを抑える透湿性パネル

透湿性パネルは、ウエストバンド、サイドパネル、ふくらはぎ部分に配置され、余分な熱や水の逃げ道を作っている。これがないとパンツの中が蒸れてしまい、しまいには汗でビチョビチョになってしまう。透湿性パネルの部分は冷たい風が当たらないので、寒さは感じない。よく考えられている設計だ。

使いやすいサイドポケット

Wind Shield Pants」には、ふくらはぎに沿って配置されたサイドポケットが二つある。実はこれ、ものすごく使い勝手が良くて気に入っている。縦に長いポケットなのでランニング中に飛び跳ねたり、飛び出したりする心配はない。また外側にあるので、必要な時にサッと取り出せるのが便利だ。

サイズ感としては、大きめの長財布がすっぽり収納できる。普段は片方に給水フラスク、もう片方にスマートフォンを入れている。

ジッパーで開閉できる裾

裾の部分は、ストレッチ織りのマチと、開閉可能なジッパーを備えている。これがあるとシューズを履いたまま着脱できるので便利だ。

Wind Shield Pantsの評価

最後に実際に「Wind Shield Pants」を使ってみて気づいた点をまとめていく。

サイズ感

今回はメンズSサイズのブラックを購入。身長170cm、体重60kg、ウエスト30インチの僕にはぴったりのサイズだった。パタゴニアのロングパンツは、裾の長さがやや短めに作られているので、ゆったりしたサイズが良いならワンサイズ上も試着することをおすすめする。

走りに出かけるハードルが下がる

寒くなると屋外でのランニングが億劫になりがちだ。冬でもランニングを続けたいなら、防寒性能に優れたウェアに投資することをおすすめする。1枚持っておくだけで、外に出る一歩を踏み出すハードルがグッと下がる。「Wind Shield Pants」を買ってからは、逆に走りに行くのが楽しみになった。

サイドポケットが秀逸

僕が愛用しているサロモンの「ソフトフラスク 150ml」を入れるとこんな感じだ。まだまだスペースに余裕があり、250mlタイプでも大丈夫。冬は意外と脱水症状になりやすいので長距離走では給水ボトルが欠かせない。

この記事で紹介したモノ

Patagonia Wind Shield Pants

Wind Shield Pants (ウインド・シールド・パンツ)は、パタゴニアの公式サイトやネット通販で購入することができる。メンズウィメンズ仕様がある。 パタゴニア(Patagonia)公式オンラインストアなら、5000円以上の注文で送料無料。さらに、返品・交換の際の返送料も無料(着払い)ので、自宅で気軽に試着できる。

関連記事

R1デイリー・ボトム レビュー:タイツより暖かく、フリースパンツより快適

Transit Traveler Pantsレビュー:オンオフ兼用のロングパンツ

Terrebonne Shortsレビュー:スマホ収納に優れたハーフパンツ

ウルトラストレッチ アクティブ ジョガーパンツ レビュー:高コスパなランパン

Track Pantsレビュー:Onの重ね着しやすいロングパンツ

R1 Air Zip Neckレビュー:暖かテクニカルフリース

#Patagonia#ロングパンツ

ピックアップ

モルテン GEL100 レビュー:キプチョゲ御用達のエナジージェル

fenix 6Xレビュー:ガーミンウォッチの最高峰モデル

スポーツバルム レビュー:冬マラソンにおすすめの防寒ジェル

旅とグルメが最高すぎるマラソン大会:おすすめ3選を紹介

Garmin防塵プラグ:充電ポートの水濡れ・サビを防ぐキャップ

COROS PACE 2レビュー:世界最軽量29gのランニングウォッチ

最新記事

TENGA MEN’S CHARGEレビュー:ランニングに効果あるのか?

8.4kmジョグ:大寒の日の忘れもの 2022.1.20

5.0kmペース走2本:フロストバイトにエントリー 2022.1.19

体成分分析「Inbody」を体験して分かったこと

18.1kmラン:マラソン大会の中止が相次ぐ 2022.1.17

R1デイリー・ジャケット:腕振りしやすい裏起毛フリース

#ランニングシューズ #ランニングウェア #ランニングギア #補給食 #旅ラン #遠征 #解説 #日誌 #ともの部屋

最新動画